2016年秋冬菜園待ったなし

 全然残暑厳しくないじゃん、これじゃ梅雨じゃん、とか天に向かって(というより気象庁の方角に向かって)文句を言っているうちに9月が過ぎていった。しかし、エディブル・ガーデナーはひと昔前のラッパーのように胸の前で腕組みしながらただ文句を垂れていたわけではない。尊い労働もいっぱいやった。死に物狂いでやった。なんとなれば、9月中に植えたり、まいたりしなければならないものがたくさんあったからだ。もっと正確に言えば、9月中に植えたり、まいたりしなければならないものがたくさんあったという事実に気づいたとき、すでに9月下旬になっていたからだ。まあ、エディブル・ガーデナーにはよくあることなんで、驚きもしないけどね。

 そうなのだ。おそらく春か初夏の暇な夜とかに、酔っ払った勢いであまり考えもせずにサカタのタネにいろいろ注文していたのだろう。それがパラパラと届いていて、その都度下駄箱の下の空間に突っ込んでおいたのだけど、9月も終わりに近い昼下がり、「そうだー、そろそろ秋冬モノの準備をしないといかんなあ」と思いながらおもむろに引っぱり出してみると・・・

IMG_4672.jpg 
買い込んでいたジャガイモの種芋(ばりばり芽が出てる!)、ニンニクの球根、さまざまな種・・・これを9月中になんとかしろと言われてもねえ。

 秋植えジャガイモのデジマ(¥1280)、平戸ニンニク(¥1380)、そしてころっ娘ミニダイコン種(¥378)、早生湘南レッド赤タマネギ種(¥378)、つるなしスナックエンドウ種(¥270)、以上がサカタのタネで買い込んでいたもの。さらに、秋冬に植えようとビーツとコリアンダーの種もある。
 げげっ、けっこういろいろあるなあ、これはちょっと気合を入れないといかんなあ、などと思いながらおもむろに説明書を広げてみると・・・
 なんと、スナックエンドウを除いてすべて9月中に植えなければ(あるいはまかなければ)ならぬ、と書いてあるではありませんか。赤タマネギに至っては9月25日まで、などと厳しい日にち指定までしてある。
 そら無理だわ、だってもう9月25日過ぎてるし。

 そんなわけで、遅蒔き(あっら、こういう字を書くのね。まさにこのことじゃん)ながら秋冬菜園の配置図を書いてみた。本来なら先に計画図を書いて種を注文するところが今回は順不同。今までなら豪華総天然色のイラスト図解だったのが、今やモノクロ+赤ペンのぞんざいな殴り書き。菜園活動に対する情熱のほどが伺える、ってもんである。

IMG.0001,jpg
手抜きな菜園計画図で申し訳ない。

 ざっと説明すると、メイン・ガーデンはトマトやオクラのような春夏モノがまだのさばっていたり、11月以降に収穫を迎えるラッカセイ、ショウガ、サトイモが生育中だったりするので今回はノータッチ。72リットルの大型プランターもトウガラシ、パプリカがまだまだ元気だし、カーブ菜園のナスはあまりに貧弱ゆえにまだまだ今後に期待中だし、旧レイズドベッドではサツマイモが10月末の収穫を待っている、てなことで、狭い我が庭において新しく植えられる場所は非常に限られている。
 なので、ジャガイモとミニダイコンを新レイズドベッドで同居させ、ニンニク、タマネギ、ビーツはすべてプランターでGO!と相成った。

 さあ、それでは一気に植え付け・種まきだあああ〜、と行きたいところだが、そこでひとつ大きな誤算があった。
 夏の終わりにキュウリを撤収した新レイズドベッド、次に何を植えてもいいようにちゃんと土を掘り返して耕しておいた。そこまでは我ながら感心かつ立派なのだが、そのあといつものように堆肥と苦土石灰をじゃんじゃんぶち込むのも忘れなかった。しかし、今、説明書をじっくり読むと「ジャガイモは石灰を散布する必要はありません。土壌がアルカリ性に傾くとそうか病にかかりやすくなるので注意します」とある。あ、そうか! なんて言っている場合ではない。さらに、ミニダイコンの説明書には「やや酸性の土を好みます」とある。だーれも苦土石灰など必要としていなかったのである。ヤバイよこれは。てなことで、あとから焦ってピートモスなどをふりかけて土壌の中和を試みてみたけど、効果のほどはわからない。大変不安である。

