トウモロコシ初戦敗退

 相変わらず極度のガーデン・ブルーで、家庭菜園のことなど一切考えたくない、布団をかぶって寝ていたいあるいは昼間から酒浸りになりたい今日この頃である。しかし、深い反省とお詫びのないところに未来の繁栄はありえないと思うので、イヤイヤながらもこのガーデン・ブルーを招いた事態について真剣に検証してみたい。それも、ズバリ、「どうしてトウモロコシはうまくいかなかったのか」についてである。

IMG_3945.jpg 
数少ない成功例。ゆめのコーン85。トウモロコシ栽培はプロでも敬遠するらしいわよ。

 私がどんだけトウモロコシに精力を注いでいたかは過去記事をごらんいただきたい。
 その1 
 その2
 その3
 この夏の私のMAXな期待を背負って、MAXに大きくなって、MAXなうまさで応えてくれるはずだったトウモロコシ。しかし、フタを開けてみれば美味しく食べられたのはかろうじて最初の2本のみ(2本うまかっただけでもありがたいというべきか)。あとはゴチゴチに硬くなってたり、全然実が入っていなかったり、えっらい小さかったり、という有様。
 マニュアル通り、人工授粉をしたり、余分な雌穂を取り除いて一本にひとつの実がなるように本数調整したり、害虫よけに実にネットをかぶせたりしたのに、である。それだけ労力をかけてこの結果かい!? これでは悔しくてとても成仏できそうもない(ってまだ生きてるけど)ってんで、ネットでいろいろ調べまくった結果、以下のような理由が明らかになってきた。

IMG_3899.jpg 
ベビーコーンも収穫。元肥が少ないせいか、ちょっとしかつかなかったわ。

元肥が足りない。
 トウモロコシはものすごーく肥料食いな植物で、堆肥・元肥はふんだんに施さなくてはならないらしい。トウモロコシというとメキシコやグアテマラの荒れ地に育っている印象があったので、やせ地でも育つ丈夫な植物と思い込んでいた。だから、確かに畑の準備はいい加減だった気がする。まあ考えてみたら、中南米で売られているのはちっこくて色の濃いトウモロコシばかりで、日本のスイートコーンみたいなのは見たことないもんなあ。肥料の足りなさゆえに実が大きくならなかった、ということやね。

IMG_3946.jpg 
トウモロコシのヒゲはひとつひとつの粒につながっているんだって。てっぺんの方はヒゲに花粉がつかなかったのね。

受粉の失敗。
 今頃になって知ったのだけど、トウモロコシは他家受粉の植物なんだそうな。他家受粉といっても他人の家に押しかけて何かいかがわしいことをしてくるわけではなく、雌穂に雄穂をつけて受粉させる場合、雄穂が別の株のものであることが望ましいんだと。えええええええええええええ〜!?  全然ひとつの株の雌と雄で受粉させてましたよ!?!?!?
 我が家の場合、農薬は使わないので、アワノメイガの被害を防ぐため、雄穂を人工受粉後切り落としていたのだ。アワノメイガというトウモロコシにたかる害虫は雄穂から侵入するので必要のない雄穂は取ってしまった方がいいというのを読んだからだ。この雄穂を取っていなければ人工授粉などしなくても花粉が勝手に飛んでそこらへんにある雌穂にくっついてくれるらしいのだが、我が家の場合それができない。そのためいちばん最後に獲った実はほとんどまったく受粉ができなかったようで1、2粒しか入っていなかった。
 なるほどなー。つまり、人工授粉なんてしなくていいから、雄穂をいつまでもキープしとけってことか。しかし、おかげでアワノメイガの被害を受けることはまったくなかった。今さら嬉しくもないけど。

IMG_3892.jpg 
株はけっこう茂ってるように見えたけど、実は小さかったわー。どこ?って感じ。

収穫の遅れ。
 上記の理由のおかげで、そもそも我が家のトウモロコシは小さかった。にもかかわらず、「トウモロコシってもうちょっと待てばもっとでっかくなるよね?」などと思い込んでいつまでも収穫しなかったせいで、水気が抜けた乾燥トウモロコシになってしまった。最初の実を収穫したとき「あれ〜? まだ粒が入っていないところがある。収穫が早すぎたかな?」とアホすぎる勘違いをして、収穫をさらに遅らせたのが致命的だった。プロは畑で成熟させる前に収穫しちゃうらしい。それほど収穫期の遅れたトウモロコシはまずいってことか。異議なし。

IMG_3944.jpg 
もし今度植えるとしたらもっとぎうぎうに植えて収穫量を上げたいものだわ。

 そんなこんなで、初挑戦トウモロコシは初戦敗退に終わった。あーくそ、憎いトウモロコシ、もう顔も見たくない、二度と栽培するもんか! という気分と、ここまで失敗の理由を徹底検証したのだから、来年再チャレンジしてリベンジか? という気分が相半ばしている。でも、2本だけなんとかうまくいったトウモロコシはほんとに美味しかった。甘くてみずみずしくて、夏の庭のウキウキ沸き立つような幸せな香りがした。うーん、じっくり悩んでみようか。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015/08/17(月) | 2015年春夏菜園実施中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

わかるわぁぁぁぁぁぁ!!
っていうか、2年目にして初めて知ったよ。
雌穂のひげ一本一本に受粉させないとだめなの!?
適当にやったから実が半分しかついてなかったりしたんだ。
そもそも、雄穂が出たときに豪雨で花粉がなくなったのが痛いかったわ・・・・
雄穂のいいやつを冷凍保存しておくといいってどこかで読んだよ。
2年目にして惨敗をした私。
一応来年、3度目の正直を狙う予定・・・・w

2015/08/18(火) 09:13:34 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

いやあ、トウモロコシ、謎が多すぎ!

> 雌穂のひげ一本一本に受粉させないとだめなの!?
> 適当にやったから実が半分しかついてなかったりしたんだ。

農家の人は人工授粉しないみたいよー。
雄穂の花粉が自然に降りかかるような状態に2、3日おいておけば受粉するんじゃないかなあ。
やっぱ雄穂はたくさんあるに越したことはないのね。

> 雄穂のいいやつを冷凍保存しておくといいってどこかで読んだよ。

その手があったか! って、今だからそう思う。。。

> 一応来年、3度目の正直を狙う予定・・・・w

ううう、考えさせていただきます・・・・w

2015/08/18(火) 11:44:13 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/434-f8a03230
 |  ホーム  |