ケール、一年中食べまくり

 ケールの素晴らしさについては今までさんざん吹聴してきたので、改めてここで述べるまでもないとは思うが、それでは書くことがなくなって今日の更新ははいこれまでよになってしまう。ので、巷で喧伝されているケールのご利益についてまたもやちょいと取り上げてみよう。

「ケールは栄養価が非常に高く、特にビタミンAはニンジンの2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上、その他ビタミン、ミネラル、クロロフィル、ギャバ、植物繊維、たんぱく質なども豊富で、最高の野菜といえます。また、抗酸化物質のルテインも多く含まれます。これにより、
*がん予防が期待できる
*生活習慣病の予防が期待できる
*美肌、若返りが期待できる
*家内安全・夫婦円満が期待できる
*心願成就が期待できる
*災厄消除が期待できる


 と、嬉しいことばかり。これで新年にS野厄除け大師に行く手間が省けるというものである。

IMG_4261.jpg 
我が家のカーリーケール近影。緑色のトイプードルに見えなくもない。やっぱり見えないか。

 しかし、常日頃からそんな多大な期待を抱かず、毎日を地道に生きている家庭菜園家にとってケールが素晴らしくも嬉しいのはそんなことが理由ではない。と思う。

 では、エディブル・ガーデナーにとってのケールの魅力とはいったいなんなのか!?
 ズバリ言おう。簡単に育てられて、一年中収穫できることだ。
 どのくらい簡単かとゆーと、私のごとき種まき迷人であっても種から楽勝で育てることができる。初めてケールを育てることにした2年前は近所のスーパーマーケットの野菜売り場でケールを見かけることはまったくなく、もちろん苗がホームセンターで売られていることなど皆無で、やむなく自分で育てたのだが、発芽率はえらく良く、害虫や疫病にやられることもなく、アレヨアレヨという間に収穫できるようになった。

IMG_4174.jpg 
ケールとジャガイモの炒め物。作り方は忘れましたが、うまいに決まってる!

 驚くのはまだ早い。いったん収穫できるようになると次から次へと新しい葉っぱが出てきて、収穫が途切れることがないのである。夏の暑い時期でも、冬の雪の中でも、日照りの冬も寒さの夏も、青々とした葉っぱが絶えないというのは本当にありがたい。私など、ほとんど毎朝のように1枚摘んできてはパワージュースに入れているので、この2年間で身長が2センチ伸び、金運はアップ、待ち人は来るし、失せ物は出てきた。というのは悲しいかな現実ではないが、元気に過ごせているのはケールのおかげかもしれないと思って朝日に手をあわせる今日この頃だ。

IMG_4175.jpg 
いろいろサラダ。品種によって生でもオッケーだが、ちょっと湯がいたほうがうまい。

 2年前はあまり見かけなかったケールだが、今や我が家の近所でも見かける日常野菜になってきたようだ。近所で青汁用として売られているのは葉っぱの平べったいタイプのヤツ。これは私が1年目にまいたのと同じもので、2年目にまいたのは葉形がギザギザクチャクチャしたカーリーケール。後者の方が薄めの葉ゆえ生でも食べやすく、ちぎってサラダに入れれば視覚的にも可愛いので、私は気に入っている。ケールには他にもいろんな種類があるらしく、ダイナソー・ジュニアもといダイナソー・ケールというのがモコモコ系の葉っぱで面白そうなので、ぜひ種を見つけて育ててみたいと思う。

 そんなこんなでさまざまなケール料理にトライしてみたが、ここで2つだけ紹介しておこう。

IMG_3851.jpg 
ケールと長ネギのフライドライス
材料
ケール たっぷり 茎を取り除く
オリーブ油 小さじ1
ニンニク 1片 みじん切り
長ネギ 1本 1センチの斜め切り
玄米 炊きあがったもの丼一杯
しょうゆ 少々

