コマツナ*さっそく食べてみませう

 結論から言うと、我が葉もの菜園で穫れたコマツナは最高に美味しいのであった。やや肉厚の葉っぱながら柔らかく、味がじわっと濃い感じ。無農薬だからなのか、混じりっけのない深い緑の味わいがする(たぶん気のせい)。思わず「らでぃっしゅぼーやのコマツナに負けないじゃん!」……これは我が家では最高の賛辞なのである。

こまつなA 
生け花のように飾ってありがたがってみる。

 なんでも、コマツナは霜に当たると美味しくなるんだそう。だから、10月に種をまいたものは冬越しさせて全然オッケー。今年は特に冬が長かったから3月中旬の収穫も決して遅すぎるわけじゃないようだ。このまま菜園に放っておけば最後は「とう立ち菜」となって、これまた美味しいらしい。「とう(花茎)が立つ」っていうと盛りを過ぎたみたいなマイナー感あふれまくりだが、コマツナの世界では菜の花と同じように食べられるのでありがたがられているようだ。2、3本残して「とう」も拝んでみたいものよの。

「このまま減り続けて幻のコマツナで終わるのでは!?」とか「長い間畑に置きすぎてごわごわのゾウキンみたいになっているのでは!?」と心配で眠れぬ夜を過ごしたが、最後はハッピー・エンドであった。

ドラニキ 
大皿にどっさりが全部胃袋の中へ。しかしよく食う……。

 さて、第一日目のコマツナ料理は「コマツナのソテー:バルサミコ風味」である。詳しいレシピについてはどうか私に聞かないでほしい。我が家の料理長というかシェフ・ド・キュイジーヌはダンナのO谷さんなので。
 彼が選んだメニューは、ベラルーシ料理のドラニキ・サワークリーム添え、春野菜のオレッキエティ、そしてコマツナの3点。ことに構想・制作を含めて完成までに半年を要したコマツナは涙無くして食べられないのであった。

 さて、明日は待望の常夜鍋ですよ。


ランキングに参加しています。
ワン・クリックぜひぜひよろしくお願いします!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/03/15(木) | ビバ!葉もの野菜!! | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/104-34cec98c
 |  ホーム  |