芽キャベツ、ブロッコリーを植える!

 屋内で作った枠組を実際現地に設置する日も雨だった。かなりの強い降りの中、撥水性ジャケットに長靴で作業を敢行。レイズドベッド用地に枠組を置き、3点を杭で固める。杭の場所が内側になっちゃったり外側になっちゃったり、レイズドベッドのいちばん長い辺が怪しく歪んじゃったりしてるんだけど、もう雨の中だとそんな細かいことは気にしていられない。船長、右舷から水が浸入しています。よし、救命ボートを出せ、女子供が先だ! みたいな感じ(すでにわけわかんなくなってるよ、この文章)。
 設置したレイズドベッドの中にすぐさま土や堆肥をぶち込んだ。深く考えていたのではもうやってられませんがな、こんなこと。

設置 
そもそもレンガの道がまっすぐじゃないので、微妙なすき間が……。

 レイズドベッド内に入れたものの合計内訳は、黒土7袋(約100リットル)、有機堆肥2袋(約80リットル)、畑の再生土1袋(約30リットル)。いくら入れてもいっぱいにならなくて、焦った〜。

 本来ならここにボカシ肥を入れて一週間おいてから野菜苗を入れたいところだが、もうこれ以上は待てない! ということで、ただちに芽キャベツ、ブロッコリーを植え付けた。Yネヤマプランテイションの指南書によると「芽キャベツは本葉が5〜6枚伸びた頃に植え付けるのが理想的です」とあるが、もはや本葉は12枚以上。しかもすでに枯れて黄色くなっている葉まであるよ。もうこれはまったなし! っていうか、遅過ぎるかも!?

メキャ
手前が芽キャベツの苗、その隣がブロッコリー。それぞれひと苗89円也。

 スリルとサスペンス渦巻く中、芽キャベツとブロッコリーの株間に我が家特製のボカシ肥=ネオブラーZをまいた。もうこうなればネオブラーZのお力にすがるしかない! って、いかにボカシ肥が素晴らしくても、さすがに植える時期の遅れを取り戻すような効果はないだろうなあ。うう、せめて10粒ぐらいでもいい、我が家の芽キャベツが食べたいものよのう。

 ということで、とりあえずレイズドベッドを完成させ、懸案の秋冬野菜苗を植え付けた。およ? 気がつくと、レンガ道を隔てた反対側、つい先週まで百日草が植わっていたところにレタスが植えてあるじゃないですか!?

レタス
レタスは3苗。これは年内に食べ納めですな。

 こんなふうにして、我が家の庭はじわじわと菜園化していくのであろうなあ……。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/09/27(木) | 2012年秋冬EG実践中 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/244-e90a0927
 |  ホーム  |