ニンニク、リベンジ収穫祭


 初挑戦で昨年植えたニンニクが、ついに収穫の日を迎えた。
 というのはウソで、そういえば2014年にも植えていたんだよな。でもそれは中国産の安物だったせいか、私の植え方と管理が悪かったせいか(たぶん後者)、アブラムシにやられてボロボロになって一巻の終わりとなったのだ。今となっては忘れたい過去、地の果てに追いやってしまいたい記憶であって、私の中ではもはやなかったことになっている。決して認知症を患っているとかではない(今のところは)。と信じたい。

IMG_4032.jpg 
10月上旬、マルチの上に位置決めしているところ。その後ほとんどが無事に発芽した。

 で、心機一転、暗い過去を葬り去って、新たに超高級ニンニク、ニューホワイト六片を植え付けたのは昨年10月上旬のこと。そのときの真っ赤に燃えるがごとき情熱と、失敗は許されないという切迫感については過去記事をごらんください。

 植えた当初は、投資金額の多さゆえに毎日のように見回りを慣行、地面に熱い吐息をかけたり(マルチしてるのにね)、出てきた芽を撫でたりさすったりして必死の育苗活動にいそしんでいたのだが、いつのまにかやめてしまった。なにしろニンニクは収穫まで半年以上もかかるうえ、長ネギの青いところがダラーンと伸びてるだけみたいな、視覚的にきわめて魅力に乏しい植物なので、とてもじゃないが愛情が持続しないのである。で、春先にちょいと追肥したのみで、結局今回もほぼ放置プレイになってしまった。しかし、それでもまったく虫がついたり病気にかかったりしなかったのは、サカタのタネの厳選した高級品種だからに違いない(と信じたい)。1580円の投資の甲斐があったというものだ。

IMG_4200.jpg 
ニンニクって半年くらいずっとこんな感じ。手間はかからないけど、視覚的にはパッとしないまくり。

 そのニンニクに異変があったのは5月後半になってから、そろそろ収獲してもいいのかしらん? みたいになってきてからのこと。なんと茎の途中にぽっこりニンニクができちゃっているのである。れれ!? ニンニクってこんなふうに実がなるんだ!?!? とニンニク初体験の私は驚いた。しかしなあ、それにしちゃあまりにも小さいよ、2片くらいしか入ってないよ、これでニューホワイト六片だなんてゆったら立派な詐欺だよ、と思ってネットで調べたら、これは珠芽(しゅが)といって、むかごと同じものらしい。といってむかごが何かまったく存じ上げませんので、私には聞かないでいただきたい。ようするに、小さいけど食べられるらしい(そこだけが重要!)。それ以外はトウ立ちもすることなく、順調に生育してくれた。とはいえ、ニンニクのトウは「ニンニクの芽」として売られているものなので、ちょっと食べてみたかった気もするけど。

IMG_4433.jpg 
茎の途中にニンニク出現。早く取っちゃわないと、肝心の地下の実が大きくならないんだって。

 そして6月4日、葉先の半分から3分の2くらいが枯れてきて、ばったり倒れ伏している株もいくつかあったので、いよいよ収獲のタイミング。幸い梅雨入り前で3日ほど晴れの日の続いた後だった。
 まずは庭の端のカーブ菜園。根元の方を持ってぐいっと引き上げると、おおおおお、ちゃんと一人前のニンニクになってるじゃん! あのバラバラにした1片が今やひとつのニンニクになっているなんて、なんだかオーオーオー、イッツ・マージック! ネバビリーブイッツナットソー、って感じ。感激である。しかも、ここに植えたほとんどの種が見事に発芽して実を結んでいるのだからすごい。うーん、ニンニク栽培、これはノーリスク・ハイリターンな投資といえよう(って、前回の失敗は完全に忘却の彼方)。

IMG_4448.jpg 
葉が枯れてきて茎が傾いたらいよいよ収穫のサイン、なんだって。

 だがー、実は不満があった。ニューホワイト6片として送られてきた立派な種ニンニクほどのサイズに成長しているものが非常に少なくて、多くはその3分の2くらいの大きさ。中にはニューホワイト3片みたいな、XSサイズのものまであった。ふにゃーん、うちの庭ではサカタのタネのニューホワイト6片をもってしても大きくなってくれないってこと!?

