食べられる庭、設計中

見取り図
エディブル化できそうな4カ所のレッドゾーン

 さて、昔話はこれくらいにして、いよいよエディブル・ガーデンをスタートさせないと、ブログがタイトル倒れに終わってしまう。前述の通り、すでに樹木が生い茂る我が庭、これからエディブル化ができそうなのは図中の4カ所にとどまる。

 まずはいちばん広大(?)にしてやり甲斐ありそうな芝生の跡地(4)から行きたいところだが、まだ整地も進行していないので後回しにして(ガクッ)簡単に手をつけられそうな元花壇(1)から行ってみる。

花壇1

 ここは30センチx150センチほどの小さなベルト地帯で、我が庭でも日当りが特に悪く、スイセンの球根を植えても葉ばかり茂って花も咲かないという不毛の大地である。これまでは我が家の住人ですらロクに見ていないというのに花苗を買ってきては虚しく植えていたが、ここを一気にエディブル化する!

カブとコマツナ
手前がコマツナ、奥がカブ。

 ジャーン! するとどうでしょう! コマツナやカブがスクスク育っているではありませんか! って、もちろん魔法ではなくて10月半ばにこっそり種をまいていたのさ。

 なんでも、葉もの野菜というのはさほど日当りがよくなくてもそこそこ育つらしい。カブに実がつくかどうかはまだ不明だが、レタスぐらいだったら収穫できそうな予感。
 花のカラフルさはないものの、葉の成長が楽しみで今まではあまり行くことのなかった庭の隅っこに何度も足を運ぶようになった。これも食欲の成せる業?(つづく)


にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011/12/19(月) | 庭をデザインする | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/32-2a10c6f6
 |  ホーム  |