映画『ツリー・オブ・ライフ』

ツリー・オブ・ライフ 
テレンス・マリック監督の力作。やや力入り過ぎかも。

 よくあるような父と子の葛藤を天地創造的なスケールで描いていて、あまりの壮大さに途中で寝そうになった映画である。中でいちばん印象的だったのは、かつては成功の絶頂にあった父親(ブラット・ピットが好演!)が庭を潰して作った菜園にひとり佇むシーンだ。
 この家の前に広がるフロントヤードにはかつて芝生が植えられていた。厳格で口うるさい父親は息子に芝の刈り方を教え、それがきちんとできていないと激しく彼をなじった。しかし、歳月が経ち、そこは家庭菜園になっている。素人のまねごとのような育て方のせいだろうか、キャベツは虫が食い、ろくに結球しておらず、さんざんな出来である。呆然としゃがみ込む父親の背中のあまりの淋しさに、息子は近づいて無言のまま寄り添うのだ。
 しばらくして、観客は父親が事業に失敗したことを知る。ついに家族は住み慣れた家を追われ、どこか別の街へと引っ越して行く。

ツリー・オブ・ライフ2 
芝生の庭で集う父親と子供たち。かなり雑草多いですね。

 というわけだ。つまり、芝生を引っぱがして家庭菜園を作るというのは、あたかも凋落を象徴するような悲哀に満ちた行為なのである。そりゃそうでしょ、家計が火の車だってのに役にも立たない芝生にジャンジャン水をまいたり芝刈りに無駄な労力を費やしたりはできない。何か今夜のご飯の足しになるものを作りましょうよ、ってことになってもまったく不思議じゃないのだ。

 言い換えるなら、芝生を引っぱがして家庭菜園を作ると、なんだか芝生のお庭を維持できない切実な事情があると取られかねない。あらぬ疑惑をまき散らすことになる。
「あらー、あそこのご主人たら地面耕しちゃってるわよ」「リストラされたんじゃないの? このところ顔色悪かったもん」「まあやだ、食べるのにも困ってるってこと?」みたいな。

 だから、芝生を引っぱがしたあとは注意が必要だ、と言いたい。まあね、ブラピが一緒にやってくれるんなら家庭菜園でもなんでもいいんだけどさ。

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011/12/01(木) | 悲しい家庭菜園 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

«  |  ホーム  |  »

『キラリ館』

『No title』

はじめまして。
『キラリ館ブログキング』と申します。
ご訪問いただければ幸いです。

2011/12/01(木) 19:58:21 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/19-5b20c182
 |  ホーム  |