レモン:バッサリ斬ったけど生きていた!

 エカキムシを放置したせいでかいよう病にかかったレモンの木を3分の2にぶった切ってしまったのは3月のこと。ただでさえかいよう病で落葉していたのにさらに大胆剪定をし、挙げ句に枝を広げるべく重しまでつけちゃうという荒療治で、「もしかしたらショック死かも」と最悪の事態を覚悟していたのだが……。

 しかし、レモンの木は残った! 4月には枝の先端や幹の節などから茶色っぽい小さな新芽が吹き出し、それが大きく成長するに従って生き生きとした緑色に変わって行く。かいよう病にやられていたときのくすんだ葉とは色つやがまったく違う。スカスカだった枝は瞬く間に木の葉に被われ、わずか1、2ヶ月前の無惨な枯れ木状態がウソのよう。ちゃんと樹木のような体裁になってきた。レモンの生命力恐るべし、である。

レモン3  レモン 
右がBEFORE、左がAFTER。元気ぶり、わかります?

 そして5月の頭には新しく出た枝の先や途中から小豆のような塊が一斉に現れた。その数50を越す勢い。こ、これってもしかしてレモンのつぼみ!? 5年近くかかってまだ3、4個しかレモンの果実を収穫したことがないので、このような事態に直面するとアタフタしてしまう。
 レモンの実は木の内側、奥の方につく傾向があるそうなので、重しをつけて思いっきり枝を広げ、風通しを良くして太陽を当ててやったのが功を奏したみたい。これだけぎうぎうに花がつくと実が大きくならないのでいずれ間引く必要があるが、それでも20個くらいは収穫できるのでは? 

レモン2
レモンの花は白いけど、つぼみは小豆色。

 と今から捕らぬ狸の皮算用。収穫は花後6ヶ月以上もあと、しかもまだ花も咲いてないんだから、気が早過ぎるってもんです。
 それにしてもなあ、樹形を半円状にするつもりだったのに、すでにぼうぼう状態。自分の剪定のセンスのなさにあきれるばかり……。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/05/17(木) | 果樹の誘惑 | トラックバック:(1) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/152-ccf4faec

まとめtyaiました【レモン:バッサリ斬ったけど生きていた!】

 エカキムシを放置したせいでかいよう病にかかったレモンの木を3分の2にぶった切ってしまったのは3月のこと。ただでさえかいよう病で落葉していたのにさらに大胆剪定をし、挙げ...

2012/05/18(金) 21:31:23 | まとめwoネタ速neo

 |  ホーム  |