ミニチュア・ブロッコリーを収穫!

 明けて2015年、我がエディブル・ガーデンで初収穫となったのは、なんとあのミニチュア・ブロッコリーである。昨年、都内の食品メーカーにより開発されたばかりの新品種で、生育に場所を取らない、コンパクトで輸送しやすい、調理時間が短い、などのメリットが生産者や販売業者のみならず一般主婦やハリウッド・セレブからの熱い支持を得て、今や売り切れ続出の事態になっている野菜である。これはもうココナッツオイルに続く一大ブーム間違いなし、と評判の逸品である。

小さい花蕾 
これが巷で話題のミニチュア・ブロッコリー。頂花蕾が4センチというコンパクトさだ。

 なんて、今年もつまらない嘘を考えているオレがいる。あーあ、なんかなあ。
 ミニチュア・ブロッコリーというのは、昨年10月上旬に二階テラスのプランターに植え、3ヶ月ちょいの時を経て収穫に至ったブロッコリーに私が与えた名称である。ブロッコリーと呼ぶにはあまりに小さくて、普通のブロッコリーが「一緒にすんな!」と腹を立てるんじゃないかと気が引けてしまう。しかし、ブロッコリーの出来損ないと片付けてしまうのではせっかくそれなりに一生懸命成長してきた彼らに申し訳ない。ということで、犬にもミニチュア・ダックスとかミニチュア・シュナウザーとかいるんだから、ブロッコリーにミニチュアがいて何が悪い、という心意気でそう呼ぶことに決めた。だからって小さいブロッコリーになんらかの魅力が加わったような気が全然しないのが悲しい。

 まーヨタ話はこれくらいにして。本来ならブロッコリーの実、じゃなくて花蕾(からい、と読むのよ。私も今知ったけど、ブロッコリーの食べる部分であるつぼみの名称よ)は直径10センチくらいになったら収穫、ってことになってるんだけど、うちのプランターに植えてある2株のブロッコリー、待てど暮らせどそんなに大きくならない。そのうちに小さなつぶつぶ(ひと粒ひと粒がつぼみなのよ)が店頭で売られているもののように膨らんできて、「10センチになるのをいつまでも待っていると花が咲いちゃうんじゃないか?」と心配になってきた。で結局アブラナ科の花(菜の花)なんぞ見とうないわ、てなことでバサッとやってしもうた。ひとつは直径6センチ、もう片方は4センチってとこだろうか。いかにも小さい。

収穫 
2株分の花蕾。これじゃ赤字だわ。

 もしかして、間違ってスティック・セニョールとかいう茎ブロッコリー(脇芽として伸びる茎部分と小型の花蕾の両方を食すのよ)を植えていたんじゃないか? 今回収穫したの以外にも次々脇芽が出てきてじゃんじゃん収穫できるんじゃないか? と執念深い期待を抱いて妄想したものの、やっぱりうちのヤツは小さいながらも偉そうに主軸のてっぺんになっているし、他に目立った脇芽もない。悲しいかな、普通のブロッコリーであらせられるようだ。

 しかしなあ。実はすでに2013年2月、我がエディブル・ガーデンにてブロッコリーを初収穫しているんだけど、あのときは直径10センチ弱の大きさはあったはず。この原因は、いや、この敗因はなんであろうか。と、犯人探しが始まった。
 まー、犯人といえばまず、あのお方。ヒヨドリの野郎であろう。昨年暮れあたりから大胆にも二階テラス内(天井ないけどね)に侵入し、ブロッコリーの葉っぱをバリバリに食いまくっていた。おかげで光合成ができずに成長が阻まれてしまったに違いない。
 むむ。でも、考えてみたら2013年もヒヨドリの野郎は葉っぱをバリバリに食いまくっていたよなあ。それでも花蕾はもっと大きくなったのに。。。

やや大きい 
スティック・セニョリータだったりしないのだろうか。しないんだなあこれが。

 2013年はプランターでなく地植えだったということもあるかもしれぬ。だけど、30センチの深さがあればプランターでも栽培可能のはず。株間だって40センチくらいあるし。
 なんでなの〜とネットで調べていくと、「ブロッコリーの頂花蕾が大きくならない場合、いちばん多いのは肥料切れと乾燥です」という衝撃の記述が見つかった。むむう。施肥担当者は誰あろうこの私、水やり係員はダンナである。
私「やっぱり水不足が原因だったのよ。冬だからって水やりがお留守になってたんじゃないのっ?」
ダンナ「何を言う。それより肥料不足が問題なのでは? 2週間に一度の肥料が必要なのだぞ?」
 なんと醜い責任のなすり合い。収穫できたブロッコリーより引き起こされた家庭争議の方がはるかにデカかった、という結果になった。

 だがしかし。まだ絶望してはいけない。ブロッコリーのプランターにはまだもうひとつ「すずなりブロッコリー」というのが生息しているのだ。他のブロッコリーが花蕾をつけているのにこちらの方は花蕾の気配などまったくなく、ヒヨドリ被害もほとんどなく、いったいどーなっておるのだろうてめえやる気はあるのかと説明書を読んでみたらば……

すずなり 
これが噂のすずなりブロッコリー。同時期に植えたのにただ葉っぱが茂っているだけ。

 なんと収穫は2月以降。まだまだこれからなのである。そしてさらに「ブロッコリーの最高峰」、「レストラン指定の大人気ブロッコリー」、「甘くて美味しい!! ドレッシングいらずのスイートなブロッコリー」、「一株で40本収穫できる」、「つぼみ・茎・葉すべてを美味しくいただけます!」などとうまい話がてんこ盛りに書いてある。うほほ〜っ、これは期待して良さそうだ!! などと、うまい話に踊らされてウルトラ万次郎詐欺に遭ったことなどもうすっかり忘れているお気楽なオレがいる。真偽のほどはまたいずれご報告いたしまする。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015/01/12(月) | 2015年秋冬菜園事情 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

スティックセニョールでも肥料切れがありますから、
ブロッコリーは肥料食いですよね~~
今の時分のブロッコリーなら、夏前まで収穫できるんじゃね?
まだまだこれからですよ~~

その、究極のブロッコリーのレポ、楽しみに待ってます!!

2015/01/15(木) 11:08:22 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

肥料切れでスティックセニョール化してしまったのかと思っていたら。。。
しかし、そのスティックが1本しかないとゆうのがつらいー・

> 今の時分のブロッコリーなら、夏前まで収穫できるんじゃね?
> まだまだこれからですよ~~

まじすか? 今さらバサバサ肥料あげてるんだけどにゃ。
気長にかまえてようっと。

> その、究極のブロッコリーのレポ、楽しみに待ってます!!

これもダメならブロッコリーが嫌いになりそうです!!

2015/01/15(木) 11:58:21 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/406-75f8c6ec
 |  ホーム  |