春夏菜園予想図:その1

EDIBLE3.jpg 

 メイン・ガーデンの中心であるサークル地帯には今年もミニトマトのオベリスクを建立することにした。やはり真ん中にはどかんと派手なものを持ってきたい。で、昨年はそのまわりをスイスチャードで取り囲んだのだが、トマトとバジルが愛人関係にあるということが発覚し、いや、相性がよろしいというんで、今年はバジル他のシソ科の植物を植えてみる。バジル、大葉、そして色を添える意味でサルビアも。サルビアの花はトマトの色に似ているし、トマトが実を結ぶまでのスカスカな時期に彩りを加えてくれることだろう。

 なんつって、実は昨年シソ科の植物をあっちゃこっちゃに植えちゃったため、連作障害を避けるにはバジル、大葉をここに植えるしかなかったという事情もある。この二つは料理の必須アイテムであるからして、絶対に外せないのだ。庭が狭いとやりくりに苦労するわい。

 しかし、野菜作りにちょっとでも詳しい人なら「おいおい、シソ科の連作障害を心配する前にトマトの連作の方が問題だろう」と鋭い指摘をすることだろう。
 そーなんである。どんな教科書にもたいてい「トマトは連作障害が起きやすい作物」だと32級ぐらいの太ゴシックの赤字で書いてある。トマトを含むナス科の作物を育てた場所では「3〜4年はトマトを育てないように」というのは常識で、「5年はダメ」という説もある。

 同じ場所で同じ野菜・同じ科の野菜を作り続けると、土地が痩せて収穫が落ち、野菜の生育が悪くなって病気になりやすくなるんだそうな。昨年菜園を始めたばっかりだからハッキリ言って連作障害の経験はないものの、その恐ろしい言い伝えは村人からさんざん聞かされていた。というのは嘘で、本や雑誌、ネット情報で読んだだけだが、トマトを同じところに翌年も植えるなどというのは愚の骨頂、どころか神をも怖れぬ不遜な行為らしい。
 なのになぜ。なのになぜ、そんな自然界の掟を破るようなことにあえて挑戦しようというのだ!? 

トマト用地
サークル地帯の土を全面的に入れ替え中。

 私は「ミニトマトは庭のどこか別のところに植えよう。スペースは狭く、日当りも悪くなるが連作障害を避けるためいたしかたない」と転地説を主張したのだが、ダンナが「昨年と同じ場所」と現状維持説を強硬に押し通したのである。昨年のアイコちゃん連日大豊作にすっかり心を奪われた彼は、別のところで育てることなど想像もできないようであった。まったくコンサバな人間で、例年同じところで同じことをしないと気が済まないタイプなのだ。トマト作りを2、3年お休みするなどというのは、彼の菜園計画ではもちろんあってはならないことなのだ。

 その代わり、昨年ミニトマトを育成したこのサークル地帯の土を地上から深さ30センチ以上除去してきれいな(少なくともナス科の植物を育てたことのない)土と入れ替えると言う。そこまでやるか、それも本人自らやってくれるか。でしたら、私が反対する理由は何もない。てなことで、ダンナが黙々と土の入れ替え作業を敢行。配置的には去年と同じながら、土の質的にはかなりリフレッシュされた菜園用地が出現した。

 ここに「連作障害に強い」と噂の接ぎ木苗のミニトマトを植えてみることにする。接ぎ木苗は他にも「病害虫の被害が少ない」、「低温でも育ちやすい」、「収穫期が長い」などといいことずくめで、もしかしたら昨年よりも収穫増が見込めちゃったりするのでは!? と捕らぬ狸で怖くなったりしている。あー、我ながらあさましい。

昨年7月 
昨年7月のミニトマトのオベリスク。

 しかし、イラストの予想図ではメルヘン入っちゃって素敵感爆発だが、実際は7月半ばの時点ですでにこのぼうぼうぶり。それでも当事者たちは満足してたんだよなあ。まったく食欲は人の眼を狂わせるもののようである。恐るべし。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013/04/12(金) | 2013年春夏菜園準備中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ

『No title』

はいはい~~村民ですww
うちも、連作障害を確かめるべく、同じ畑でチャレンジw
しかも、土は足すだけという。。。。
まー、冬に大根植えたし?とか言い訳はしてますけど・・・・
どうなることやら・・・・・

2013/04/15(月) 12:48:47 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

村人さん、バレちゃってますね!?!?
しかし、連作障害を怖れていたら菜園なんてできませんがな。
って開き直ってやるっきゃないですにゃ。

> まー、冬に大根植えたし?とか言い訳はしてますけど・・・・

大根に思わぬ毒抜き効果があったりするかも!
豊作をお祈りしておりますぞ!!

2013/04/15(月) 16:42:38 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/315-0a21254d
 |  ホーム  |