土作りは一日にしてならず

 2月上旬に最後まで残っていたルッコラとスイスチャードを取り入れて以来、昨年の春からさまざまな収穫をもたらしてくれたメイン・ガーデンは休耕状態、ただの更地となっていた。しかし、まだまだ寒いし、今は何も植える時期じゃないからなあ〜……とエディブル・ガーデナーがコタツで『宇宙人ポール』のDVDを見耽っていたかというと、そんなことはない。我が家にはコタツがないのだ。

mg.jpg

2月半ば、ずっとほったらかしてあったメイン・ガーデンの土をひっくり返してみた。

それはともかく、この何もできない空白期間こそ土作りにはきわめて重要な時期であり、ここでどう動くか、いかに作戦を展開するかによってこの春夏のエディブル・ガーデンの成果が大きく左右されるのである。なんつって、まーとりあえず土作りをぼちぼち始めたので大言壮語してみた。でも『やさい畑』とかにそんなこと書いてありそうじゃないですか?

 そして、『やさい畑』なんかだと「天地返し」をやりたまへ、などと書いてあると思うのだけど、地面を三層に分けて1メートルも掘り下げるという本格的な天地返しをやるには我が家の庭は狭すぎる。掘った土をよけておくスペースすらないのだ。つうことで、とりあえずスコップで表面近くの土と下の部分の土を入れ替える程度のことをしてみた。

tennpibosi.jpg
簡易天地返し、ってことで。ミミズをいっぱい殺してしまいました。

 それから2週間経過した3月の頭、さらにぐりぐりひっくり返し、電気生ゴミ処理機でできた有機質肥料を埋め込んで土をかぶせておいた。この家庭ゴミ由来の有機質肥料というのを入れて2、3週間経つと土がほんとにフカフカになる。ずっと貯めておいた肥料をこれで全部使い切ってしまい、よそ様の生ゴミをいただいてきたい気分。カラスにでも変身するか……。

家庭ゴミ
ゴミを埋めている……のではなくゴミ由来の有機質肥料を埋めているところ。

 土が柔らかくなったところでまた天地返しをするなどして準備し、4月半ばには堆肥をまいて苦土石灰で酸度を調整、さらに植え付け一週間前にボカシ肥を入れる、という行程を踏む予定。いや〜、土作りって大変なものですねえ。って我が家の庭は猫の額だからやってられるんだろうなあ、とつくづく思う。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013/03/09(土) | 2013年春夏菜園準備中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

2012年の菜園を徹底検証(その1)

 さて、土作りからいよいよ今年の菜園準備がスタートしたわけだけど、「うはは、今年は何を植えよっかな〜、トマトもいいけどナスもやりたいわあ! あ、スイカも食べたい!」などと夢見がちなティーンのようなことをほざいていたのでは理想のエディブル・ガーデンへの道は遠い。まあ十代で菜園に夢を膨らませる人もそういないとは思うけどね。

 馬齢を重ねて来た人間としては、やはりここで腕組みをして考えるわけである。そう、まず最初にすべきは昨年の反省だ。菜園を始めてわずか1年半なので大した経験もないものの、そのわずかな経験をしっかり検証してこそ我がエディブル・ガーデンの未来がある、発展がある、というものだ。
 てなことで、まずは昨年やって良かったもの、良くなかったものを挙げてみる。

トマト
昨年の菜園のスター、ミニトマトのアイコちゃん

 やはり昨年のアカデミー作品賞はミニトマトのアイコちゃんで決まりだろう。たった2株の苗で7月の半ばから晩秋まで、数えきれないほどの実を提供してくれた。その場でパクッとやっても料理に使っても美味しいし、使い切れない分はドライ・トマトにすれば保存もきく。青いままでもピクルスにできる。緑のオベリスクに赤い実がチラチラ揺れる様子はほんとに愛らしい(最後は茂りすぎて妖怪状態になってしまったが)。一時期テントウムシダマシにやられたものの、騙されさえしなければ病害虫も恐れるに足らぬ。まさに夏の庭の優等生と呼ぶにふさわしい!

