絶体絶命、野菜の種まき

 9月半ばには暑さもなんのそので秋冬菜園の準備に駆け回っていた私である。例年よりぐっと早い秋冬への移行に激しく自己陶酔していた自分が昨日のことのように思い出される。
 そーなのだ、今年は天候不順により春夏野菜が絶不調だったため、さっさと見切りを付けてまだ残暑激しい折に早々と秋冬菜園をスタートさせたはずである。

 あのときアセって買い込んだブロッコリー、白菜、ニンニク、ロマネスコの苗は、さすがにとっくに植えてある(詳細はまたいずれ)。しかし、当時ナスがまだ生育していたレイズドベッドにカブ、コマツナ、シュンギクの種をまくのはまたいずれ、などとほったらかしておいたのがマズかった。ナスが終わったあとに遅いバカンスに出かけ、帰って来たら頭はすっかりラテン・モード。ま〜いいじゃん、どうにかなるよ! などとスチャラカしていたら気がつくと11月も後半になっていた。

予定地 
種をまく予定のレイズドベッド。

 そして、恐る恐る種袋をひっくり返して説明書きを見ると……。
 種のまき時のリミット、コマツナは11月中でなんとかセーフだったけど、カブは10月中、シュンギクに至っては10月半ばまで、と書いてあるではないか。ガ〜ン! これはタイムマシーンに乗って時間をさかのぼらなくては。とはさすがに思わなかった。その代わりに紙とクレヨンを取り出してきて、播種見取り図を書き始めた。播種とは、タネをまくという意味じゃよ。いちおう説明しておくが。

秋冬
播種見取り図。真ん中に勝利のVを配置してみた。

 やはり、見ても食べても美味しいエディブル・ガーデンを標榜しておるので、細長いレイズドベッドに何も考えずにただ種をまくことは許されない。ひとくちに葉もの野菜といっても、平たいコマツナの葉、細かく縮れたようなシュンギクの葉、ギザギザしたカブの葉……と同じ緑の中にもバリエーションがある。それが楽しめるよう、レイズドベッドを3分割してみた。
 って、お絵描きしている暇があったら早く種をまけ! とさすがに自分でも思うよ。

 種のまき時を大幅に過ぎていても、世をはかなんで橋の上から身を投げたりしなかったのは、「きっとなんとかなる。今年は不織布を導入するのだから」という思いがあったからだ。昨年プランターで育てたコマツナに不織布をかけたら、驚くほど成長が早かったのである(当社比)。レイズドベッド全体を不織布で覆えば、多少の遅れはきっとなんとかなるだろう。1ヶ月以上の遅れを「多少」と言えるかどうかは疑問だが。

 しかし、狭いといっても我が家のレイズドベッドは長さが3メートル近くある。これにU字支柱を並べて立て、そこに上から不織布をきれいにかけることができるんだろうか。うまくサイズを合わせられるんだろうか。風でまくれ上がったりしないんだろうか。などと、種をまく前から不安要素が続出。やはり素人にはムリなのでは? 見てマズいエディブル・ガーデンでは本来の趣旨に沿わないのでは? 
 そんな苦悩に悶々としながらホームセンターKロガネヤの店内をヨロヨロとさまよっていると……

ガーデントンネル 
これがKロガネヤ・オリジナルのガーデントンネルだよ。あとで見たら透明のヤツもあったよ……しょぼん。

 おおお??? こっ、これは……!?!?
「ガーデントンネル」という名前のついたパック商品。表にはU字支柱に不織布をかぶせたような写真がついている。ザッツイグザクトリーホワットアイウォンテッド! しかも長さが3メートル、まさに我が家のレイズドベッドのために神様が遣わしてくださった商品に違いない!

組み立て 
いちおう説明書なんかもついてるのよね。

 作り方は簡単。すでに不織布にU字支柱を通す管のようなものが設けてあり、不織布がズレる心配がまったくない。カップヌードルを作る程度の時間で立派なガーデントンネルが完成してしまった。あとは種をまいたレイズドベッドの上にこいつを乗せるだけ!

組み立て完了 
あっという間に完成だ〜い!

 うおー、ピッタリですよ。白い不織布がきれいに張られているので庭の一部としてもそんなに違和感ないし(と思うことにする)。それになんたって暖かそう。この中で種がさっさと芽を出し、冬の寒さや悪い虫どもから守られながらぬくぬくと大きく成長してくれることを祈らずにはいられない。

庭全体図 
遠目にも素敵だわ。てか、その前にホースなんとかしろ、ホース!

 って、しかし、これじゃ播種見取り図を描いた意味がまったくないような……。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2014/11/27(木) | 2015年秋冬菜園事情 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

実は、今日サカタのタネの人が来たんですよ。
で、うちも冬野菜が遅れて、10月半ばに種まきしたって話をしたら、
「うーーん、今年は難しいかも」って言われちゃいました・・・(´;ω;`)ウッ
秋の一日は春の何十倍もあるらしく、
一日過ぎただけで全然生育に違いが出るそうな。
来年は、9月中に種まきする!って心に誓った私です・・・

2014/11/30(日) 17:34:12 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

あうあうあう**** と今、呼吸困難になりました。
や、やはし遅すぎたか!?!?!? 
まーたしかに11月の後半はあまりにも常識外れだ、って今頃言ってみる。
サカタのタネさんがそーゆーんだからこりゃ絶対だわ。って権威に弱いわたし。

> 秋の一日は春の何十倍もあるらしく、
> 一日過ぎただけで全然生育に違いが出るそうな。

そうなんですかー、これからは秋の一日一日を大切に生きるようにします。
ってそうゆう話じゃないか。でもなんかロマンを感じちゃう。

私も9月中はむりでも10月中旬にはなんとかするわっ!
って喉元過ぎても忘れないようにしなきゃだわ〜・

2014/11/30(日) 17:44:58 | URL | [ 編集]

reeee

『』

まずは、成功をお祈り致します!

私事ですが、、、
10月中に播種した青梗菜や春菊やカブ等は問題無く育っておりますが、
まだ種余ってるし、と11月中旬に播種した同じ野菜達は、驚く程成長しておりませんT^T
不織布かけております。
ただ、奥の手のビニールを被せるという方法もあるようなので
まだ様子を見ようと思っています。
(隣の畑のプロっぽいおじさまは、
無理じゃね〜かなぁ〜と仰ってましたが。)

2014/12/04(木) 13:36:31 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: タイトルなし』

こんにちは、reeee様!

> まだ種余ってるし、と11月中旬に播種した同じ野菜達は、驚く程成長しておりませんT^T

うちは11月後期に播種しましたが、驚く程成長しておりません!!!
いや〜冬だなあ!って思う今日この頃。。。
でも、きっと春には収穫できるはず。長期計画で頑張るわん。

> ただ、奥の手のビニールを被せるという方法もあるようなので
> まだ様子を見ようと思っています。

不織布の上からビニールを!?!? そんな強引なやり方があるのですかいな。
なんか本格的ビニールハウス栽培みたいな。

> (隣の畑のプロっぽいおじさまは、
> 無理じゃね〜かなぁ〜と仰ってましたが。)

おじさまにひと泡吹かせるべく、トライしてみてください。
結果ご報告、楽しみにしております!!

2014/12/04(木) 16:30:28 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/401-030042c9
 |  ホーム  |