ブルーベリー増産宣言

 ブルーベリーは我が家につねに生育している果樹である。にもかかわらず、朝の食卓にブルーベリーが並んだり、ブルーベリーでお菓子を作ったり、ブルーベリーのおかげで1キロ先の標的が鮮明に見えるようになったりしたことがない。まあ普通そこまで効果はないと思うけど。

ブルー 
ブルーベリー。あくまでもイメージです。

 それもそのはず。小市民のケチ根性でいつもホームセンターのちっこい安売り苗をなんの考えもなく行き当たりばったりに購入しているので、植えたはいいけどしばらくすると枯れてしまうのだ。その季節になると2、3粒食べた記憶はあるものの、気がつくといつのまにか地面に突き刺さった棒となっていて、引き抜くと根が全然なくなってすでにミイラ化している、なんてことの繰り返し。

 安いからと小さな苗を買う→買った苗を植えるたびにピートモスだのパーライトだの土壌改良のための資材を買う→小さく安い苗なので見落としがちになり、水やりや施肥がおろそかになる→あっさり枯れてしまう→悔しさのあまり暴飲暴食に走る→ブルーベリーを摂取しなかったため目が悪くなり仕事の能率が下がって収入に影響が出る→ますますケチになる→振り出しに戻る。
 まさに負の連鎖、貧困のスパイラルである。安い買い物をしたと思っていても、実際にはそれが引き金となってあちこちで無駄金を捨てているのだ。

オニール13 
2013年10月、届いたオニールくん。箱入り息子ですわよ。

 てなことで心機一転、巨費を投じてブルーベリーの大苗を買って貧乏暮らしから脱却し、華麗なる英国貴族の仲間入りを果たしてやろうじゃねいか! という大志を抱いてサザンハイブッシュ系ブルーベリーのオニールを購入したのは2013年10月のことである。
 さすがに高い買い物なので多少勉強し、接木苗というのにしてみた。台木が丈夫なので、本来寒いところで育つブルーベリーが日本全国どこでも栽培可能なんだとか。しかも「挿し木苗に比べて苗が大きくなるので収量が増えます。さらに果実が大きくなり甘みが増すなどの品質もアップ!」だそうな。このようにうまい話がいっぱい並んでいることからも推察できる通り、買ったのは国華園のネット通販で、である。まあこれはウルトラ万次郎の一件の前の話だから仕方ない、ってことにしておこう。

オニール植えた 
まだ暑さの残る10月の庭でポーズを決めるオニールくん。

 届いたのは接木1年生苗で、¥2600(プラス送料¥700)という清水の舞台的高価格。それだけに、今まで購入していた安苗とは違う枝ぶりで、まだ夏の終わりとあって緑の葉が勢いよく生い茂っていた。
 なぜサザンハイブッシュ系にしたかというと、我が家にかろうじて残っていた1本がサザンハイブッシュ系だったから。同じ系統の違う品種を並べて植えると受粉しやすく実がなりやすいと聞いたのだ。しかし、華麗なる英国貴族を目指しているくせに、どうしてここで一気に二本購入しないかなあ。どうして古い安苗を後生大事にとっておくかなあ。

オニールの花 
けなげに花などつけるオニールくん。いや〜、もっとつけてほしいんだけどな。

 案の定、2014年の春、ピッカピカの一年生オニールくんは花などつけて頑張ってくれたのだけど、古安苗は鳴かず飛ばずで、その年の終わりには地面に突き刺さった棒と化していた。ここでサム・スミスのようにメランコリックになって涙ぐんだりすることはない。今こそオニールくんの婚活のチャンスだ。せいぜいリッチで元気でイケイケの苗を購入して、素敵な春を迎えさせてやろうじゃないか!

届いた 
やってきた新入り君のガルフコースト。でっかい箱にどーんと入ってきた。

 かようなわけ次第で、サザンハイブッシュ系の接木2年生苗を探した。どうもブルーベリーの植え付けは年末までに済ませておくのが理想らしく、ネットで探してもタイミングが悪いのかあまり売られていない様子。しかし、井戸園芸というところでガルフコーストなる品種が¥1944(プラス送料¥900)で売られていて、丈夫で栽培も楽らしいので注文してみた。しかも、安い、よねえ?