オクラ 
花も実も和風っぽいけどアフリカが原産地というオクラ

 たった1苗しか育てなかったのだけど、強い印象を残したのはオクラであった。葉の形状がきれいで、和風っぽい白い花が清楚、つんと直立した実も潔い感じで、じつに見目麗しい。なにしろ1苗しかないとサラダや料理に混ぜて使うくらしかできなくて、うまかったという記憶はあんまりないのだが。病害虫がついた記憶もなく、支柱もいらず、まったく手がかからないところも気に入った。

韓国トウガラシ 
鷹の爪にはない柔らかな辛さの韓国トウガラシ

 韓国トウガラシはそんなに辛すぎず、緑でも赤でも料理にけっこう使えることが判明。実がプラプラ垂れ下がるので最初ビックリしたけど、それが風に揺れる図はなかなかラブリーだ。パプリカもそうだけど、だんだんに色づいて行く野菜は見ていて楽しめる。水が足りないとへたるものの、病害虫の心配はなく育てやすい。

ハーブ
6月頃、手前にバジル、中間にルッコラ、奥には大葉が成育中。

 緑の葉ものは虫がつきやすいものだけど、バジル、ルッコラ、イタリアンパセリ、香菜、大葉などのハーブはほんとに丈夫で病害虫知らず。しかも料理にじゃんじゃん使えるものばかり。必要になったときに庭にパッと出て獲って来れるし、獲りたてのハーブは味も香りも鮮烈! 家庭菜園をやるからにゃハーブはマストだと改めて思う。

 てなことで、次回はやって良くなかった反省野菜。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

2013/03/12(火) | 2013年春夏菜園準備中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

2012年の菜園を徹底検証(その2)

 初心者でも育てられる、植えて楽しく美味しい野菜に続いて、もう二度と顔も見たくない、ウィーアーネヴァーエヴァーエヴァーゴーイングバックトゥギャザー、とはいわないまでも、当分いいかな〜という忌避野菜を挙げてみる。

パクチー
パクチョイ。美味しいものは害虫も好きなのね。

 あんまりお店に並んでいない中国野菜、ということで種から育ててみたパクチョイ(チンゲンサイの白バージョン)。しばらくは元気に育って、間引き菜も美味しく食べられたのだけど、ある日突然ナノクロムシが大発生。隣に生えているルッコラは同じアブラナ科でありながら全然食べられていないのに、淡白な味が好まれたか連日の攻撃を受けて半分ぐらいに減ってしまった。ナノクロムシは小さくて黒いため、いったん地面に落下してしまうと捕殺がむずかしい。夏の太陽に照りつけられながらのナノクロムシ退治はもう勘弁なので、同じくターゲットのコマツナ、ターサイも(地植えは)避けたい。

紫キャベツ
紫キャベツはアオムシの温床だ

 葉っぱの色が素晴らしいので植えた紫キャベツだけど、こっちはアオムシの標的に。アオムシはナノクロムシよりは見つけやすく、捕まえやすいので、気合いを入れれば野菜がすべて食べ尽くされる前に撲滅も可能。しかしながら、ちょっと見逃していると子供の小指ぐらいの大きさになってしまうので、捕殺には精神的ストレスが伴う。紫キャベツの美味しい食べ方がわかったのでまたやってみたい気持ちは山々なれど。もうちょっとタフな精神力をつけてから再チャレンジしてみたいと思います。

エダマメ 
悲しいほどちょっとしか実がつかなかったエダマメ

 菜園を始めた人が誰でもやりたがるのがエダマメ。我が家も例外ではなかった。しかし、でっかい畑ならともかく、猫の額に3株植えただけではせいぜい晩酌一回のおつまみ程度しか収穫できない(断言)。「株数が少ないなら、手間はかかるが収穫適期のさやをひとつずつ摘み取るといい」なんて指南書には書いてあるけど、さやを2、3個収穫したところでなんに使うっちゅーの!? たしかに獲れたてのエダマメはうまい。害虫も全然つかなかったし、追肥も必要ない。しかし、貴重な土地を使ってまで育てるほどのもんじゃなかったな、って印象。

ツルナ
未知の野菜、ツルナにチャレンジしてみたのだが

「ニュージーランド・スピナッチをやってみなはれ」という友人のアドバイスでツルナという野菜の種を蒔いてみた。スピナッチというからホウレンソウみたいなもんかと思ってたら、生えて来たのはどう見ても雑草である。食べてみたけど、なんだかどの野菜とも似てなくて、強いて言えば雑草に近い。真夏の灼熱の太陽を浴びても勢いが衰えることはなく、元気によく茂り、病害虫の心配は一切なし。しかし、地面にべたっと生えた様子が雑草みたいで暑苦しい。狭い庭でもあることだし、雑草を植えるのはハルマゲドン後にしたい。

