多年草園もレイアウト

 メイン・ガーデンの企画図を完成させて赤飯を炊いたのも束の間、今度は勢いに乗って多年草園のレイアウトもやっちまおうということになった。
多年草 

 多年草園、といっても後楽園とか百草園みたいなのを想像していただいちゃうと困る。って、普通想像しないか、うちの庭だし。畳一畳くらいのささやかなスペースで、今は取り残しのカブが植わっている。

多年草園

 ここを長期計画で多年草ガーデンにしちゃおう、というわけだ。というのも、メイン・ガーデンにはその年限りの、いわゆる1年草ばかりを集め、2年以上かからないと収穫できないものは別のところに植えないと、収穫後にきれいさっぱり更地にすることができないからだ。
 秋冬の計画はまったく未定だが、やっぱり野菜育ててる人ってみんな冬には天地返しとかするんだよね? とすると、そこに多年草が混ざっていたら抜くに抜けなくて、話が厄介になるに違いない。

 そしてまた、2年、3年かけないと収穫のできない野菜っていうのがあるんだね。そのひとつが、エディブル・ガーデンの必須アイテム、アーティチョークだ。収穫は2年先。あー短気な私には耐えがたい長さだけど、こればっかりは焦っても地団駄踏んでもどうにもならない。忍の一文字である。
多年草2 
 もうひとつの忍耐野菜はアスパラガス。こいつは植え付け3年後までありつけない。3年も植物を生き長らえさせる自信がまったくないんだけど、とりあえず植えてみる。植えたことを忘れちゃいそうで怖いぜ。

 ここにハーブのフェンネルをプラス。これは、イヴェットさんが「アーティチョークとフェンネルを組み合わせると、通りを行く人が思わず立ち止まるほどの衝撃的美しさ」と書いていたので、ほんとかどうかチェックしてみたいから。よくインド料理屋さんのレジのところに置いてあるフェンネルの実だが、ダイエット効果や美肌効果もあるそうだと聞いて育成意欲がどっとアップ。

 あー、こうやっていろいろ妄想しながら予想図(というか理想図?)を描いているのは実に楽しい。問題は、現実がこれにどんくらい近づいてくれるか、なんだよねえ。全部一年草で終わっちゃった、なんてことがありませんように!


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/04/02(月) | 2012年春夏栽培計画 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/118-673f23de
 |  ホーム  |