ユスラウメ*お見逃しなく!

 今年はレモンが20個は収穫できるのではないか、と捕らぬ狸の皮算用で大胆予想してみたが、我が庭にはまだ他にも果実の収穫が期待できそうな樹木がある。いや、樹木ってのはやや大げさだな、植物というべきか。苗に毛の生えた程度というのは大げさにしても、まだ立派な木と呼べるほどの大きさじゃないものがいくつかあるのだ。
 その中ですでに昨年わずかながら結実実績があり、今年もっと収穫が見込めるのではと期待されているブライテスト・ホープ、それがユスラウメだ。

 数年前にラズベリーの苗を育てて、果樹のありがたさに目覚めた我が家は、3年ほど前一挙に3本の果実苗を購入した。……なんていうと大盤振る舞いに聞こえるが、知っている人は知っている噂の国華園の「激安果実苗・特等苗どれでも1株498円・3株買ったら1200円」でゲットしたのである。私はプルーンを選び、ダンナがブドウとユスラウメを選んだ。
「なに、ユスラウメって? 梅酒でも作るの?」
「ユスラウメ知らない!? 美味しいんだよ〜、サクランボみたいで」
 なんでも実家にユスラウメの木があって、子供の頃よく摘んで食べたんだという。長年一緒に暮らしていながら、まったく知ることのなかった夫の隠された過去を垣間見る思いであった。やや大げさ。
 サクランボに似てる? そいつあ上等じゃないですか! と購入が決まった。

ゆすらうめ 
国華園プレゼンツ〜ユスラウメ

 3苗のうちプルーンはさっさとあの世行きしてしまったが、ブドウとユスラウメはとりあえず生き残った。しかし、花も咲かなければ実もならぬという2年が過ぎ、そんな植物が庭に存在することすら忘れ果てていた7月のある日のこと、西永福にあるキッピスというフィンランド料理の店に行く機会があった。現在は店主が「長期調理修行の旅に出るため閉店しました」というなんだか怪しいこの店、メニューにはベリー系のお酒(フィンランド名物なんだそう)がたくさん並んでいた。ウンチク豊かな店主がいろいろベリーの説明をしてくれたが、半分酔っぱらっていたためか詳細は覚えていない。

ムーミン フィンランディア 
ウォッカ・ベースのベリーのカクテルがフィンランド流、なのかな?

 それからベリーつながりで話題がユスラウメに転じ、店主が「あれは実が葉っぱの影に隠れてなるので、見逃すことが多いんです。よく調べてみた方がいいですよ」。
 ほんまかいな!? と思って、翌朝庭のユスラウメの葉を掻き分けてみると……
「あっ、あった〜!!!」


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2012/05/21(月) | 果樹の誘惑 | トラックバック:(1) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/154-669f0970

まとめtyaiました【ユスラウメ*お見逃しなく!】

 今年はレモンが20個は収穫できるのではないか、と捕らぬ狸の皮算用で大胆予想してみたが、我が庭にはまだ他にも果実の収穫が期待できそうな樹木がある。いや、樹木ってのはやや大

2012/05/22(火) 00:16:30 | まとめwoネタ速neo

 |  ホーム  |