アイコ様,降臨

 いかに「赤い実が装飾的」といっても、もちろんミニトマトは鑑賞するものではござらん。今や世間の家庭菜園最大の人気アイテムとされるミニトマト、さっそく収穫して食べてみよう。

 今まで全然知らなかったが、トマトってものはひとつの花房にいくつかの花が固まって咲くので、実がいくつかのセットになってつく。その中の熟したものだけ摘み取るんだけど、ミニトマトの場合すべての実が熟れていればまとめて「房取り」することもできるらしい。ブドウみたいだ、やってみたい。

ミニトマト
大ざるに野菜をいっぱい収穫!

 現在赤く色づいているのはオベリスクの下の方、目立たない内側。それだからなのか、今のところ鳥の害は出ていない。ある知り合いはベランダで育てていたトマトがカラスにやられて「朝起きたらベランダじゅうが真っ赤に……」。そんなホラーな事態は避けたいが、今のところ神頼み以外の対策は考えていない……。
 
 さてさて、今回の初アイコ摘みで1O数個を収穫。さっそく洗ってぱくっとやってみる。

 むわっ、うんま〜い!!!

 糖度が高く、種まわりの酸っぱいジュルジュルの部分が少なくて果肉が厚いところは、通常のトマトよりフルーツトマトに近い感じ。水っぽくなく、小さな実に美味しさが凝縮されている。酸味が少ないので、ケッカソースのような料理や煮物で普通のトマトの代用として使うのはふさわしくないかも。サラダやジュースで大活躍してくれそうだ。ドライトマトにしておやつにするのも美味しそう。

サラダ
生サラダには普通のトマトより使いやすい。

 では、本日はガーデン・サラダで。ミニトマト、レタス、ルッコラ、バジル、ナスタチウムがうちの庭からのもの。キュウリと鶏肉のみがよそで購入したもの。こうなるとキュウリも作ってみたい、ニワトリも育ててみたい……と夢が膨らむ。鶏糞買わずに済むし。本末転倒しまくっている自分が怖い。

 ところで、アイコちゃんは日本のロイヤル・ファミリーの愛子内親王の生誕年に品種改良で作られたんだとか。そういえば、どことなく高貴な味が……!?!? 失礼のないよう、これからも大切に育てさせていただきます。

いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/07/03(火) | 2012年春夏EG実践記 | トラックバック:(1) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/185-cd9d942e

まとめtyaiました【アイコ様,降臨】

 いかに「赤い実が装飾的」といっても、もちろんミニトマトは鑑賞するものではござらん。今や世間の家庭菜園最大の人気アイテムとされるミニトマト、さっそく収穫して食べてみよう...

2012/07/03(火) 22:09:39 | まとめwoネタ速neo

 |  ホーム  |