脱芝庭……最初から挫折寸前

脱芝庭before
2011年4月

「目指せ! 素敵なエディブル・ガーデン」ということで、いきなり庭の芝生をひっぱがしてしまったのは今年のゴールデン・ウィークのこと。それまで緑に被われていた畳3、4畳分ぐらいの芝地を、食用に適する植物の栽培スペースに変えるべく、一気呵成にGO!!

芝庭after
2011年6月

 と、勢いではがしちゃったものの、もう秋風吹きすさぶ11月だというのに我が庭は時間が止まったかのよう。裸にされた荒涼たる大地に今や雑草のオマケ付き……というのはいかなることでありましょうか。いやもうだって夏は暑かったし、紫外線怖かったし、蚊も多かったし、仕事も忙しかったし(当時)、と誰にともなく言い訳しながら庭に出て、恐る恐る移植ごてで地面を突ついてみる。
 こ、これは……もうエジプト文明の奴隷に任せたくなる類いの仕事ですわね。地表はすっかりコチンコチンになってて、とてもレディ・ガーデナーの細腕では太刀打ちできまへん。あきまへんでっせ(細腕繁盛記風)。

脱芝庭after2
2011年11月

 しかし! そんな弱音を吐いていたらいつまで経っても「素敵なエディブル・ガーデン」は実現できない〜!! 苦難の道のりが予想される大事業を前に、焦燥と絶望感にクラクラしながら移植ごてを握りしめれば、首筋に吹き付ける木枯らしがやけに冷たい。
 やっぱ冬は寒いし。新しい言い訳を考え始める私であった。
 

スポンサーサイト

2011/11/09(水) | 脱芝庭宣言 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  | 

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/3-54a56181
 |  ホーム  |