これが2015年春夏菜園の全貌だ!

 そういうわけで人跡未踏の荒れ野を切り開き、ついに悲願の新菜園を完成させたのであるが、ここで勝利の美酒に酔って電車を乗り過ごしたり二日酔いに苦しんだりしている暇はない。春夏菜園に向けての準備はもはや待ったなしだ。ていうか、もうとっくに始まっていないとまずいのだが、例年通り人様の数歩後ろを行く我が家、新しく作った新菜園(新レイズドベッド)以外はすべての菜園スペースが前回の作物を撤収したときのままになっている。根っこなんかまんま地面の中に残っていて、その上に雑草が繁茂していたりする。花なんか咲いたりもする。いかんな〜、これではいかん。まずは雑草、根っこ、ゴミなどをすべて取り除き、徹底的な天地返しをし、しかるのちに家庭ゴミ由来の堆肥を入れ、酸性度チェックをして苦土石灰をまき、最後にボカシ肥をすき込む……という作業をせねばならない。これに3週間はかかるだろう。うわ〜頭いて。誰がやるんだオイ? 

全体像 
室内から庭を望む。奥にある新レイズドベッド以外はまだ手付かず。

 水は低きに流れ、人は易きに流れるのが世の常。エディブル・ガーデナーも例外ではござらん。厳しい土木作業はおいといて、もっと楽でファンシーなことからスタートすることにした。それは春夏菜園の栽培計画を立てること。知的でスタイリッシュな私にぴったりのお仕事だわ。と、周囲の人心を寒からしめる発言をしつつ、どどーんとやってみたのでご覧いただきたい。

新ハーブ園&新レイズドベッド
菜園
  旧多年草園は今年から新ハーブ園として出直すことに。主要アイテムはアーティチョークとルバーブという、いかにも西欧かぶれのガーデナーが陥りそうな、普段の食卓には上りそうもない2種。アーティチョークは現在種から発育中で、ルバーブはサカタのタネに発注済みだ。タイムとミントとフェンネルは旧多年草園から移植済み。これから種をまくチャイブが不安要素かな。あと 隙間に買ってきたハーブ苗を適当に植えるつもり。

 さて、懸案の新レイズドベッド。なんとここにトマトタワーを持ってくる予定だ。これまで連作に弱いトマトを3年間同じトマトサークルで土を入れ替えつつやってきたのだけど、いい加減マンネリなので新菜園を開拓したこの機会にガラリと新展開に打って出てみたい。さらに3年連続でチャレンジしながら思うような結果が得られないズッキーニも、ここならある程度のスペースを使って育てられるのでは。あとはお決まりのバジル。さらにまわりをレタスとケールで囲み、4隅には花(サンパチェンス)も配してビジュアル度もアップ。って、果たしてそんなにいっぱい植えられるほど広かったかなあ、新レイズドベッド……

メイン・ガーデン
菜園_0001
 はてさて、トマトタワーなきあとのトマトサークルだが、やっぱり中心には背の高いものを持ってきたいので、トウモロコシに初挑戦することにした。そしてその足元でエダマメもやってみちゃう。どちらも種から育てるので私にとってはむちゃくちゃ危険な賭け、って感じなのだけど、もう失敗には慣れっこなのでショックでひきこもりになったりはしないだろう。

 メイン・ガーデン通路側は、サトイモとショウガの一緒植えというのに挑戦だ。日なたを好むサトイモと日なた〜半日陰を好むショウガを一緒に植えるとスペースが有効利用できるのである。……なんて知ったようなことをほざいているが、これはサカタのタネのカタログの受け売りで、サカタのタネに言われるがままに高額なサトイモやショウガの苗を購入してしまった。これまでK華園で激安ものに慣れていた身としては痛い出費だが、いったん足を踏み入れてしまったハイソな世界、もう後戻りはできなくってよ。

 メイン・ガーデンの家側は今年も去年と同じ場所でキュウリを栽培いたす。去年は天候不順のためいまいちの結果だったのでそのリベンジといきたい。その前の空き地にはナスかトウガラシを植え、いつものように大葉とイタリアンパセリを両端に配す予定。って、連作障害はどーすんだ!? ということに関してはまた次回。

旧レイズドベッドまわり
菜園_0002
 さて、庭の隅の葉もの菜園、現在はジャガイモが生育中。ふふふ、こっそり冬の間に仕込んでおいたのさ。これが終わったらソッコーでナスでも植えようかと思っている。
 
 そしてレイズドベッドだが、大胆にもニンジンを種から育ててみることに。ニンジンは毎朝必ずジュースに入れているので我が家的には非常に需要の多い野菜だ。とはいえ、ニンジンは実のところ「植えるな危険」の野菜でもあるのだけど、もうすでに我が家では野菜を「装飾的」基準で選んだりしていないのでいいでしょ。問題は、以前フィンガーキャロットという小型ニンジンの種をまいてひとつも収穫できなかったこと。今回はうまくいく、という公算はまったくないのだけど、懲りずに再挑戦。これだけのスペースを使って全滅だったらさすがのオレもメゲそうだな。。。

 一階テラスの大型透水プランターは例年通りニガウリの苗を植え、グリーンカーテンをやる予定。我が家の夏の風物詩だからこれは欠かせない。つって、このプランターを使うなら、土を全取っ替えしないと連作障害が起きちゃうじゃないですか。いったいどこから土を持ってきて、この土をどこに持っていくつもりなんですか。と、毎年頭を悩ませていることには、新しい解決策を取ることにした。詳しくはこれまた次回。



いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015/04/08(水) | 2015年春夏菜園準備します | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

すごい野望を聞いてしまったよ!!(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
これは負けそうだぁぁぁぁ
うちもしょうがは今年初挑戦しようと思っているのだが、
サカタのタネのお値段でひるんだのよね・・・・
そろそろHCで種しょうがが出始めて、お値段チェックしてからと思っている私は、まだ貧乏人・・・・。

あっ!!
枝豆スペース忘れてたよ!おれ!?
うちも枝豆・・・どこに植えようか??

と言いつつ、枝豆はあまり肥料がいらず、
トウモロコシは多肥ではなかったかと思うのだが・・・・
トウモロコシはたくさん作らないと後悔するほど、
おいしいのよ~~~ww

2015/04/09(木) 11:35:51 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

そーなのよお〜。すごいのは野望だけで現実が伴わないところが問題なのじゃが。
実現したら、今年こそ勝つかも!?  しないしない。。。

> そろそろHCで種しょうがが出始めて、お値段チェックしてからと思っている私は、まだ貧乏人。

いやあ〜、今頃じゃかじゃか入ってくるHCの広告見て、こんなに安いじゃん!?
って衝撃を受けているところです。
あのときは「ショウガなんてサカタのタネじゃなきゃ売ってないよね!?」
みたいな気分になっていたのね。熱に浮かされていた私。。。

> と言いつつ、枝豆はあまり肥料がいらず、
> トウモロコシは多肥ではなかったかと思うのだが・・・・

な、なななんと! トウモロコシなんてメキシコの荒れ野にも生えてるから
放っておけばいいんだと思っていたわ。
ああ〜また読みと計算の甘さが露呈してしもうた。

> トウモロコシはたくさん作らないと後悔するほど、
> おいしいのよ~~~ww

そこまでいう? じゃもートウモロコシだけにしちゃおかなあ。

2015/04/09(木) 11:58:41 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/416-e51cdfb0
 |  ホーム  |