IMG_4674.jpg 
新レイズドベッドにジャガイモの位置決め。いちおう畝など作ってみたのだが。


 そんなこんなで9月最後の日、滑り込みで植え付け・種まきを行なった。
 新レイズドベッドはややぎうぎうながら、真ん中2本の畝にジャガイモを植え、両端にミニダイコンの種をまいた。ダイコンがかなり端に寄りすぎてちゃんと生育できるか心配なんだけど、ミニだからなんとかなるんじゃないかと淡い期待を抱いている。あと、この新レイズドベッドでは昨年トマト(ジャガイモと同じくナス科)やコマツナ(ダイコンと同じくアブラナ科)を育てているので、連作障害ブロックWを入れておいたことは言うまでもない、と大声で言ってみた。もう過ちは繰り返しませんぞ。忘れっぽいエディブル・ガーデナーだが、こう見えてちゃんと経験から学んでいるのだ。つーても、過ちはこの春の話だから忘れちゃってたら完全に認知症なのだが。

IMG_4676.jpg 
ミニダイコンのころっ娘は新レイズドベッドの端ギリギリに。あんまりころっころになるとマズイかも。

 さて、前回けっこううまくいって、今回も期待のかかるニンニク。今回は満を持して、人気の平戸ニンニクを注文したのだが、あまりの人気ゆえか、当初300グラムだったはずが、残念ながら200グラムしかお届けできません、という悲しい展開になってしまった。なんなのよー、とそのときは思ったものの、実際植えてみたら、球根というかニンニク片が大量に余ってしまってさあ大変。今回はプランターだけで植えるつもりだったのが、ひとつふたつではとても足りず、結局地植えもすることになってしまった。こんなにニンニクを育てて餃子屋でも始める気か? と我ながら思う。ラーメン屋という展開もアリか、とも思う。

IMG_4678.jpg 
とりあえずプランター2つにニンニク。こんなもんでは全然足りない。現在他の農地を準備中。

 さて、前回もプランター栽培をやってそこそこうまくいった赤タマネギ、今回もなんとかいくだろうと楽観している(9月25日までにまくこと、という指定はこの際無視)。このプランターで育苗し、そのまま収穫まで大きく育てる。間引きした苗は別のプランターに移して大きくするつもりなので、収穫量は倍増の予定。今回は絶対肥料をやるのを忘れないようにしなきゃだわ。

IMG_4679.jpg 
プランターに赤タマネギの湘南レッドと書いてあるはずの種袋。全然見えませんすみません。

 そして準備の遅れで10月に入ってからまくことになってしまったビーツ。ネット情報によると9月上旬までに種まきなどと書いてあるので、冷や汗がドッと出る。
 9月半ばに撤収したニガウリの透水プランターに直まきするのだが、ここはダンゴムシのメッカなので、オーガニック・ワンを散布したのみならず、さきイカ入りのトラップを仕掛けたりしてあまりにも時間がかかってしまった。なんとか早く芽が出てくれるよう祈願するしかない。って、一ヶ月の遅れを神頼みでなんとかできるもんかなあ。

IMG_4680.jpg 
透水プランターにダンゴムシのトラップ。さきイカが好きらしくけっこうかかってる。ビールもほしいかい?

 今年はブロッコリーやカリフラワーなど夏の終わりから苗を植える野菜を一切やっていない。おかげで秋冬のお楽しみがガクンと減っちゃいそうだが、今回の植え付け・種まきでちょっとはワクワク過ごせそうかな? 心配の種が増えただけでないことを祈りたい。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2016/10/02(日) | 2016年秋冬菜園進行中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

やば!!
完璧に負けた!(;′Д`)ノ
ほんと、残暑はなかったよね~
ってか、長雨きつすぎる・・・・・。

うち、ただいまニンジン第一弾のみ撒きましたわ。
第2弾も行く気満々だけど、撒き時は9月下旬...
どーなるかしらん・・・?

2016/10/03(月) 12:58:43 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

おおお!?!?  こんなんでもまだ勝ってます???
ほんとに今年は夏がバッサリ終わっちゃって
北海道じゃなくても農作物に影響ありまくりよねえ〜・

> 第2弾も行く気満々だけど、撒き時は9月下旬...

9月下旬って書いてあるなら10月半ばまで楽勝じゃない?
って思うことにした。。。
もしうまくいかなくても天候不順のせいにすればいいんだし。
って、今から言い訳考えてどーすんの私!?!?

2016/10/03(月) 14:06:13 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/475-6797b9aa
 |  ホーム  |