ミニトマト、まさかの非常事態!

 日本全国の菜園家のみなさまは、そろそろトマトの収穫期を迎えてエキサイティングな日々を送っていることでせう。我が家もフルーツトマトのフルティカ(以前に「フルーティ」って書いたのは間違いだったのよ)が赤く色づき、サラダにジュースにと活躍を始めている。まだそんなに糖度は高くないものの、初夏の爽やかな味わいがなんともうまい。

フルティカ 
こちら順調に収穫できているフルーツトマトのフルティカちゃんず。

 5月後半にそれまでスクスク伸びていたトマトの枝葉がクルクル巻くという反抗期状態になったものの、その後は順調な成長ぶり。いや、茎が二股になっちゃったりして(肥料過多の症状らしい)決して順調とは言えないんだけど、とにもかくにも株としては大きくなり、花もたくさん咲いて青い実も鈴なりについてきた。むはは、今年もフルーツトマトとミニトマトの勝利は決まったようなものね、などとほくそ笑んでいたのである。

トマトタワー 
トマトタワー。フルティカとプチぷよの2苗が現在元気に成長中……だったはずなのだが。

 ところが、なんと。
 先日、台風が来るというのでトマトタワーを点検していたとき、フルティカとともにタワーを支柱にしているミニトマトのプチぷよに目をやると……
 あ、穴が空いているではありませんか!!

プチぷよに穴 
プチぷよの赤くなりきらない実に穴が!!

 げげげっっと猛烈アセって茂る枝葉を掻き分けてよくよく見ると、穴が空いているのみならず、皮が破れてぶよぶよになった実がある、穴に黒い虫が何匹もたかっている実がある、全体にカビでも生えたように白っぽくなっている実がある……と、とんでもないことになっているのである。あっれ〜!? その2日前くらいには青い実がようやく色づいてきたかな〜(うほうほ)と、なんの問題もなく見えたのに!?!?

 プチぷよにいったい何が起こっているのだろう。プチぷよは5月連休のイッキ植えのときに「果皮が薄く、あかちゃんのほっぺのような新食感ミニトマトです。糖度は高く、トマトの風味に富んで食味は抜群です」という宣伝文句を読んで、あかちゃんのほっぺの食感がどうしてわかるのか、おまえはハンニバルか、などと言いながら購入したものである。いや、別にあかちゃんのほっぺの食感が知りたくて購入したわけではない、といちおう断っておく。

たね 
プチぷよの種のパッケージ。

 それはともかく、今落ち着いてネットでよく調べてみると、このプチぷよの説明には「耐裂果性がありほとんど裂果しません」と書いてあるすぐ下にごくごく小さい字で「病気や日焼けに弱く、果実も柔らかいので栽培しにくく、長距離輸送もむずかしい品種です」と書いてある。くは〜、なななんと、プチぷよは栽培の難しい品種だったのだ。しかも、本人は「裂果しないよ」と主張しているものの、実際は立派に裂果しているではないか!?

被害実 
プチぷよ、病害虫害その他障害のデパート状態。ぷよっていうか、ぶよぶよ。

 さらに調べたところ、「急激に雨が降るとトマトがぐんぐん水を吸収し、実の皮の成長が追いつく前に中身が育って皮が割れてしまう」ということで、プチぷよをハウス栽培、あるいは雨よけつきで育てている人もいることが明らかに。おいおい、そりゃごく一般の家庭菜園で育てられる品種じゃないってことじゃん。そんな高度な栽培技術を必要とする品種をフツーに売っていいのか、Yネヤマプランテイション!!! あかちゃんのほっぺ云々よりも先に説明すべきことがあるだろう!?!? 

ちょっと青め 
まだ未完熟なプチぷよはあまりうまくない。ほんとはサクランボのようになるらしいんだが。

 とはいえ、プチぷよの株にはたくさん実がついているので、梅雨が終わってくれればまた別の展開があるのではないか、とオプティミスティックでネバギブアップな私はまだあきらめきってはいない。それに皮が割れる前に熟しきっていない実を収穫してしまうという手もないわけではない(あんまり美味しくないけど)。最悪グリーントマトで食べるという手もあるし。

アイコ 
アイコ、マイ・ラブ。って、今頃……(去年のトマトタワー)

 しかし、こういう事態になって改めて思うのは、アイコがいかに育てやすくてうまかったか、ということだ。2年ほどつき合って、そろそろ別のコも味わってみたいと今年は浮気してしまったが、その代償はあまりにも早くやってきた。アイコ、ごめんよ、出来心を起こした私がバカだった。
 てなことで、明日はさっそくアイコの苗を買いに行ってプランターに植えようと思っている。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2014/07/12(土) | 2014年春夏菜園やってます | トラックバック:(0) | コメント:(8)

«  |  ホーム  |  »

とびやん

『No title』

えっ、いまからアイコちゃんとより戻そうって?というか二股・・・・三股?

