いきなり夏! で、オクラを収穫

 今日で関東地方も梅雨明け、いきなりギンギンに暑くなってきて、我が家のリビングの温度計は35度(!?)を指していたものの、いまだに頑張ろうジャパンの精神で節電に励み、扇風機だけで乗り切ってしまった。おかげで仕事は進まないまくりで、ブログなど更新してる場合じゃないのだが、たとえ思考力がゼロになったからといってブログのひとつも書けずに人間どうする、ってことでダークネスを大音量でかけながら書いています。あー、脳味噌が溶け出しそう……。

 今や夏! 暑さでへばる野菜もあれば、急に勢いをつけてくる野菜もある。また、今まで隆盛を誇っていたナメクジ軍団が多少おとなしくなって(でもいなくなってはくれないのだが)、ヨトウムシが一気に台頭、子供バッタ軍団も勢力を増している。また伏兵のアゲハの幼虫もいきなり思わぬところに姿を現し、エディブル・ガーデナーの寿命を縮ませてくれている。まさに群雄割拠の様相……と言いたいところだが、虫同士が戦って総数が減る、ということはまったくなく、ひたすら仲良く野菜を食いまくるばかり。今やランプとハサミを持っての夜回りは欠かせず、「松の台通りの悪夢」と呼ばれている。

オクラ2 
オクラは世界中で食べられているんだね

 で、ついにオクラを収穫した!
 ゴールデンウィークに植え付けた苗はなぜかしょぼしょぼになって枯れ、5月末にその名もネバネバスタミナオクラというのを購入し、メイン・ガーデンの家側ウイングの中央に植えたのである。

 それが7月になってアッと驚く美しい花をつけた。ややクリームがかった白い大きな花びらで、中央部の濃い赤紫との対比がなんだかモダーンな感じ。きれいなだけじゃなく、雌花とか雄花とか面倒な区別もなければ、人工授粉みたいな手間もいらない。こういうの好きだなーっ!(実感こもりまくり)

オクラ
この花から星形の切り口になる実が生まれるのね。

 花が終わるととんがり帽子みたいなオクラの実がぐんぐん大きくなって来た。教則本『有機・無農薬でおいしい野菜づくり』によると「オクラの実は育つのが早く、1日に2回収穫できると言われるほど。収穫が遅れると実が固くなり口当たりが悪くなるので、こまめに畑を見て回り、6、7センチになったら柔らかい実を付け根で切り取って収穫する」とのこと。7月半ば、ついに第一回目の収穫を終えた! 

 と言っても、悲しいかな苗がひとつっきゃないもんで、収穫したのもたったの1本。そこが猫の額にいろんな種類の野菜をちょっとずつ植えているマイ・ガーデンの弱点なんだなあ。パプリカやズッキーニだったら1本でも使えるけど、オクラ1本じゃ、「おやじのおつまみ」にもならんという……。

オクラ3 
ある日の収穫。これでサラダを作りました。

 オクラは複数の苗を植えるべし。これを今後の教訓としたい。それと、明日からはやっぱりエアコンをつけることにしたい。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/07/17(火) | 2012年春夏EG実践記 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/195-31ef1fdc
 |  ホーム  |