さよなら大葉、オクラはまだ?

 ついに大葉を引っこ抜いた。夏の間、八面六臂の大活躍をしてくれた大葉だが、9月に花が咲き、10月に入ってからは新しい葉がほとんど出なくなっていた。なんだか名残惜しいなあ〜とか思っていたんだけど、さすがにもう食べられない。大葉が終わると、ああ、ほんとに夏が終わったんだな、と思う。って、11月にもなって寝ぼけたことをほざきまくってますが。

 大葉はエディブル・ガーデンを始めるはるか前からプランターや地植えなどでかならずやっていた家庭菜園必須アイテムだが、今年は土壌改良の成果か、もんのすごくデカくなった。大葉の木、って感じ。惜しげもなくじゃんじゃん使っていたので、今マーケットで購入するときにすごい抵抗を覚えてしまう。こんなモンにお金を出していいのか、みたいな。しかも、売っているのは太陽の光も浴びたことのないようなペナペナな葉っぱ。ああ、早くも次の夏が待ち遠しい。

大葉 
種もつけて最後はボロボロのオクラ。大きいのに根はちっこいので驚く。

 振り返れば素晴らしい夏だった。これまで夏は暑い、日差しが強い、蚊がいる……ということで、なるべくなら庭に出ないようにしていた。エディブル・ガーデンをスタートさせて初めての夏だからといって、暑い、日差しが強い、蚊がいることになんの変わりもないのだが、毎日かならず庭に出てしまう。新鮮で美味しい野菜がいっぱい! というだけでなく、まったく知らなかった野菜の花が咲いていたり、劇的変化で野菜が色づいたり、以前に咲いた花が見事に結実したり(しなかったり)、驚きの連続。沸き返るような生命の躍動ぶりに夏の暑さを忘れるのだった。って、日差しの強さも忘れてUV対策を怠り、今頃焦っているのだけど。

オクラ 
まだまだこれから? ちっこいオクラが顔を出してます。

 さて、これをもって2012年の夏は終わり、と言いそうになってしまうのだけど、ふと見るといつの間に花が咲いたのか、オクラが今頃小さな実らしきものをつけている。いやあ、君がその気ならあえて止めないけど……みたいな感じだ。

オクラ2 
真夏のオクラ。直立します。大きくなりすぎると固くなる。

 そういえばオクラのことを全然書いていなかった。なにしろ1株しかなく、実が6、7センチになったら即獲らないと固くなるので、数日おきにひとつ、またひとつというさみだれ収穫。だから、サラダや納豆に混ぜ込んでいつの間にか食べてしまい、印象が薄かった。

オクラの花
銀座のママを思わせるモダン和風って感じのオクラの花。

 でも、花も葉も大変きれいでなかなかのビジュアル系。来年は3株ぐらいずらりと並べて(3株ってところがシケてますが)、トマト&オクラサラダをたくさん食べたいものだ。わお。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/11/08(木) | 2012年春夏EG実践記 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/273-63e93703
 |  ホーム  |