本当はトマトは水分少な目が良いらしく、家庭でも雨避けとかされているようですね。うちは自然任せですが・・・。
簡単なようで、奥が深い!

2014/07/13(日) 13:12:15 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、とびやん様!

> えっ、いまからアイコちゃんとより戻そうって?というか二股・・・・三股?

おーっ! そういわれてみるとそんな気もしないではないですが……
いや、復縁と言っていただきたい!
さっそくアイコちゃんを買ってきてプランターに植えました。
プチぷよはもうタワーから動かせないけど、挿し芽をして屋内でも育ててみようかと。
もはやミニトマトのハーレム状態です!!

我が家もごらんの通りの自然任せっぱなしです。
トマトもズッキーニもほんとは雨除けがあった方がいいみたいですね。
でも、うちの場合、庭に雨除けってむずかしそう。
やっぱりひたすら「初心者でも育てやすい丈夫な品種」を探すしかなさそうです。

2014/07/13(日) 17:38:58 | URL | [ 編集]

はじめ♪♪

『No title』

追い打ちかけるけどね・・・w
うちの愛子ちゃんは絶好調よぉ~~
麗華さんもww
トマトとズッキーニ以外は、なんとなーく
尻すぼみな雰囲気なんだけどね・・・。

一般的に、トマトって丈夫だと言われているのにね。
食感や味にこだわりすぎて、育てにくい品種を作っているのかもね~

2014/07/13(日) 22:14:59 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

うーっ! うちも「秋なり」アイコちゃんで追いかけますからっ!

たしかにねー、プチぷよってマーケットの棚に並べられないほど柔らかいんだよね。
自然界でフツーに存在するはずないよ、ってくらい。
それだけに珍しいから高い値段がついたりすんのかも。
せめてひとつふたつはきれいに熟したのが食べてみたいものだわ〜・

2014/07/14(月) 09:37:35 | URL | [ 編集]

ハニママ

『No title』

うちも昨年まではアイコちゃんでしたが、今年はフルーツガーネットっていうミニトマトにしました^^
味も濃く、破裂もほとんどなく皮も薄く優秀ですが・・・アイコに比べると、実付きが少ないし、草丈も小さいです。
実付きの良さを考えると、1本はアイコがあってもいいかもしれませんね。

2014/07/14(月) 22:22:40 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、ハニママ様!

やっぱりたまには別の品種も……って思っちゃいますよね!
うちもフルーツガーネットだったら良かったのに〜・
とはいえ、それでも「実付きが悪い!」とかブーたれてたんじゃないかって気が。。。

> 実付きの良さを考えると、1本はアイコがあってもいいかもしれませんね。

そうそう。今年はアイコの威力を見直す年になりました。ってまだ終わらせちゃマズいんですけど!

2014/07/15(火) 11:07:27 | URL | [ 編集]

プチぷょらぶこ

『プチの穴』

プチの穴は青虫のせいです。

裂果ではありませんょ!

穴の太さの青虫が近くに必ずいますので捕えて下さいね。

2015/07/25(土) 15:44:47 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: プチの穴』

こんにちは、プチぷょらぶこ様!

> プチの穴は青虫のせいです。
>
> 裂果ではありませんょ!
>
> 穴の太さの青虫が近くに必ずいますので捕えて下さいね。

ああーそうだったんですね!?!?
何もわからずにプチぷよをけなしまくって申し訳ありませんでした。
あとでプチぷよがすごく美味しくて、そんなに難しい種類じゃないことがわかりました。
しかし、青虫が入るって珍しいですよね。
やっぱり美味しさに誘われて来ちゃうのかな?
また縁があったら育ててみたいと思います!

2015/07/25(土) 17:30:36 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/383-1f0bbdca
 |  ホーム  |