キンカン*美味しい活用法

キンカン 
ちょっと色づいたからって収穫してはダメ。2、3月までじっと我慢の子だ。

 前述の通り、我が家には実のならない木がやたらと多いのだが、エディブル意識の高まりとともに果樹も徐々に増えてきている。その中でいちばんの古株が鉢植えにしているキンカンだ。
 ろくな手入れもしていないのに、律儀にも毎年のように小さな実をつけてくれる。ちょうど今がその実の色づき始めるシーズン。くすんだ緑色の葉の間からちらちら覗くオレンジ色の球体は、クリスマスツリーのオーナメントのようでとても愛らしい。

 ああ、それなのに。長年その実をなるに任せて収穫せずにいた(今考えるともったいなさに身悶え……)。収穫のタイミングがわからず、十分色づいたと思って食べても酸っぱくてまずいことが何度かあったし、種が多くて食べにくいのもマイナス要因だった。
見取り図
果樹見取り図。矢印がキンカンの所在地。


 しかし、今年の2月になっているのをふと口にしてみたら……、およ? うまいじゃないですか!? そいつを毎朝飲んでいるパワージュースに入れてみると、キンカンならではのビタースウィートな味がしっかり存在感を発揮してすんごく美味しい! さらに、我が家はジュース作りに「アボカドの種まで粉砕する」というのをウリにしているバイタミックスを使っているので、キンカンの種なんかへっちゃらさ! なのであった。

 かなり量があったので、残りは蜂蜜漬け。作り方は簡単……
1、 よく洗ったキンカンに小さな切り込みを入れ、熱湯に放り込んで3分ぐらい茹でる。
2、 冷めたら竹串で種を取り出す。
3、 瓶に入れて上から蜂蜜をどっさり投入する。

 これをお湯で割ると、冬場にピッタリ、体の暖まるホット・ドリンクの出来上がり〜! となるわけだ。

 しかし、キンカン、そんだけじゃなかったんだね。(つづく)

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011/12/26(月) | 果樹の誘惑 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/37-aff354fd
 |  ホーム  |