消えた紅くるりの謎

 本来ならば今頃はそろそろ収穫期を迎え、連日の紅くるり祭りが繰り広げられていたはず、サラダにスープに漬物にと食卓を真っ赤に彩っていたはず……の紅くるり大根。なのであるが、ない。ない。ない。食卓の上ばかりか、キッチンにもない。菜園にもない。或る日突然、忽然と姿を消してしまったのである。

20121127_2170ff.jpg 
これが紅くるり(画像無断転載)。切った中身も同じように赤いのよ。

 知らない人は知らないと思うので説明しておくが(とえらそーに言ってる私も最近までまったく知らずはじめさんのブログで知ったのだけど)、紅くるりちゅーのは外皮のみならず中まで赤い色の大根なんだね。その赤さたるやワインさながらで、ご飯に混ぜて炊くとお赤飯になっちゃうほど。もちろん人工着色ではなく、ポリフェノールがばっちり含まれているからであって、つまりアンチエイジング効果もバリバリなのよ。しかも大根としても美味だというじゃないですか。これを栽培するのはエディブル・ガーデナーの使命だわ、宿命だわ。

 と思って、サカタのタネで432円を投じて種を購入、大型透水プランターにまいたのは9月末のことだった(いつもまきどきリミットぎりぎりね・汗)。説明書によると株間30センチで、一ヶ所に3粒程度まき、「茎色が赤くないものや生育の悪いものを間引いてください」とのこと。へえーそんなに小さいうちから茎が赤くなっちゃうわけ? しかも根じゃなくて茎が? やはし並みの大根じゃござらん感じだ。

IMG_4053.jpg 
紅くるり、種まきから2週間ちょいでもうこんなに赤い。早く大きくなれ〜!

 紅くるりの種は意外やあっさりと揃って発芽。発芽率100パーセントくらいの勢いだ。そして種をまいてから2週間ほど経つと、説明書の通り茎の赤さが非常にハッキリとしてきた。うわうわ、なんだかすごく可愛らしくて間引きする気になれなーい! よし、もうちょい様子を見てからどいつを残すか決めることにしよう。とりあえず虫などにやられないよう不織布でもかけておくか。

IMG_4064 (1) 
普段は虫よけ不織布など面倒臭いのでしないオレだが、紅くるりだけは特別だ。並ならぬ情熱を感じてほしい。

  ……と、その数日後のこと。不織布ごしにチビ紅くるりの生育具合をチェックした私は凍りついた。昨日まで赤い茎を伸ばして元気に双葉を広げていた紅くるりの姿はどこにもなく、地面には途中でちょん切られた茎と葉がばらまかれているのみ。30本ほど出ていたと思われる双葉はほぼ壊滅状態になっている。

IMG_4055 (1) 
元気に伸びていた双葉ちゃんが……誰が幼い命を奪ったのか。絶対許せん!

 い、い、いったい何者が紅くるりベイビーズを断首・殺害に及んだのか!? 虫が入らぬようすっぽり不織布を被せておいたのに。オンブバッタであれば不織布をくぐり抜けて侵入することはできないはず。不織布を被せる前にチョウが卵を産みつけてアオムシが発生したということはありうるが、アオムシであればその場にとどまっているはずだから現行犯で逮捕できる。では、ナメクジ? 元からそこにナメクジがいたならば犯行に及ぶ可能性はあるが、彼らは犯行現場や逃亡経路にピカピカ光る跡を残す。証拠がないのであればナメクジ説は成り立たない。むむう、この完全密室犯罪の犯人は誰だ!?

IMG_4065 (1) 
キリングフィールドと化したプランター内。今や紅くるりは壊滅状態だ。犯人は何者!?

 と、改めてプランターの土を凝視していると何かがゆっくり・もぞもぞと移動しているのに気づいた。あれっ、こ、これはもしかして……ダンゴムシ!? そうか、昼間だからほとんど活動していないが、もしかしたらダンゴムシがこのプランターに居ついているのかもしれん。さーて、どうする!?!?(つづく)


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2015/11/27(金) | 2015年秋冬菜園挑戦中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

なるほど~~~
そういういきさつだったんですね。

うち、完全無農薬はあきらめて、
軽くオルトランだけ撒くからなぁ~
だから苗のときに虫食い被害になることは少ないわ。
つづきよろしく!!

2015/11/29(日) 12:13:51 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

そういういきさつだったんですよー(泣)
その前にニガウリの苗を植えたときは全然オッケーだったから油断してたんだす。
しかし、発芽したばかりの小さな双葉とかはヤツらの大好物みたい。
そーえば今まで何度こいつらのせいで種から栽培に失敗してきたことか。
それを忘れてる自分がいちばん怖いんだけど。。。
リベンジいたしますわ!

2015/11/29(日) 14:43:23 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/446-fb841c97
 |  ホーム  |