* ケールの葉を長さ半分に切って、さらにそれを斜めに切り、細いリボン状にしたものを3分茹でる。
* フライパンを小〜中火にかけてオリーブ油をとニンニクを入れ、茶色くならないように気をつけながら2、3分かき混ぜる。
* 中火にしてケールと長ネギを2分炒め、さらに玄米を加えて2分かき混ぜる。
* しょうゆで味を整えつつ、さらに30秒〜1分炒める。

 ケールの軽い苦さがポイントになったイタリア風(?)あっさり焼き飯。簡単にできて美味しい! ビールがぐびぐび行けちゃう。

IMG_4264.jpg 
ケールとキヌアのサラダ
材料
* キヌア カップ1/3 2倍の水で15分炊く
* ケール たくさん 茎を取り除いてさっと1、2分湯がき、細かくする
* クランベリー カップ1/3 水で戻して細かく刻む
* ひまわりの種 適宜
* トマト 適宜
* ドレッシング 3倍酢などがオススメ

 材料をすべてボールに入れてよく混ぜ合わせ、最後にお酢系のドレッシングで味をシメる。キアヌは『ビルとテッドの大冒険』で知られる米俳優であるが、キヌアは彼とはまったく関係のない雑穀で、ハリウッドセレブが大好きということで注目を浴びているスーパーフードだ。何しろ白米と比べてタンパク質2倍、食物繊維8倍、カリウム6倍、カルシウム10倍、マグネシウム7倍、リン7倍、鉄8倍。さらにリノレン酸、オレイン酸、オメガ3・6、パントテン酸、ナイアシンなどなどありがたい成分がいっぱい入っている。それにケールを足したこの栄養満点サラダを食べれば、明日にもハリウッドからお呼びがかかるのも夢じゃない。エキストラ以上のもんじゃないとは思いますが。
 シャワシャワしたケール、プチプチしたキヌア、ポリポリしたひまわりの種など、いろんな食感が楽しめるサラダだよ。

IMG_4262.jpg 
真ん中にある小さなツブツブがケールの花の蕾だ。

 はてさて、連日お世話になっているケールだが、先日よく見たらカーリーケールの葉っぱの間に花芽が付いているではないか。花に栄養を持って行かれてはたまらんのでさっそくちょん切って(もちろん食べて)やった。ケールは2年草なので、こんなところでひと花咲いてもらったりしては困る。後半の1年も脇目も振らずに新しい葉っぱを提供していただきたいものだ。

 と、「ケールは2年草」と書いておきながらなんなのだが、2年前に種から育てた1号目のケール、去年の暮にお役目を終えて枯れかけてきたので、「ああ、ついに寿命が来たのか」と思っていたら、春になって葉っぱが出てきて、今や花までつけ、3年目に向けて意欲満々なところを見せている。

IMG_4272.jpg 
こちら3年目に入ったケール第1号。カーリーの花とはちょっと違う感じ。

 んん? 2年草じゃないのか? 茎のあたりなどずんぐりして茶色くなって、なんだか木になろうとしているんじゃないか!? と心配なような嬉しいような気分になってくる。このまま立派な樹木に成長して通年じゃんじゃん新鮮な青葉を提供してくれたら、こんな嬉しいことはない。今後葉物野菜をよそで買い求めることは激減するだろう。などと、またしても取らぬタヌキとなって腹づつみを打つのに余念のない今日この頃なのだった。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2016/04/12(火) | 2015年秋冬菜園挑戦中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

まーじーでー!!??
そんな、金運アップ、健康アップの食品があるなんて。
しかも勝手に3年も育つなんて!!
これは慌てて種を探さねば!!

うちの敷地から石油が出たら何かお礼します。w

2016/04/14(木) 13:49:22 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> うちの敷地から石油が出たら何かお礼します。w

あああー、それで穴掘ってたんだ!!!
というのはやや冗談ですが。
金運は保証の限りじゃないけど、育てやすいのは保証します!

2016/04/14(木) 18:33:51 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/459-5599b8c3
 |  ホーム  |