お次はグリーン・トマトのサルサ!

 そういうわけで、最後に残ったグリーン・トマトでグリーン・トマトのサルサを作った。もっとフライド・グリーン・トマトを食べたかったのだけど、せっかく22通りも食べ方があるのだから、いろいろ試してみなくちゃいかん。と、探究心の強い私は思った。決してブログのネタがないからではなく!

 サルサと聞いていきなり立ち上がって踊り出す人がいてもかまわないけど、ここで言うサルサは「ソース」のことだ。レシピは「グリーン・トマトを食べる22の方法」 に紹介されていた「グリーン・トマトのサルサ」というヤツから拝借。

● 材料
グリーン・トマト 3、4個(ミニトマトなら10〜12個くらい? 細かく刻む)
トウガラシ 2、3本(種類や色はお好みで。細かく刻む)
赤タマネギ 半個(細かく刻む)
ニンニク 2、3片(潰す)
香菜 1、2本(細かく刻む)
パセリ 1、2枝(細かく刻む)
ライムかレモン 1個
お酢 1/4カップ
塩・コショウ 適宜

サルサ材料 
刻んだグリーン・トマトとその他の材料。これでサルサ・ヴェルデを作ります。

 以上を掻き混ぜれば出来上がり。フードプロセッサーを使えばあっという間にできる。すぐに食べても美味しいし、冷蔵庫で一晩置けば材料の風味が混ざり合ってさらに美味しくなる。

 これはサルサ・ヴェルデというのをグリーン・トマトで作ったものだ。サルサ・ヴェルデ、つまりグリーン・ソースつうのはイタリア版(アンチョビやケッパーなどを使う)をはじめ国によって全然違うバージョンがあるみたいなんだけど、これはメキシコ料理のサルサ・ヴェルデにいちばん近いと思う。サラダ代わりにそのまま食べられるし、肉や魚料理にかけたり、付け合わせにしてもいい。チリ・ソースほど辛くないけど、調味料としても使える。

 朝はスクランブルエッグを作り、熱々のところにグリーン・トマトのサルサをかけて食べてみた。うま〜い! とろとろの卵にスパイシーなソースが混ざって、思わず証拠写真を撮るのを忘れる美味しさだ。

ワカモレ 
グリーン・トマトのサルサとアボカドでワカモレを作っちゃう。

 夜はメキシコ料理のワカモレとペルー料理のセビーチェでラテン気分を盛り上げてみる。ワカモレはアボカドをつぶして作るサラダみたいなものだけど、中に入れる具がグリーン・トマトのサルサとほぼ同じ! サルサが用意できていればあっという間にワカモレが完成する。セビーチェは細かく切った魚介類(エビ、タコ、白身魚、イカ、etc)に野菜やハーブを混ぜて作るマリネみたいなもの。本場ではチリ・ペーストをつけて食べるらしいので、このサルサで代用しようと思ったんだけど、サルサの材料がセビーチェとかなりかぶっているし、辛さが足りないし、この組み合わせはハッキリ言って失敗だった。まあ、そんなに泣くなよ。明日があるさ。

セビーチェ 
ワカモレとセビーチェ。香菜好きとはいえこれは入れ過ぎだ。

 さて、このワカモレなのだけど、最近知り合ったメキシコ人女子に作り方を教えてもらった。シャキーラ似のすんごい美人だ。彼女が言うには「ワカモレを作る際にアボカドの種を捨ててはいけない」。なぜかというと、出来上がったワカモレにアボカドの種を入れておくと時間が経っても変色しないから、だそうな。ほんまかいな〜!? 迷信じゃないの〜!?!? と思ったものの、実際やってみるとほんとに変色しないのである。むむう、マヤ文明恐るべし。いや、たぶん関係ないと思うけど……。

シャキーラ 
この人がシャキーラ。ちなみにシャキーラはコロンビア人。

 彼女が言うには、メキシコでは我々日本人が普段食べている赤いトマトのことを「jitomate(ヒトマテ)」と呼ぶんだそうな。そして「メキシコでトマトといったら緑色なのよ! 日本に来たら全然売ってなくてショックだったわ」と涙目で訴えるのである。
 えええ?? メキシコじゃ青いトマトが八百屋さん、あるいはマーケットで堂々と売られてるんですかい? それって、赤くなる前のトマトなのでわ?
「いいえ、トマトは赤くはならない。ずっと緑のままよ」とシャキーラ。
 う〜ん、シャキーラが言うんだから嘘じゃないだろう。そして、メキシコではサルサ・ヴェルデはその緑のトマトで作る。別名トマティージョというその緑のトマト、今までここであれこれ書いてきたグリーン・トマトとはまったく違うものだった!!!!(つづく)

 

いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2014/01/31(金) | 2013年秋冬菜園突入 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

«  |  ホーム  |  »

とびやん

『No title』

和風な私にはあまり想像のできない食べ物ですね。結局キャッシーラ(似)さんの言うトマトって品種が違うわけですね。つづきが楽しみです。
しかし、どこでそんなメキシコ美人と親密になるんですか?

2014/01/31(金) 21:28:17 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、とびやん様!

> しかし、どこでそんなメキシコ美人と親密になるんですか?

残念ながら、親密ってほどじゃないですよ。
趣味でスペイン語を倣ってまして、そこの臨時講師としてやって来たんです。
通常はベネズエラのおばさんが先生なんですけど!

2014/02/01(土) 09:47:15 | URL | [ 編集]

はじめ

『No title』

またいいこと聞いた~~
サルサソースを手作りとは!!さすがですわw
しかもスペイン語を操り、金髪美人とダンスしまくり!?
私も見習わなくてはーーー!!

2014/02/02(日) 15:00:31 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> 金髪美人とダンスしまくり!?

いや〜、金髪美女とダンスする趣味はないのですわ〜!
しかし、今年の夏はラテン気分充実を図るべく、
パラペーニョとかホットなものを植えてみようかと思ってますよ。イエイ!

2014/02/02(日) 18:13:45 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/360-49d54d67
 |  ホーム  |