ガーデン・ブルー

 ゴールデンウィークの苗の植え付け・種まき決戦から約1ヶ月、いろいろ収穫があってウホウホな反面、反省点・問題点も多い。てか、そっちの方が圧倒的に多い気がするのだが。

 まずは、我が庭の狭さも顧みず、欲望に任せて苗や種をじゃんじゃん投入してしまったため、すでにぎうぎうの飽和状態になっているということだ。テニスボールぐらいのレタスが1ヶ月でバスケットボールになろうとは思ってもみなかった。成長してもせいぜい3倍ぐらいだろうと見積もって建てた計画が最初から間違っていたわけだ。彩りに植えたコリウスもあっという間にでかくなって、肝心のホウレンソウは日陰の身。刺身のつまが刺身を食いまくってる感じだ。

ぎうぎう
ぎうぎうのメイン・ガーデン

 さらに、春夏の虫害をまったく考えていなかったのも失敗だった。葉もの野菜がこんなにイモムシ系のつきやすいものだと知っていたら、菜園計画はぐっと違っただろう。紫キャベツは今もむちゃくちゃ美しい野菜だと思うが、なにしろアオムシにとっては最高のレストラン兼マンションのようで、毎日葉を一枚一枚ひっくり返してのアオムシ退治が欠かせない。ベトナム風サラダにして食べようと思っていたパクチョイにはナノクロムシがついて、こちらの口に入る前にほとんど全部食べられてしまった。ホウレンソウやスイスチャードも犯人不明ながら何者かによってかなり食われている。

ホウレンソウ 
ホウレンソウはコリウスにやられ,虫にもやられ。

 それ以上に問題なのは、こういった家庭菜園のダークサイドが精神面に及ぼす影響だ。たとえば、葉脈だけになったパクチョイを見ると「ぐわ〜ん、なんて悲惨なの!? 成長半ばにしてこんなふうに食べられちゃうなんて!!」と非常に悲しくなる。成長したら自分が食べちゃうつもりだったにしてもだ。
 たとえば、アオムシを捕殺するときは「あーあ、このアオムシも家に帰れば奥さんや子供たちが待っているのよねえ」なんてことはまったく思わないが、やっぱり生きているものをピンセットで圧殺したり足で踏みつぶしたりするのは気持ちのいいものではない。

 そうなのだ、ガーデニング・セラピーとかいって「植物を育てることにより植物からの癒しという『気』を受け取り、心身ともにストレスを解消し健全な状態を得る」などといいことばかりが喧伝されているが、精神的なマイナス面だってあることが菜園をやってみて実感できた。

パクチョイ
パクチョイはほぼ全滅と思われ

 とはいえ、こうしたダメージを受ける人はごく一部で、ある意味病気のようなものだから、ここではガーデン・ブルー(庭鬱)と呼ぶことにしよう。ガーデニングや野菜作りの経験が浅く、目先のことしか見えないうえに忍耐がなく、世の中頑張ってもどうにもならないことがあるというのがわかっていない人がかかりやすい。

 そう、そんなわけで、ちょっとガーデン・ブルーなんです。もしかして向いてないんじゃないか、って気がして……。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/06/08(金) | 2012年春夏EG実践記 | トラックバック:(1) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/168-98d1bf09

まとめtyaiました【ガーデン・ブルー】

 ゴールデンウィークの苗の植え付け・種まき決戦から約1ヶ月、いろいろ収穫があってウホウホな反面、反省点・問題点も多い。てか、そっちの方が圧倒的に多い気がするのだが。 ま...

2012/06/10(日) 01:30:30 | まとめwoネタ速neo

 |  ホーム  |