2015年、波乱の幕開け

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!


 などと何事もなかったような顔で言っているが、長らくのご無沙汰でござんした。冬休みの宿題がなかなか終わらず、庭どころじゃなかった、ブログの更新どころじゃなかったのである。それでも正月は来るから酒は飲むご馳走は食らう、酔っ払っているから仕事は進まない、それでもやっぱりゴーンガールとホビットは見ないわけにはいかないなどという諸事情が重なり、かくも長き不在となってしまった。 

 しかし、それも終わった。今や行く手には一点の雲もない。将来が不安なくらいヒマになった。なので今年はブログ更新をバリバリいたす所存です。どうぞよろしくお付き合いください。などと言っても全然ほんとっぽく聞こえないのが悲しい。

ロマネスコ 
12月半ばのロマネスコ。元気いっぱい!

 新年なのだから景気のいい話題でスタートしたいものだが、我がエディブル・ガーデンのどこを探してもそんなうまい話は転がっていない。ていうか、むしろ悲惨なことになっている。ただでさえ少ししか植わっていない冬野菜のひとつであるロマネスコが、今や存亡の危機に立たされているのである。

 これは10月半ばに二階のテラスのプランターにブロッコリー3兄弟を植えたとき、ひとつだけ鉢植えにして庭に接する駐車場で育てていたもの。あの頃の庭はまだ夏野菜を引っ張っていたもんだから、冬の準備なぞにまったく気が向かず、ブロッコリーとカリフラワーの仲間であるロマネスコの苗を植えたというだけでも、ずぼらなエディブル・ガーデナーにしては奇跡の偉業であった。

 そして冬。緑のめっきり減った庭を背景に、ひときわ鮮やかで力に満ちた葉を太陽に向かって広げていたのがこのロマネスコである。が、それも12月の末のある日までのことだった。

ぼろぼろ 
ロマネスコ、存亡の危機。一株しかないんだから、これがダメなら全滅だ。

りゃりゃりゃ、こ、これはいかなることであるか!?!?!?
 あの厚みのある緑の大きな葉がすっかりなくなって、傘の骨のような軸が残っているばかり。毎日観察していたわけではないものの、おそらく2、3日の間の出来事であろう。

 もちろん病気が原因ということもある。虫がつくということも考えられないわけではない。しかし、現場を一瞥しただけで私の脳裏に容疑者の顔とこれまでの犯歴、そして犯行の手口がはっきりと思い浮かんだ。

 待ったなし。すぐさま竹の支柱と大型のビニール袋を用意するとロマネスコのまわりをぐるりと覆うようにかぶせた。犯人よ、これでも手が出せるものなら出してみろ。
 なにしろ我が家にたったひとつのロマネスコである。全部食べられてしまうわけにはいかぬ。これだけ葉がなくなると光合成ができないんじゃないかと不安になるが、なんとか生き延びてくれるよう祈るしかない。

ざまおみろ 
ビニール行灯仕立て。寒さからも守られてよろしいんじゃないでしょうか。

 さて、その数日後。ふと二階の窓からテラスを見ると、普段はそこにいないはずのもの、いてはいけないものがいるではないか。しかも、ブロッコリーのプランターにかがみこんで怪しげな行為に及んでいる……
こら〜っ!!!!!!!
 私の怒号で犯人は踵を返し、犯行現場からすぐさま退散した。驚くべき速さゆえ追跡はできなかったが、そこにいたのは正しく私が容疑者とにらんだ相手だった。第二の犯行現場となったテラスのプランターを調べてみると、ブロッコリーの葉が食い散らされていた。ちっくしょー、あのヤロー!!

食われてる 
ただでさえ成長の悪いブロッコリーなのに、葉っぱまでボロボロよ〜

 ここではもう3年以上も野菜や植物を育てているが、かつて犯罪にさらされたことは一度もなかった。つまり、ロマネスコのビニールカバー作戦で切羽詰まった犯人は、自ら家屋に侵入するという危険を犯しているわけだ。ヤツも相当追い詰められているようだな……なんて他人事みたいに言っちゃいられない。二階のテラスまでビニール巻きにするのかと思うと頭が痛い。痛すぎる。

 さらにさらにそのまた数日後。気がつくと庭のケール畑がえっらく涼しいことになっている。このケール畑、去年の春に作って以来ずっと朝のスムージー用に葉っぱを提供し続けてくれていて、冬になっても霜が降りても枯れる気配がない!! と喜んでいたのだけど、今や葉っぱがすっかりなくなってしまった。もちろん、犯人は推理するまでもなくわかっている。

kaleまでも 
これではケールの冬越しは無理か。がっくし……

 かつては「あーっ、まずい!」と宣伝された青汁の元であり、実際虫のついたことがまったくない(多分まずいから?)ケールにまで手を出すとは、犯人はすっかり自暴自棄になっているのだろうか。それともエディブル・ガーデナーへの挑戦か。あるいはたんなる愉快犯なのか。

犯人はこのお方 
犯人はこのお方。

 まったくなー、毎年毎年こいつにはやられてるよ。本音を言えば散弾銃をぶっ放してヒヨドリのオレンジソース添えとかヒヨドリの粗塩グリルにしてやりたいところだが、表向きは私も動物愛護の人なのでじっと我慢である。毎日餌台にリンゴを置いてやってるのに、ケールの方が好きなんだってさ。勝手にしてろい!



いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015/01/05(月) | 2015年秋冬菜園事情 | トラックバック:(0) | コメント:(10)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

ヒヨドリかぁ~~~~(;´Д‘A ‘‘‘
奴らは何でも食べるからなぁ~
ひらひらした紐(荷造り用)を付けるだけで、
効果がある場合があるよ。
鳥は羽が絡むのを嫌がるかららしい。
ヒヨにも効果があるといいけど。

うちのブルーベリーはこれで食べられなくなった。
(ヒヨ被害じゃないけどね)

2015/01/06(火) 10:06:32 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> ひらひらした紐(荷造り用)を付けるだけで、
> 効果がある場合があるよ。

しぇー! ほんとですかいな!?!? やってみます!!!
こっらー安上がりですぐできそう。

うちはブルーベリーはほとんどやられてないんだけどねー。
てか、ほとんど実がなっていないっていうのが真相なんだけど。
あー、鳥の害に頭を悩ますほどブルーベリーなってくれないかしら。
今年こそ。。。

2015/01/06(火) 11:18:11 | URL | [ 編集]

reeee

『』

鳥がこんなに葉もの類を食べるとは知りませんでした😱
絵的にはお庭に鳥ちゃんが来るなんて素敵な感じなのに、
なかなか手強いですね。

2015/01/06(火) 13:53:11 | URL | [ 編集]

ハニママ

『No title』

明けまして、おめでとうございます^^

どっかでみたようなスカスカのロマネスコ・・・と思ったら、うちも同じ状態です。犯人も同じです(泣)
みるみる葉っぱがなくなっていくので、でっかいイモ虫なんだと思ったら、ヒヨドリでした。
急いで、防虫ネットをかけたんですが、あんまり復活してきません^^;
冬は、虫の心配がなくていいと思ってたんですが、美味しいものは、いつも誰かしら狙ってるんですよね(笑)

2015/01/06(火) 15:48:53 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: タイトルなし』

こんにちは、reeee 様!

ヒヨドリは菜園家の敵ですよ! 野菜が好きなんです。
しかもやってくる鳥の中でいちばんブサイクで声も可愛くな〜い!
もっと綺麗な鳥だったら我慢もできるのに〜・といつも思ってます。

2015/01/06(火) 17:43:17 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、ハニママ様!

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

おお、HATAKEでもロマネスコを!! しかもヒヨドリ被害に!!
みんな悩みは一緒ですねえ、

> みるみる葉っぱがなくなっていくので、でっかいイモ虫なんだと思ったら、ヒヨドリでした。

うーっ、そんなでっかいイモ虫にも遭遇したくないですけど、
ヒヨドリよりはイモ虫の方が捕まえやすい気も。。。

しかし、あんなにボロボロになっちゃって花(蕾?)はできるんでしょうか!?
うちのは今のところなーんもありません、って感じです(泣)

2015/01/06(火) 17:56:48 | URL | [ 編集]

リン

『ginfoo様』

あけましておめでとうございます~
去年の19日からずっと休みなく仕事でございます
(とほほ・・・)
半日休みは2日ほどありましたがまだ3日ほど頑張らないと~(自営業はツライ・・とぼやいてみた)
1~2月にはブラックベリーの木の剪定?
などと考えてはいますが寒くってやる気も失せます~
(まぁ、やるのはダンナですが)手伝いぐらいしないと・・
ginfoo様はいつもはいつ頃なさっていますか?

2015/01/11(日) 00:15:57 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: ginfoo様』

こんにちは、リン様!

お仕事お疲れ様です。
でも、仕事があってこその自営業ですから頑張っていきましょう!
などと、暇になった今は完全に他人事状態ww いえいえ、冗談ですよ!!

> 1~2月にはブラックベリーの木の剪定?

げげ、そうなんですか!?
ブラックベリーの剪定やったことないんですよ〜・
だから何年たっても実が収穫できなかったのかあ。
では、今年こそやってみます。寒いから、また後日。。。

2015/01/11(日) 09:33:36 | URL | [ 編集]

リン

『ginfoo様』

★こんにちは~♪(*^^)
うちのブラックベリーはもう5年目でしょうか・・
苗は3本でダンナが単管パイプ(知り合いに頂いた)で
ビクともしない棚を、収穫するウチの背に合わせて組んでくれました。
これは畑の端に場所があるので栄養が凄いらしく
毎年太い木(枝ではない)に育って物凄い新しい枝がごちゃごちゃに伸びて大変な事になります。
始めは「勿体無い」と出た枝をみんな結束帯で結んでたらジャングルと「可」したのでガンガン剪定する事に・・・
夏に生った木は冬に切って新規に出た枝を土上30cm以上の場所に誘引しています(下だと収穫しずらいので)
花が咲いたら「油カス」あげてます~
葉の前にあげると葉ばかりで実が少なくなるそうです。
うちではこんな感じでしょうか
来週の休みにダンナが剪定してくれるそうです~~

2015/01/16(金) 17:23:48 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: ginfoo様』

こんにちは、リン様1

うちも5年くらいになるんじゃないかな〜・
まあ一苗ですけどね。
国華園の苗なので呪いがかかっているのかも??
あと、日当たりが悪いのと土壌が良くないのと、ケア不足が敗因かと。
ごちゃごちゃになって困ってみたいものです。
ってか、別に伸びなくていいんだけど、せめて一度くらい実を食べてみたい。
どんな味かも知らないので〜(涙)

2015/01/16(金) 18:17:06 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/405-abd66ee4
 |  ホーム  |