ジャガイモを食べまくる

 そういうわけで、新ジャガがどっさり(というほどじゃないけど)手に入った。しかし、今頃になって気がついたのだが、家庭菜園でジャガイモを育てている人で今どきメイクイーンなんぞ栽培している人は皆無である。アウトオブファッションである。そりゃそーだ。メイクイーンなんてどこでも売ってる。珍しくもなんともない。収穫量の多さが取り柄で、味はみなさんご存知のジャガイモ味。そんなもん、わざわざ育てようなんて誰が思うでしょう。いや思わない(反語)。
 どうやら、家庭菜園ピープルの間でいちばん人気はキタアカリみたいだ。たしかに近所のスーパーじゃ手に入らない。青山紀ノ国屋とかで目ん玉の飛び出るような値段で売られている(妄想)。なんでも採れたては特にホクホクで、生食も可、というのは嘘だが、レンジでチンしてジャガバターなんかにすると10個、20個は一気食いらしいよ。くそおー。
 他にもインカの寝覚めだかインカの寝だめだか、いろいろ選択肢はあったはずなのに、どーしてうちはメインクーンなの!? いや、それは猫の種類だって。

IMG_3819.jpg 
メインクーンのチビイモ。これはフライパンで焼いたけど、レンジでチンでもオッケー。

 それはともかく、フガフガ言ってないで採れたてのジャガイモをエンジョイすることにいたそう。 採れたて新ジャガの素晴らしいところは、包丁も皮むき器も不要、洗うときにタワシでゴシゴシやると皮が剥けちゃうこと。いや、剥かなくても平気なくらい皮が薄い。てなことで、いちばん最初はちっこい小芋を選んで、まず皮ごとオリーブオイルで炒めたのを蒸し焼きにしたのち塩コショウで行ってみた。
 いや〜、なんかこれ、メイクイーンそのものじゃん。まーたしかに採れたてだけあって新鮮な気がしないでもないが、感動で泣いたりするほどほくほくでもふかふかでもなく、いつものジャガイモ感が炸裂。やっぱりいつものメイクイーンだからなのかすら。

IMG_3822.jpg 
ジャガイモの横のグリーンサラダは全部我が家で採れた野菜だよ。アスパラガス、レタス、キュウリ、ケール、ルッコラ、バジルなど。

 そうかいそうかい、しょせんメイクイーンは普通のジャガイモでしかないのなら、「料理に向いている」という特徴を生かして、ジャガイモ料理に挑戦してやろうじゃねいか!てなことで、珍しく包丁握って台所に立ってみましたよ。まず挑戦したのは「スウェーデンのハッセルバックポテト」というヤツだ。ヨーロッパで大人気とかで日本でもおしゃれなカフェ料理として大ブレーク中。今や嫁入り前の女子が肉ジャガの作り方を覚える前に習得しておくべきなのがハッセルバックだと言われている。いや、言われていないからご安心ください。

 材料はメインクーンもといメイクイーン大一個、ニンニク一片、オリーブオイル大さじ4、パルメザンチーズ、塩。ほら、家にある材料で今すぐ作れちゃう。唯一むずかしいのはジャガイモに2ミリ間隔で切り込みを入れるとき、深く切り込みすぎて本体が切断されないようにすること。ジャガイモの両脇にお箸を置いて切ったらうまくいきました。その切り込みに、潰したニンニクとオリーボオイルと塩少々とパルメザンチーズ少々を混ぜたものを流し入れて、220度のオーブンで50分焼いたら出来上がり。見た目も面白いし、上の部分はカリカリ、中はホクホクの食感も楽しい。ゴージャスなパーティ料理にも使えそうだし、おやつにも最高。レシピはこちら

IMG_3823.jpg 
これがハッセルバックポテト。メインクーンの形がぴったりなのよ。

 お次は「ヤンソンさんの誘惑」、これまたスウェーデン料理だ。スウェーデン、寒くて野菜の種類が少ないから(なのか?)ジャガイモの食べ方に相当こだわってる気がするね。これは北欧の代表的作家トーベ・ヤンソンさんとはなんの関係もなく、ヤンソンさんという菜食主義者がいたらしい。で、この料理にはアンチョビが入ってるんだけど、あんまり美味しいもんでついつい食べてしまったという。そんな逸話からのネーミングなんだけど、日本じゃ考えられないよね。「田中さんの誘惑」とか言われても食欲わかないし。

