秋冬物菜園をデザインし直す

 半年ほど前にコマツナやカブが植えてあったところに芽キャベツやブロッコリーを植えて何が問題なのか? ズバリ、連作障害、というヤツである。園芸関係の本やネットで頻繁に登場する伝説の災厄である。

コマツナ
そういえば植えてたっけアブラナ科。ウレシガラスが偵察中。

「同じ場所で同じ野菜・同じ科の野菜を作り続けることを連作と言います。連作をすると土が痩せて収穫量が落ちたり、野菜の生育が悪くなって病気になりやすくなります」
 まあ、なんて恐ろしい。これが連作障害なるものだ。その原因は、現世での扱いに不満を持った野菜の霊魂が土地に残って悪さをするからだと言われている。

 というのはもちろんウソで、連作するとその植物をターゲットにした病害虫が侵入して増殖する、また地中からその植物が必要とする栄養素ばかりが欠乏していく、などなどいろんな問題が出てくるかららしい。

 なんて、改めてビックリしているが、実は3月に雑誌『やさい畑』を読んで、すでにビックリ済みなのであった(忘れてたよ)。ビックリもするわな、なにしろトマトの輪作年限(次に同じ野菜を植えるまでに開けておく期間)なんて、なんと5年である。
 5年も先かよ! その頃はもしかして菜園にまったく興味がなくなってるかもしれないなあ……なんて遠い目になってしまうじゃないですか。

あい 
アイコちゃんに5年も会えない!? 別のところに植えませう。

 それをすっかり忘れてコマツナ、カブの跡地に同じアブラナ科の芽キャベツ、ブロッコリーを植えようとしていたのである。ちょっと待った! お嬢さん、輪作年限を調べなきゃいけませんぜ。
 調べてみたら、コマツナの輪作年限は1年、カブは2年だという。ぐわん、葉もの菜園にアブラナ科の野菜が植えられるのは2014年ってことかあ。

 日頃から小さなことにはこだわらずにおおらかに生きたいと思っている私、連作障害なんて些細なことは気にせずにバンバン植えちまえ! と言いたいところだが、やっぱりそれで収穫が減るのは我慢ならないといういつものケチ根性が先に立つ。なので、先ほどの計画を変更し、アブラナ科の野菜はすべてレイズドベッドに植えることにした。

秋冬

 さてと、じゃあレタスはどこに植えようか。この春あちこちにレタスを植えてしまったから連作を避けるとなると植えるところが見つからない。あーあ、また新天地を開拓せねばならんのか!? 


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/09/21(金) | 2012年秋冬EG実践中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ

『No title』

うわぁ~~
ちゃんとデザインされている!

週末やろうと思っていたら・・・
結構な大雨で・・・また伸びた・・・
今週どこかでやらないと、季節は待ってくれないよねぇ~

2012/09/24(月) 10:30:15 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> ちゃんとデザインされている!

ただ並べただけ、とも言えますが。。。

日曜日、雨がやむのを待ってたら夕方になっちゃったけど、
決死の覚悟でイッキ植えしてしまいましたよ〜(雨の中)
堆肥とかろくに掻き回してないんだけど、大丈夫かなあ。
って、今頃遅いか。
突然秋、って感じ。種も買ったからにはまかねば。。。

2012/09/24(月) 14:31:13 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/240-d0c55252
 |  ホーム  |