レモン*50個(?)が消えた……

 一時はお陀仏かと思われたレモンの木がまさかの大復活、数多くのつぼみを付けたことに狂喜乱舞したのは5月の半ばであった。その後、色も形もアズキを思わせるつぼみは大きく開花、真っ白な花が木全体を被い、甘く爽やかな芳香があたりに漂った。「まあ、なんてきれいなんでしょう!」と花の美しさに感動する一方で、「むはは、レモンの実はいくつなってくれるのかしらっ!?」としっかり数勘定も怠りない私であった。花の数でいけば50はあったと思う。当分レモンは買うまい、と密かに心に誓ったりもした。

レモン
可憐な白い花が木にいっぱい!

 ところが、である。花も終わって2週間ほど経って、そろそろ果実のできる兆候が出てくるのではと葉を掻き分けてみても、それらしいものが見当たらないのだ。まったくひとつも!
 花のあったところに本来ならガクのようなものが残っているはずなのに、今や何事もなかったかのようにつるんとした普通の枝があるだけ。こ、これはどうしたことであろうか!?

 虚しい期待を抱いてしばらく待っていたが、もう限界。あきらめてネットで調べてみると……。
 なんと、レモンの花には雌花と雄花があって、5月末に満開を迎えたあの花はみんな雄花だったことがわかった。5年近くも庭に植えておきながら雄花と雌花があることすら知らなかった自分にもビックリだ。

レモン2
レモンの木も実がならなければただの木だ。

 世の中にはヤマモモのように木にオス・メスがあって雄花しか咲かない木もあるが、レモンはひとつの木に雄花も雌花も咲く。実際うちのレモンも過去に3個ぐらい実を付けたことがあるのだから、雌花も咲いていたはずだ。それが、どうしていきなり全部雄花ばかりになってしまったのだろう。急にむさくるしい男子校に変わってしまうなんて、今の時流の逆を行ってないか?

 ネット情報だとレモンの木は年によって雄花ばかりが咲くということもあるらしい。素人考えだが、3月に太い幹まで3分の2に切り詰めるような強剪定をやったのが原因かも。生命の危機を感じた木はとりあえず自分の延命に必死で、子孫を残そうなんて余裕がなかったんじゃないだろうか。うむー、自然の摂理にはなかなか興味深いものがある……、なんて感心してないでちょっとは反省しろ自分。

 そんなわけで推定50個のレモンが夢と消えた。完全なぬか喜びであった。イソップ童話ならこういうとき「どうせあれは酸っぱいブドウだったのさ」というところだけど、レモンじゃ面白くもなんともない。

いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/06/21(木) | 果樹の誘惑 | トラックバック:(1) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ

『No title』

ぶはww

むさ苦しい男子校!!(*>▽<*)
そんなレモンはちょっち・・・
来年、共学になりますように!

2012/06/22(金) 11:07:54 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは! ありがとうございます!!
来年はたくさん女子を迎えて大いに恋愛してもらいたいものです。
楽しみにしててくださいませ〜・ よろしくお願いします!!

2012/06/22(金) 17:34:26 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/177-ec03a569

まとめtyaiました【レモン*50個(?)が消えた……】

 一時はお陀仏かと思われたレモンの木がまさかの大復活、数多くのつぼみを付けたことに狂喜乱舞したのは5月の半ばであった。その後、色も形もアズキを思わせるつぼみは大きく開花...

2012/06/23(土) 14:26:57 | まとめwoネタ速neo

 |  ホーム  |