シイタケ収穫! だがしかし!?

 ブルーシート〜テーブルクロスをかけてから5日、「そーっとのぞいてみてごらん」と小声で歌いながらシートをずらして生育状況をチェックしてみると……

生えてる
原木からにょっきり姿を現したシイタケ第一号。

 おおっ! ホダ木の表面に顔を出していたシイタケの芽がにょきにょきと大きくなって傘を開き始めているではないか。
 しかし、大きさ的にはもうちょい行ってほしい感じ。なんでも「発芽したシイタケは傘の裏にヒダが見えるようになったら収穫期です」とのことだけど、シイタケをひっくり返してヒダをチェックする勇気なんてとてもじゃないけどございません。とりあえずこれは?と思う大きさのシイタケを選び、軸をつまんで付け根の部分から引っこ抜いてみた。

 わわっ! と思ったのは軸からじわ〜んと水気がにじみ出したこと。水につけておいた原木の、栄養分が溶け込んだ水分をたっぷり吸って大きくなってるんだわ〜という実感わきまくりである。獲れたてのシイタケがこんなにみずみずしいと知ってしまうと、マーケットで売られているものは半分干しシイタケなんじゃないかと疑いたくなる。

初収穫
我が家のシイタケ、初収穫。めでたい。

 そんなわけで、めでたく2個のシイタケを初収穫。肉厚でいかにもうまそうな焦げ茶色で、思わず檜の箱に詰めてデパ地下で売りたくなってしまったが、よく考えてみたらこれはマツタケじゃないのであった。たかがシイタケなので、芽キャベツの葉っぱと共に炒めてスパゲティの具に。柔らかで艶やかな舌触り、噛んでみるとにじむじんわりしたうまみ、しっかりした歯ごたえ……わずか2個ながらスパゲティ皿の中で存在感をギンギンに放っていた。ほんとは初シイタケなのでバター焼きとかしたかったのだけど、それはまた大量収穫の暁に。

スパゲティ
アーリオ・オーリオにアンチョビで味付け、捨てるはずの芽キャベツの葉っぱとともに。

 そしてその大量収穫は早くも2日後にやって来た。シートを取ってみると大きな傘を開いたシイタケがそこここに! ホダ木の裏にまでくっついていたり、ひとつの穴からふたつのシイタケが突き出していたり、もうみんな「早く獲ってくれ!」と催促しているかのような勢いで、きのこガール(よくいう)はアタフタしまくり。とりあえずこの日は8個収穫したんだけど、中には傘が開き過ぎ(ちょっと内側に巻き込んでるくらいが獲り頃らしい)のものもあった。それでもムチャクチャ美味しいので文句はない。バター焼きにしてツルツルと一気に食べきってしまった。これがシイタケっていうものなのか、だったら今までの人生はなんだったんだ!? と号泣しながら食べた。

 さて、その2日後にさらに9個(寄せ鍋で食べた)、そのまた2日後に8個と大量収穫が続いたものの、その後は2個、1個、また2個と収穫量がどかんと減ってしまった。これってもう今回の収穫は打ち止め、ということなのだろうか。それならそれでホダ木の休養に入りたいのだけど、今頃からのっそり顔を出している奥手な芽もあったりして、いつが収穫期の終わりか判断しにくい。

二度目
この日の収穫は8個。これくらいは一気食いだよ。

 そういえばこのところ雨は全然降っていないし(降ってもこんなにグルグル巻きにしていては雨が当たることはないだろうけど)、ホダ木が乾燥し過ぎなのかもという気もする。ただ、この寒いのに水なんかかけたら必死に保温している意味がなくなるんじゃないかって気もして、非常に悩む。発芽しなかった白い点もいっぱい残っていて、もうちょっと収穫できてもよかったんじゃないか、って気もするし。気がつけばシイタケのことばかり考えている今日この頃だ。……って、てめえの人生、もっと他に考えるべきことがあるんじゃねえのかい? ってマジ思うのだけど。

 なんでもシイタケは網焼きがいちばんうまい、と説明書に断言調で書いてあるのだが、残念ながらうちに網がなくてできなかった。あまりにダサすぎる展開である。代わりにやってみたのがシイタケのグリル。簡単で美味しいので紹介しておこう。

材料
シイタケ 8〜12個
ニンニク(薄くスライス)2片分
オリーブオイル 大さじ4〜5
塩・黒こしょう 適宜

作り方
1、 シイタケの石づきをとり、ヘタに十字に切込みを入れ、オーブン皿にヘタを上にして並べる。
2、 傘の内側にニンニクを散らし、オリーブオイルを回し入れ、塩コショウを掛けて230度で10〜15分焼く。

 バターで焼くよりもシイタケ本来のうまみが味わえる。シイタケとニンニクの組み合わせもなかなかオツなもんです。ぜひお試しを!

オイル焼き
「オリーブオイルを使う本」って本に載ってたレシピをパクって来ました。

 しかしなー、これで第一回収穫の打ち止めだとすると、原木を休ませるためこのあと20日ぐらいの休養期間に入らなきゃならないらしい。ってことは、自家製シイタケなしのお正月を迎えなくてはならないのか!? そんなのって淋しすぎる・残念すぎる!!という思いで胸が張り裂けそうになる。1ヶ月前には予想もしなかった事態である。人生ほんとにままならない。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2013/12/07(土) | 菌類生活入門 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ

『No title』

そーなのよそーなのよ!!
今まで食べていたシイタケはなんだったのか!!??
最近、さっぱりなうちの原木しいたけ(現在3個芽が出ているとこ)
とうとうスーパーのしいたけを買ってしまったけれど、
菌床とか、書かれていると、鼻であざ笑ってしまう自分。
でも、原木しいたけなんか売ってないからそれしか買うものがない・・・・。

うちは先週末、池にどぼんして一日おきましたよ~
ほしたら芽が出てきた次第です。

2013/12/09(月) 18:16:38 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> 菌床とか、書かれていると、鼻であざ笑ってしまう自分。

私もですよ〜ww
シイタケに関してだけ気分はセレブ!
そうなったら鍋物もシメジとエノキでごまかすしかない、って感じ。
ある意味戻れない道を歩み始めてしまったと言えるかもですなあ。

> うちは先週末、池にどぼんして一日おきましたよ~
> ほしたら芽が出てきた次第です。

収穫のピークは過ぎたんですけど、まだちょぼちょぼ芽が出て来ちゃって。
このままだとどぼんするときにも芽が出てるんじゃないか?と大変不安。
なんとかお正月を新しいシイタケで迎えたい(?)んですけどねえ。……って無謀かなあ!?!?

2013/12/09(月) 19:10:06 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/351-52d889b0
 |  ホーム  |