ラベル 
ガルフくんのラベル。なんかでっかい実がなりそうでワクワク。

 速攻で届いた苗は、赤く色づいた葉がかろうじて3、4枚ついている程度であとはすっかり落葉した後。でも、主軸枝はしっかり太めで樹勢もありそう。うちのオニールくんもすでに接木2年生になってるはずなんだけど、新入りのガルフコーストの方がずっと大きい。やっぱり我が家の過酷な環境では育ちが悪いのかしらん、と切ない気分になる。これからはオニールくんとガルフくん、仲良く手に手を取って互いに切磋琢磨し合いながら大きく成長してほしいものだ。

二本 
2本並んで植えました。樹間やや狭いかもだが。手前がガルフくん。

 なんつって、そんな他人事みたいに言っていてはいかん。井戸園芸から苗とともに送られてきた説明書にはあーせよこーせよと厳しい指令がいっぱい。よーし、 高い苗なんだからこの指令にバッチリ従って今度こそ精魂込めてお育て申し上げるわっ。
 しかし、我が庭にはブルーベリーの生育を阻止せんとする抵抗勢力があったのだな。続きは次回。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015/02/09(月) | 果樹の誘惑 | トラックバック:(0) | コメント:(6)

«  |  ホーム  |  »

とびやん

『No title』

私はブルーベリー栽培がメインでありますが、難しいですね。育つ株と育たない株の違いが分からない!
ハイブッシュはことごとく調子を崩すし・・・・・やっぱり接木がいいかもしれません。私は自作接木作成中です。(だって高いもん。)
でも・・・・地植えでも水切れします?過湿も良くないようですよ。水持ちが良くて排水の良いとう矛盾した用土がお好みのようです。
さて、ブルーベリーの育成の抵抗勢力って?続きが楽しみです。参考にさせてもらいます。

2015/02/09(月) 22:33:52 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、とびやん様!

おお、接木自作ですか〜!! 私は挿し木すらできそうもないですけど。

> 水持ちが良くて排水の良いとう矛盾した用土がお好みのようです。

なんかわけわかりませんねえ。品種によっても過湿を嫌うヤツとかそーでないのとかあって、オニールとガルフに同じだけやっていいのか!?とか悩んでしまいます。
って、そーゆーときは大抵同じだけやるのが我が家の掟ですが。

> さて、ブルーベリーの育成の抵抗勢力って?続きが楽しみです。参考にさせてもらいます。

参考にならないのがこのブログの掟ですww

2015/02/10(火) 11:58:43 | URL | [ 編集]

みず花蓮

『No title』

初めてコメントさせてもらいます。みず花蓮と申します。
いつも、面白く拝見させてもらっていましたが、リンクさせていただけたら嬉しく思い、コメントさせて貰いました。
よろしくお願いいたします^ ^

さて、ブルーベリーですが、ウチの実家も、よく枯れてしまいます。どうも、地植えは難しいのかもしれません。。
テラコッタプランターに植えてこの場所に置いてみては、いかかでしょう??プランターならブルーベリーの培養土を入れれば、一年はそのまま放置ですよv
土を酸性に仕立てるでしたかね?これが、難しいのかも・・・。

私は、88円で買ったものですが、まだ生きてます。
4~5年経って剪定の仕方もわからず、ビシバシ切られてますが、散髪の苦手なお母さんって事で、家の前に堂々とそびえています(笑)

2015/02/11(水) 10:15:00 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

はじめまして、みず花蓮様!

コメントありがとうございます。どんどんリンクしてくださいませ!
よろしくお願いいたします。

なるほどー、そんなに酸性土を維持することが重要なわけですね。
今までは最初に植えるときにピートモスなどを入れるだけで、あとはほったらかしでした。
だから短命だったのかも。。。
プランター栽培もいいけど、ブルーベリー畑にしたかったんですよね。
って、たった2本並べただけで畑とはよくゆう、って感じですがw

> 私は、88円で買ったものですが、まだ生きてます。

す、すごい!! 弟子入りしたいですww
そおかー、剪定も重要なんですね。って、今頃びっくりしてていいのかオレ。。、

2015/02/11(水) 10:52:32 | URL | [ 編集]

はじめ♪♪

『No title』

井戸園芸さんの苗、うちもトリプルクラウンを買ったわ~~
2度、植えた場所が悪くて死にかけたけど、
今はすごく元気にでかく育ってます~

お勧めのブルーベリー屋さんは、土っこ倶楽部。
すんごい苗(というか木)が届きましたよ。

あと、土にパーライトを混ぜ込むと、排水も保水もしてくれるのでお勧めっす。
酸性にはそんなにこだわらずとも、大体酸性だから、
そんなに気にすることはない。と私は勝手におもっちょります。

2015/02/13(金) 10:11:47 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> 井戸園芸さんの苗、うちもトリプルクラウンを買ったわ~~

おお、世間は狭い! なんかちょっと安心しました〜
って、これで園芸店のせいにできなくなっちまったか。

> お勧めのブルーベリー屋さんは、土っこ倶楽部。
> すんごい苗(というか木)が届きましたよ。

しかも安い! って見なきゃよかったわん。

> あと、土にパーライトを混ぜ込むと、排水も保水もしてくれるのでお勧めっす。

そーなんだ。説明書に書いてあったのでいちおう入れたけど、
もっと入れればよかったかなあ。
こんなにブルーベリーに情熱を傾けたことってかつてなかったかも。
これで収穫なかったら泣く〜!

2015/02/13(金) 12:41:50 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/409-40a4dcfd
 |  ホーム  |