 

いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

2013/03/15(金) | 2013年春夏菜園準備中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

2012年の菜園を徹底検証(その3)

 今年の春夏菜園に何を植えるかを決めるべく、昨年の作付け野菜を振り返っているところである。しかし、私はつねに前向きをモットーとし、過去に囚われない人間なので、昨年植えたものをすでにすっかり忘却していたりする。最近はアルツハイマーでも始まったかと思うほど過去に囚われていなくて、自分でも怖いくらいだ。
 そんなわけで、やってよかった野菜、再度やりたい野菜を今頃また思い出してしまったので、付け足しておきたい。

スイスチャード 
種類によっては黄色や紫の葉軸になるものもあるスイスチャード

 スイスチャードは葉軸のカラフルなホウレンソウみたいな野菜。緑ばかりになりがちな菜園にちょっとしたアクセントを与えてくれる。春に種をまき、使う分だけ葉を切り取って株を残しておいたら12月までずっと収穫できた。寒くなると葉色が紫がかってこれもまたいい感じ。ヒヨドリに突つかれて被害が少々出たものの、病害虫には縁がなかった。ホウレンソウだと思っておひたしみたいな和風の使い方をすると美味しくない。スペイン風イタリア風をお試しあれ。

クウシンサイ
クウシンサイ、タイ風ピリ辛でもうまい。

 クウシンサイは中華料理の炒めものなどによく使われる青物野菜で、葉っぱも茎も食べられる。8月に入ってもまだ種がまける数少ない野菜のひとつで、発芽率も抜群に良く、成長も旺盛であっという間に収穫できるようになる。真夏の暑いときは野菜の勢いも全般に低迷しがちだけど、クウシンサイは暑さなどものともせず、収穫した切り口からわき目が出てきてエンドレスに成長を続ける。病害虫にも強いみたいだ。昨年はプランターで育ててみたのだけど、地植えにしたらどうでしょね。

レタス 
レタスも木になる、花も咲く。それもまた楽しい。

 家に生えているのがあまりにも当たり前になってしまって植えたことをすっかり忘れていたのはレタス。食べる前に収穫してくるのが普通になってしまうとお店で買う気がしなくなるし、冷蔵庫に保管してあったのを食べる気がしなくなる。使う分だけ葉っぱをちょん切って収穫すれば、結球しないでどんどん上に伸びて木のような形状になってけっこう長い間楽しめる。ダンゴムシがついたりしたものの、レタスのない家庭菜園なんてもはや考えられませぬ。

ズッキーニ 
手間がかかるほど愛情が湧く……とも言い切れないのよねえ、ズッキーニ。

 夏のイタリアーンな食卓になくてはならないズッキーニ。しかし、こんなにストレスのたまる野菜もないんじゃないだろうか。実を作るためには雄花と雌花を人工受粉させなきゃならないのだけど、なんとも不条理な世の常で雄花が咲いたときは雌花がない、雌花が咲いたのに雄花がない。男女のすれ違いぶりは昭和のメロドラマを見ているかのよう。連日やきもきさせられた挙げ句に暑くなるとクロウリハムシがついて、葉っぱがボロボロに。退治に必死になるものの、もうこの頃は暑さで株に力がなくなっているので花は咲いても実が大きくなることはない……。そのときは「あ〜クソ、もうズッキーニなんて二度とやらない!」と誓ったのだけど、あれから半年以上経つと喉元過ぎてしまうんだなあ。いやいや、黄色くて大きな花も華やかで良かったし、葉っぱの形状もゴージャスだったよ、なんて思っている自分がいる。今年こそは二株並べて毎日早朝点検して収穫倍増だ、なんて思っている自分がいる。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

2013/03/18(月) | 2013年春夏菜園準備中 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

春夏菜園のデザイン開始!

