やっぱり辛いよ、韓国トウガラシ

 韓国トウガラシはそんなに辛くない! と自信たっぷりにさんざん書いてしまった。先日かじってみた獲れたての生も、タラのホウレンソウ・ソースも、さほど辛くないという印象だったからだ。が、が。

 数日前に収穫して冷蔵庫に入れておいた青い韓国トウガラシを、何気なくガブリとやってみたところ……
「ぐわっ#$!〜;+=&%$#*!?!
か、辛い〜!!!!!!」

 その辛さたるや、口に火の玉が飛び込んだみたいで、思わず吐き出してしまったほどだ。涙は出るわ、咳は出るわ、恐ろしいことにあまりの辛さに唇まで腫れてきて、ミック・ジャガーみたいなことになってしまった。ホンキートンクウィミンな感じである。ほんとだぜ。

 どうしてなんだ? 韓国トウガラシ、いつのまに辛くなっちまいやがったんだ?
 トウガラシは、赤よりも青、生よりも乾燥したものが辛いという。食べたのは青い実だったし、もしかしたら冷蔵庫の中で乾燥しちゃったのかもしれない(いちおう野菜室に入ってたのだが)。いずれにしろ、私の「韓国トウガラシはそんなに辛くない」なんていういい加減な妄言を信じて食べて、辛さのあまり心臓発作で天国に召されてしまったお年寄りとかがいないことを祈る。そんなことになったら「王様〜っ、私を死罪に処してください!」なんてギャグでは済まない。

トウガラシ 
韓国トウガラシといえども青生をあなどってはいかん。

 しかしまあ韓国云々はさておき、青トウガラシは辛い。タイ料理のグリーンカレーなんて口が火を吹くほど辛いが、あの辛さの最大要因は生の青トウガラシだ。今は菜園に青いトウガラシが何本かブラブラぶらさがっているからグリーンカレー・ペーストを作るまたとないチャンスかも!? と一瞬思ったが、そういえば私は激辛系が苦手なのであった。

 でも、せっかくなので青トウガラシ味噌というのを作ってみた。解説によると「青トウガラシの爽やかな辛さでご飯が進むおいしいおかず味噌。焼き肉の付け合わせや野菜炒めの味付けにも使えて便利です」とのことだし、そんなイタ辛そうじゃないしね。

● 青トウガラシ味噌
韓国青トウガラシの生 2本
大葉 5枚
味噌 100g
砂糖 大さじ2
酒 大さじ1
サラダ油 少々
いりごま 小さじ1
ごま油 小さじ1

1、 鍋にサラダ油を熱し小口切りにした青トウガラシをしんなりするまで炒める。
2、 さらに細かい千切りにした大葉、砂糖、酒、味噌、いりごま、ごま油の順で加えて練り、照りが出てきたら完成。

大葉
大葉はなんだか木みたいなことになってきました。

 実に簡単なんだけど、青トウガラシはなるべく素手で触らないようにし、炒めるときも湯気を吸い込まないように注意しよう。トウガラシに触れた手で顔など触ると大変! ニオイだけでも咳き込んでしまうこと間違いなし! 取り扱い注意の食材だ。
 また、今回は我が菜園の大葉を使った。今年は土壌改良の成果か巨大化してしまい、全然食べきれないのだ。

青トウガラシ味噌
辛さは日が経つにつれ落ち着いて来る。

 てなことで、完成した青トウガラシ味噌、さっそく食べてみた。
「か、かっら〜い!!!」

 口が火を吹くほどではないにしろ、十分辛い。こりゃご飯が進みすぎちゃうんでない? これまた取り扱い注意の一品と言えそうだ。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/08/03(金) | 2012年春夏EG実践記 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/207-56bd4f8a
 |  ホーム  |