庭に歴史あり

庭のデザイン図 
1990年代の庭のデザイン。

 真っ白なキャンバスに絵を描くように、何もない更地に思いのままに庭をデザインできたらいいのだが、具合の悪いことに我が庭には15年を越える歴史がある。すでに道はあちこちに通っているし、植木は縄文杉ほどじゃないがギンギンにでかくなっているし、これを作り替えようとなったらマジでクレーンやショベルカーに出動してもらわなくてはならない。せっかく生えている植物を引っこ抜くのも忍びないし(そのわりに芝生は威勢よく引っぱがしちゃったけど)、ここはもう動かせないものと考えて、それ以外の部分からエディブル化していこうと思う。

1995年の庭
初期の庭。バラのアーチありパーゴラあり満艦飾。

 しかし、今でこそ「食べられる庭」にしたいという明確なコンセプトがあるんだけど、実際これまでのところの我が庭は「いったい何を考えておったんじゃろうなあ?」と我ながら首を傾げるとっちらかりぶりだ。

 まーそりゃそうだわな、プロがデザインしたわけじゃなく、天下のど素人であるこの私が本などを参考に見よう見まねででっち上げちゃったんだから。だってさー、15年前ったら私なんかまだ子供だよ!? ってさり気に年をごまかしたりなんかしてるが、庭木のイロハも知らぬ若輩者に庭のデザインちゅーのはかなり無理があったんだよね。

 そんな我が庭ではあるが、長い付き合いだけに愛着があるのも事実。これからその初期においてどのような庭作りが進められたのか、歴史を振り返りつつ説明していきたい。(つづく)


にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011/12/12(月) | 庭をデザインする | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/27-29a1fd94
 |  ホーム  |