 さて、今までのんびり昨年の菜園の思い出話をしたり、秋冬野菜の料理レシピを紹介したり、美容液を作ったり、バードウォッチングしたりしてきたが、ちんたらしていられたのももうここまで。いい加減待ったナシの状況になってきた。来るべき春夏野菜の植え付けに向けて具体的な菜園計画を練らねばならぬ。今年は諸事情により4月20日までに第一弾の植え付けを完了させなくてはならないので、いきなり佳境な感じである。もはやネイルサロンに行ったり眉毛を整えたりしているヒマはないのだ。ってやや意味不明。

メイン・ガーデン
現在のメイン・ガーデン。耕して堆肥を入れ、酸度もチェック済みだよん。

 もう他のところには手が回らないので、とりあえずメイン・ガーデンの計画を進めよう。といっても、昨年デザインを決めて短いながら木の柵を打って固定させてあるので、今年もこのデザインで行く。丸いスペースを真ん中に、通路を隔てた左右のウイングで挟む、というスタイルだ。

 今年は保守本道を貫いて(たんに新しいことを発案する脳味噌と心の余裕がないから)コンセプトも昨年の流用で行く。すなわち、見目麗しさを重視し、花と野菜を混在させるというエディブル・ガーデン・スタイルだ。昨年はマリーゴールドとコリウスをボーダーぽく使ってけっこううまく行ったので、今年も同じような配列で行ってみる。雰囲気はナチュラル・ガーデンというよりは花壇系っぽいのだけど、ただ野菜がまっすぐ並んでいる菜園よりはエディブル・ガーデンな感じになってるのではないかしらん。
EDIBLE.jpg
 てなことで、ラフを描いてみたんだけど、どうですかね。なんかこれだと我が家の庭が公共の公園の如き広さを有しているかに見える。そばには噴水や滑り台があって、休日には親子連れやカップルでにぎわいそうだ。しかし、実際は自慢ではないが泣く子も黙る猫の額。いろいろ夢を膨らませながらああでもないこうでもない……とやっていると、なんだかとんでもなくでかい予想図になっちゃうんだね。でもって、この図に従って苗をいろいろ買い込んで、いざ植える段になると……。今年もぎうぎう植過ぎ状態の予報が出ております。

 詳しいレイアウトについては、次回から。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

2013/04/09(火) | 2013年春夏菜園準備中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

春夏菜園予想図:その1

EDIBLE3.jpg 

 メイン・ガーデンの中心であるサークル地帯には今年もミニトマトのオベリスクを建立することにした。やはり真ん中にはどかんと派手なものを持ってきたい。で、昨年はそのまわりをスイスチャードで取り囲んだのだが、トマトとバジルが愛人関係にあるということが発覚し、いや、相性がよろしいというんで、今年はバジル他のシソ科の植物を植えてみる。バジル、大葉、そして色を添える意味でサルビアも。サルビアの花はトマトの色に似ているし、トマトが実を結ぶまでのスカスカな時期に彩りを加えてくれることだろう。

 なんつって、実は昨年シソ科の植物をあっちゃこっちゃに植えちゃったため、連作障害を避けるにはバジル、大葉をここに植えるしかなかったという事情もある。この二つは料理の必須アイテムであるからして、絶対に外せないのだ。庭が狭いとやりくりに苦労するわい。

 しかし、野菜作りにちょっとでも詳しい人なら「おいおい、シソ科の連作障害を心配する前にトマトの連作の方が問題だろう」と鋭い指摘をすることだろう。
 そーなんである。どんな教科書にもたいてい「トマトは連作障害が起きやすい作物」だと32級ぐらいの太ゴシックの赤字で書いてある。トマトを含むナス科の作物を育てた場所では「3〜4年はトマトを育てないように」というのは常識で、「5年はダメ」という説もある。

 同じ場所で同じ野菜・同じ科の野菜を作り続けると、土地が痩せて収穫が落ち、野菜の生育が悪くなって病気になりやすくなるんだそうな。昨年菜園を始めたばっかりだからハッキリ言って連作障害の経験はないものの、その恐ろしい言い伝えは村人からさんざん聞かされていた。というのは嘘で、本や雑誌、ネット情報で読んだだけだが、トマトを同じところに翌年も植えるなどというのは愚の骨頂、どころか神をも怖れぬ不遜な行為らしい。
 なのになぜ。なのになぜ、そんな自然界の掟を破るようなことにあえて挑戦しようというのだ!? 

