土作りは一日にしてならず

 2月上旬に最後まで残っていたルッコラとスイスチャードを取り入れて以来、昨年の春からさまざまな収穫をもたらしてくれたメイン・ガーデンは休耕状態、ただの更地となっていた。しかし、まだまだ寒いし、今は何も植える時期じゃないからなあ〜……とエディブル・ガーデナーがコタツで『宇宙人ポール』のDVDを見耽っていたかというと、そんなことはない。我が家にはコタツがないのだ。

mg.jpg

2月半ば、ずっとほったらかしてあったメイン・ガーデンの土をひっくり返してみた。

それはともかく、この何もできない空白期間こそ土作りにはきわめて重要な時期であり、ここでどう動くか、いかに作戦を展開するかによってこの春夏のエディブル・ガーデンの成果が大きく左右されるのである。なんつって、まーとりあえず土作りをぼちぼち始めたので大言壮語してみた。でも『やさい畑』とかにそんなこと書いてありそうじゃないですか?

 そして、『やさい畑』なんかだと「天地返し」をやりたまへ、などと書いてあると思うのだけど、地面を三層に分けて1メートルも掘り下げるという本格的な天地返しをやるには我が家の庭は狭すぎる。掘った土をよけておくスペースすらないのだ。つうことで、とりあえずスコップで表面近くの土と下の部分の土を入れ替える程度のことをしてみた。

tennpibosi.jpg
簡易天地返し、ってことで。ミミズをいっぱい殺してしまいました。

 それから2週間経過した3月の頭、さらにぐりぐりひっくり返し、電気生ゴミ処理機でできた有機質肥料を埋め込んで土をかぶせておいた。この家庭ゴミ由来の有機質肥料というのを入れて2、3週間経つと土がほんとにフカフカになる。ずっと貯めておいた肥料をこれで全部使い切ってしまい、よそ様の生ゴミをいただいてきたい気分。カラスにでも変身するか……。

家庭ゴミ
ゴミを埋めている……のではなくゴミ由来の有機質肥料を埋めているところ。

 土が柔らかくなったところでまた天地返しをするなどして準備し、4月半ばには堆肥をまいて苦土石灰で酸度を調整、さらに植え付け一週間前にボカシ肥を入れる、という行程を踏む予定。いや〜、土作りって大変なものですねえ。って我が家の庭は猫の額だからやってられるんだろうなあ、とつくづく思う。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013/03/09(土) | 2013年春夏菜園準備中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

らうっち

『No title』

こんにちは♪
いや~ トコトン拘った土作りですね。
ここまでやれると「土を作ったぞ」って気持ちにもなれますね。
これで今年のエディブル・ガーデンは盛況間違いなしですね♪

2013/03/10(日) 15:17:35 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、らうっち様!

いや〜、なんかとりあえずいろいろ突っ込んでみるか、みたいな感じです。
他の場所はなんやかんや植わっているので、まともに土作りできるのはここしかないんですよねえ。
ここがなんとかうまくいってくれないと、今年のエディブルガーデンは絶望的!? 
今が頑張りどきですよ!

2013/03/10(日) 17:37:05 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/305-c9066a3c
 |  ホーム  |