IMG_4450.jpg 
カーブ菜園のニンニク収穫。数は多いんだけど、小さいのも多かった。こうやって1日は畑に広げておくらしいよ。

 と、今度は駐車場のプランターのニンニクを収穫してみた。これはカーブ菜園に植えきれなかった2個ほどのニンニクを無駄にするのが惜しくてぎうぎうに突っ込んでおいたヤツである。ダメもとで引っこ抜いてみると・・・
こっちの方が全然でっかい!!!!
 カーブ菜園に地植えしたのよりぐっと大きくて、ほんとにニューホワイト6片そのものな立派なニンニクがざくざく! 世の中わからんもんやなあ。やはり違いは日照か。カーブ菜園は庭の隅っこであんまり日当たり良くないんだ、ってことを今さらながら実感した。よおし、次回はプランターで目指せ大量収穫だ!
IMG_4451.jpg
こりゃ売り物になるよ、と思うくらいに立派に育ってくれたニンニク坊ちゃんず。

 てなことで、大小合わせてほぼ30個ほどのニンニクが収穫できた。我が家は大のニンニク好き。まだ乾燥もさせていないうちから、素揚げにしてほくほくのを食べたり、スパイシーなスパゲティのアーリオオーリオにしたり、麻婆豆腐を作ったりと連日のニンニク三昧。

IMG_4454.jpg 
なかなかの収穫量。吊るして乾燥させる前に扇風機で徹底的に水分を飛ばした。

 さらに、やはりこうゆうめでたいときなので、普段やらないニンニクのオイル漬けやニンニク醤油もやってみた。やり方はよくわからんので、テキトーにニンニクを剝いてゴロゴロしたやつを密閉容器に入れ、それぞれオリーブオイルと醤油でひたひたに。こいつを2、3年おくと、ニンニクの香りとコクが滲み出た素晴らしいエキスができちゃうらしい(2、3年はウソで、実は2、3ヶ月でいいらしい)。ニンニク醤油の方は使っても醤油を注ぎ足しておけば半永久的に使えるらしい(これもウソで、せいぜい5年くらいらしい、っていうのもウソ)。家にこうゆう秘伝のタレみたいなのがあるのは嬉しいものだ。そいつが自家製だなんて、こんなに素晴らしいことがあるでしょうか。いやない(反語)。

IMG_4461.jpg 
ニンニク醤油とニンニクオイル。ほんとはバーニャカウダソース作りたかったけど、足りなかった。。。

 そうこうしているうちにニンニクはどんどん消費され、残り20個を切ってしまったけど、こいつを乾燥させて保存することに。収穫後梅雨に入ってしまったので、3昼夜くらいずっと扇風機の風にあて、そののち5、6個ずつの束にして紐でクリクリと結んで、先日縁側の天井に設置した野菜乾燥用棒に吊した。先に並んだタマネギ軍団に、今やニンニクが参戦、という感じで、うおおおー、ますますカントリーハウス感高まりまくりだよ〜・

IMG_4466.jpg 
いちばん右がニンニクで、他はタマネギ・ボーイズ。期待ではニンニクだけでこんくらい並んで欲しかったんだが。

 しかし、いくら我が家のニンニクがうまいからってちょっとニンニク料理が続きすぎたかもしれない。なんだか最近半径5メートル以内に人が寄ってこないような気が。臭ってるか私!? しかし、おっとそうだ、まだソパデアホ(ニンニクスープ)やってなかったよね、やんなきゃやんなきゃ!



いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2016/06/11(土) | 2015年秋冬菜園挑戦中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

おめでとうございます!!!
ニューホワイト六辺、ここらでも作れるんだね!!
うまくいってよかったよ~~
うちはやっぱ食用はむつかしかったわ。
なんたって産地がスペインだからねww
気候も違うし、日本語通じないしね・・・。

うまくいった記事読むと、
また挑戦してみようかなぁ~って気分になる。
けど、ダメダメ・・・・。場所取る!!

2016/06/15(水) 15:39:40 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

ありがとうございます。なんとか満足できる結果に。

> なんたって産地がスペインだからねww
> 気候も違うし、日本語通じないしね・・・。

あ、それで前回の中国産ダメだったのかも!?!?
中国語、ニーハオとサイチェンしか知らないもんなあ。

> けど、ダメダメ・・・・。場所取る!!

いやいや、プランターもありだと私は信じてますよ。
来年はプランター一本に賭けてみようと思って、
サカタのタネに平戸ニンニク頼んでみた。
懲りるまでやるわっ!!

2016/06/15(水) 20:35:35 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/467-10d529ef
 |  ホーム  |