トマト用地
サークル地帯の土を全面的に入れ替え中。

 私は「ミニトマトは庭のどこか別のところに植えよう。スペースは狭く、日当りも悪くなるが連作障害を避けるためいたしかたない」と転地説を主張したのだが、ダンナが「昨年と同じ場所」と現状維持説を強硬に押し通したのである。昨年のアイコちゃん連日大豊作にすっかり心を奪われた彼は、別のところで育てることなど想像もできないようであった。まったくコンサバな人間で、例年同じところで同じことをしないと気が済まないタイプなのだ。トマト作りを2、3年お休みするなどというのは、彼の菜園計画ではもちろんあってはならないことなのだ。

 その代わり、昨年ミニトマトを育成したこのサークル地帯の土を地上から深さ30センチ以上除去してきれいな(少なくともナス科の植物を育てたことのない)土と入れ替えると言う。そこまでやるか、それも本人自らやってくれるか。でしたら、私が反対する理由は何もない。てなことで、ダンナが黙々と土の入れ替え作業を敢行。配置的には去年と同じながら、土の質的にはかなりリフレッシュされた菜園用地が出現した。

 ここに「連作障害に強い」と噂の接ぎ木苗のミニトマトを植えてみることにする。接ぎ木苗は他にも「病害虫の被害が少ない」、「低温でも育ちやすい」、「収穫期が長い」などといいことずくめで、もしかしたら昨年よりも収穫増が見込めちゃったりするのでは!? と捕らぬ狸で怖くなったりしている。あー、我ながらあさましい。

昨年7月 
昨年7月のミニトマトのオベリスク。

 しかし、イラストの予想図ではメルヘン入っちゃって素敵感爆発だが、実際は7月半ばの時点ですでにこのぼうぼうぶり。それでも当事者たちは満足してたんだよなあ。まったく食欲は人の眼を狂わせるもののようである。恐るべし。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

2013/04/12(金) | 2013年春夏菜園準備中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

春夏菜園予想図:その2と3

メインG
植え付け前のメイン・ガーデン。


 2013年春夏菜園植え付け第一弾デーが6日間後に控えているので、もうノン気に予想なんかしてる場合ではなくなりつつある。なので、その2とその3をイッキにやっつけてしまおう。

EDIBLE1.jpg
メイン・ガーデン通路側ウイング予定図。

 メイン・ガーデンの通路側ウイング、昨年はパプリカやトウガラシを植えていたところだが、今年はオクラを持って来ることにした。葉も花もきれいだし、すっくと立った全体像も鑑賞に堪える。3本植えて、今年はオクラをガッツリ食べたい。その奥にはモロヘイヤを植えようと思って種を購入した。種から育てるのは苦手だけど、あんな雑草っぽい植物だからなんとかなるような気がする。オクラはアオイ科、モロヘイヤはシナノキ科で連作障害に関係なさそうなのも嬉しい。って、なんとなくネバネバ・ガーデンな感じ……。

 昨年、メイン・ガーデンの両ウイングはそれぞれマリーゴールドとコリウスをV字に植えたのだが、どちらも発育旺盛でぎうぎう気味になってしまった。なので、今年はもっとゆるい感じのVで行く。それでもVにこだわるのは春夏菜園決戦でかならずや勝利を収めようというオレのやる気の表れだ。というのはウソで、他に気の利いたデザインが思い浮かばなかったからだ。
 通路側のVはスイスチャードを種から育てる。昨年は赤いのをまいたが、今回のスイスチャードはななななんと虹の7色! なので、オクラの花と同じ白い色のポーチュラカを平行して植えて引き締めを図ることに。ちなみにポーチュラカはスベリヒユ科でエディブルらしい。ちょっと食べる気はしないけどな。
 そして、両端の空き地にはそれぞれクレソンとルッコラという虫のつきにくそうなアブラナ科を。種からまいてもいい子で育つルッコラはどうしても育てずにいられない。

EDIBLE5
メイン・ガーデン家側ウイング予定図。

 さて、メイン・ガーデンの家側は、昨年の通路側ウイングをソックリ移動させたみたいなラインナップ。トウガラシを前面に、パプリカを背後に並べる。昨年はパプリカ3苗を赤・黄・オレンジと違う色にしたため、同時に3色の実を並ばせようとしてイライラしちゃったので、今年はすべて赤で行こうと思う。
 V字はフィンガーキャロットと黄色いマリーゴールドで作る。フィンガーキャロットはミニチュアニンジンみたいなヤツなので、葉っぱが見苦しくなることもないだろう。種からまく、というのがやや不安だけど。
 両端には種が余っているシュンギクとコリアンダーをまいておこうか(図でルッコラとなっているのはコリアンダーの誤り)。ほんとはイタリアンパセリを植えるつもりでいたのだが、昨年の春に植えた株がいまだに健在なので、あえて植え替えるまでもないかと。今や木のようになっているんだけど、パセリが多年草だとは知らなかった……。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

2013/04/15(月) | 2013年春夏菜園準備中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

 |  ホーム  |