灼熱地獄のコールラビ

 連日35度などというこの世の終わり的暑さが続き、我がエディブル・ガーデンにも甚大な影響が出ている。まずはリビングのクーラーが壊れてしまい、夏のいちばん暑い時期に1週間クーラーが使えなかったこと。って、全然庭とは関係ない話だけど、ブログの更新なんぞする気にもなれなかったのはそんな事情があったからなのだ。

 それはともかく、この暑さで仕込んだボカシ肥料が発酵せずに見事に失敗してしまった。注ぎ込んだ米ぬか、油かす、鶏糞、腐葉土etc.と時間と労力が全部無駄になった。どうして発酵しないのかさんざん悩んだあげく園芸掲示板に相談してしまったほどで、精神的なストレスも大変なものでござった。

7月元気な葉
7月半ば。在りし日のコールラビ。

 そして、二階のテラスでこっそり育てていたコールラビがダメになってしまった。かなりの気合いで育てていたのに、暑さで気が緩んでいるうちにいつの間にかコールラビとは全然違う不気味な物体にトランスフォームしていた。

植え付け
種から育てたコールラビ。この春夏は種をまいた野菜がほぼ全滅……

 今年2月に、昨年秋に苗(¥100)で購入して育てたコールラビを収穫して食べたところ大変美味しかったので、プランターでの増産をもくろんだ。5月の頭に国華園で購入した紫コールラビの種をポットまきし、毎日「速く大きくなるのじゃぞ」と念じながら水やり。5月半ば過ぎに本葉が3枚ほどになった小苗を8つほどプランターに移植した。乾燥を嫌うらしいので毎朝の潅水は怠りなかった。

プランター
プランターに植え付けたところ。これからいっぱいに繁る予定。

 さて、冬に育てていたときはまったく虫などつかず、なんてラクチンで手間いらずな優秀野菜なんでせうと感動していたのだけど、春ともなると事情が違う。蝶々がアブラナ科を狙って卵を産みつけるらしく、気がつくとアオムシがあっちの葉っぱにもこっちの葉っぱにもくっついて鋭意お食事中。最初はウキャ〜!などと悲鳴を上げ、体温や血圧を上昇させていたが、あまりの数の多さにいちいちそんなに過剰反応していたら身が持たなくなってきた。一気にアオムシ捕殺マシーンと化して、毎日20〜30分くらいかけて20〜30匹くらいのアオムシを捕殺したと思う。見逃すと翌朝は1枚の葉っぱが半分くらいに激減しているのでこちらも必死である。

虫との戦い 
アオムシに食われてレース状になった葉。

 その甲斐あってか、6月半ばには茎の部分が肥大してきて卓球の球くらいの大きさに。紫コールラビは茎の色はもちろん、葉の色も青味がかって大変美しい。この葉を守るためにも、そして大きな実に育てるためにも、アオムシどもの捕殺に全力投球するぞ! と、甲子園球児のごとくギラつく夏の太陽に誓うのであった。ちょっと古いネタでしたが。

6月すくすく 
6月半ばのコールラビ。茎の部分が大きくなってきた!

 そして7月半ば。連日の集中ケアの成果で葉も大きく繁り、実(茎の肥大した部分)も直径5センチくらいまでに成長した。
 ええと、一体どのくらいの大きさになったら収穫するんだろう。と思って参考書『有機・無農薬でおいしい野菜づくり』を見ると、「直径7〜8センチになったら収穫する」と書いてある。そっか、よーし、もうちょいだな。(つづく。近日更新予定)


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013/08/24(土) | 2013年春夏奮闘記 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ

『No title』

ぼかし肥かぁ~~~
今腐葉土は作っているけど、
一度挑戦したいとは思っているんだよね。
やっぱ、難しいのね。。。。。

コールラビちゃん、もうすぐではないの?
続くが気になる・・・・・(; ・`д・´)

しかし暑かったよね。
去年つけなかったリビングのエアコン、
今年は3日ほど稼働しましたわ。

2013/08/25(日) 10:18:32 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> やっぱ、難しいのね。。。。。

今回は見事に失敗してウジがわいちゃったんですよ!
ウジ覚悟でやらなきゃダメなものです。
というのは冗談で、フツーは仕込めばちゃんとできるものなんですが。。。

> 今年は3日ほど稼働しましたわ。

ええなー、湯河原涼しそうで!
34度の部屋の中にいたら、さすがに脳味噌が機能停止しましたわ。
って、34度じゃなくてもよく停止してますけど。

2013/08/25(日) 11:05:48 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/336-0cad94b0
 |  ホーム  |