ボカシ肥を手作り!

 ということで、苗の植え付けとじかまきはゴールデンウィークに先送りにし、嫌々ながら種のポットまきもいちおう済ませた。さーて、当面やることもないし、マクロビの宿で瞑想でもして来るかな〜・

瞑想 
瞑想でもして来る(イメージ図)

 と思いながら家庭菜園ビギナーのバイブル『有機・無農薬でおいしい野菜づくり12ヶ月』をチェックしていた。今から苗の植え付けのイメージトレーニングをしておいて、ゴールデンウィークのイッキ植えに備えなくちゃね! オリンピックも近いことだし。って全然関係ないけど。

 で、わかったのだが、たいていの野菜は種まきや植え付けの1週間前に、畑作りとしてボカシ肥を施して耕すものらしい。少なくとも『有機・無農薬でおいしい……』はそれを奨励している。
 そうなのだ、この本は何かにつけて「ボカシ肥をまきなはれ」と連呼している。元肥もボカシなら追肥もボカシ、日本ボカシ肥委員会から研究費と称して多額の寄付金をもらっているんじゃないか……と疑いたくなるほどことあるごとにボカシ肥を熱烈お勧めしているのだ。

 指南書に書いてあることはなんでも実行したがるタイプの私は、昨年末コマツナとカブを育てているときに「秋まきでは間引きのあとに1条につき一握りのボカシ肥を条間に施す」というのを読んで、すぐさまホームセンターに駆け込んだ。ボカシ肥は1キロで880円とえっらいお高めでクラクラしたが、これがなくちゃうまいコマツナ・カブにはありつけないと出血大購入したのである。だが、しかし……

ぼかし 
これが市販のボカシ肥だ。カラフルなパッケージで高級感を煽る。

 そんなお高いボカシ肥をこれから植える大量の苗と種のために湯水のように使うわけにはいかない。よし、ここはエディブル・ガーデナーのDIY精神を燃え上がらせて、いっちょボカシ肥を手作りしてやろうじゃないか! 瞑想は後回しじゃ。家でもできるしな。

いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2012/04/13(金) | ボカシ肥を手作り | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/128-9ab55c7a
 |  ホーム  |