アーティチョークを植え付け!

 最初に種で育てようとしたせいか、なぜかアーティチョークは種から大きくせねばと思い込んでいたフシがある。猫に踏みつけられたり、ナメクジに細い茎を切断されたり……と幼い苗に苦難が降り掛かれば降り掛かるほど、なんとしてももう一度成功させるぞという思いが強まり、種を新規まき直していた(種があまっていた、というのも良くなかった)。

 しかし、私はなんでも種から育てないと気が済まない原理主義的ガーデナーではない。庭も狭いし、苗で買えるならそれでオッケー。現に、今メイン・ガーデンに植えてあるミニトマト、パプリカ、オクラ、大葉、バジルなどなどほとんどの野菜が苗から育てたものだ。だからアーティチョークの苗を買ってどこが悪い。しかし、私が買ったのは花もついてるんだから、もう苗とは呼ばないのかもなあ。

 近所のホームセンターにアーティチョークの苗が入荷しなかったら……という不安から種をまいたのだったが、実際近所のホームセンターにもちゃんと苗は入った、と報告しておこう。6月半ばのことである。
 今年まいた種からできたものらしい葉っぱが4、5枚ついた苗で、うちで種から育てている苗よりはるかに立派そうなのにお値段はわずか270円。ぐわ〜、これも買いたい。と喉から手が出そうになったが、そんなにアーティチョークを集めてどうする、と思って断念した。

アーティ
うちには種から育てた苗が(今も)待機中。これは6月当時の状況。

 その代わり、別のホームセンターの投げ売りコーナーでまたまた枯れかけた花つきアーティチョークを買ってしまった。今度はなんとお値段500円。待てば海路の日和ありだ。こういうと、まるで投げ売りコーナーばかりチェックしている人のようだが、実にその通りなのである。

アーティ2 
今度は500円でゲット。750円のものよりややひからび度が強い。

 夏の暑い時期を避け、やっとアーティチョークを多年草園に植え付けたのは10月に入ってからのこと。植木鉢の中でけっこう成長してしっかりした株となり、もう植え付けても大丈夫だと思ったから。これまではまだ貧弱な苗を焦って植えていたからうまくいかなかったのかも、と思う。って、この植え付けが成功か失敗かはもう少し待たないとわからないけど。

アーティ3
フェンネルとアスパラガスの間で肩身が狭そう。

 さて、アーティチョーク、早く食べたいな〜と今からワクワクしてしまうが、指南書『有機・無農薬でおいしい野菜づくり』には「植え付けてから2年目に収穫」というのと、「植え付けた翌年の初夏に収穫」という2通りの表記があるんだけど。ほんとに来年の夏に食べられるんだよね?? うーん、気になってまた眠れなくなっちゃいそうだ。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/10/05(金) | 2012年秋冬EG実践中 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/250-8fd31df4
 |  ホーム  |