 材料はメイクーン3個、玉ねぎ1個、アンチョビ10枚、生クリーム1カップ、バター・塩コショウ・パン粉適宜ってことで、ごくごくシンプル。作りかたはこちら
 ジャガイモと玉ねぎとアンチョビを順に重ねたものを二重して上から生クリームをかけて焼く、というだけの手抜き料理なのに出来上がりはなんだかグラタン風。もっとこってりがいい人は上からパルメザンチーズをふるといいみたい。心ほっこりの家庭料理なんだけど、ジャガイモが一段リッチな感じで楽しめちゃうという。ヤンソンさんじゃなくてもおかわりがほしくなる!?

IMG_3831.jpg 
スペイン風アジのマリネ、ハム野菜サラダと一緒にヤンソンさんの誘惑。一人用のグラタン皿でやってみたわよ。

 てなことで、新鮮なうちに美味しく食べようと、他にもジャガイモの煮物、ジャガバター、ジャガイモサラダと連日のジャガイモ攻勢が続いている我が家(コロッケとか自作できないのが悲しい)。ジャガイモばかりの食卓なんて、北の辺境の地の開拓民みたいな気がしてこなくもないけど、負けないわ。そして、来年は目指せ、キタアカリ栽培!!



いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015/06/23(火) | 2015年春夏菜園実施中 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

インカの寝だめww爆

どちらの料理も知らないわぁ~
八っセルボっちゃんは作ってみよう~~っと。
ヤンソン田中さんも生クリームさえ用意すればOK!!

キタアカリをうまい~~って言っているけど、
来年、「キタアカリ、普通じゃん!?」って言われたらどうしよう~~(;´Д`A ```
ほくほくはしているよ。
あと、コロッケおいしいよ・・・ww

2015/06/24(水) 22:20:29 | URL | [ 編集]

リン

『ginfoo様』

メインクイーンのお料理めちゃくちゃ美味しそう~
小さいおじゃがは、うちは「チン」してから素揚げで塩でハグハグです♪
昨日、ダンナとお義母さんがジャガイモ収穫してました。
うちもメインクイーンも作ってますよ
(お料理しやすく日持ち良いそうです)
メインは「北アカリ」で50キロ
もうちょっとすると「アンデスレッド」って言うのが
30キロぐらい収穫見込みだそうです。

「インカのめざめ」はスマスマで流行る前から作って
ました~
作り難く収穫も少ない品種で小さい。。
でもめちゃ甘い。
始めは面白がって作ってましたが食べ方が
「フライ」か「焼き」位で段々飽きてきて今は手を出しません。
甘すぎるのでカレー、肉じゃが、ホテトサラダに向いていないです~

2015/06/25(木) 00:23:07 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> 来年、「キタアカリ、普通じゃん!?」って言われたらどうしよう~~(;´Д`A ```

それより、ボケの悪化で来年もメイクイーン植えてたらどうしよう!?!?

> あと、コロッケおいしいよ・・・ww

我が家はてんぷらとコロッケやったことないのよー。
自分ちのジャガイモでコロッケ作ったらおいしいだろねー。人生観変わるかも。。。

2015/06/25(木) 09:55:59 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: ginfoo様』

こんにちは、リン様!

> メインは「北アカリ」で50キロ
> もうちょっとすると「アンデスレッド」って言うのが
> 30キロぐらい収穫見込みだそうです。

うひゃー、さすが!!!

> 「インカのめざめ」はスマスマで流行る前から作ってました~

あ、それで流行ってるんだ……って今頃知ってしまった私ですw
そんなに甘いのかー(って食べたことない私です)
甘いジャガイモっていうのもたしかに使い道に困るかもね。
石焼き芋とか?
って、今度見つけたらトライしてみまーす!

2015/06/25(木) 10:10:05 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/426-88e77e39
 |  ホーム  |