サトイモ&ショウガの栄光ふたたび

 昔から「一度あることは二度ある」というので、昨年大成功に終わったサトイモとショウガの混植菜園 を今年もやってみた。柳の下のドジョウを何度も狙うというと、なんだか進歩がないみたい、馬鹿のひとつ覚えみたい、な気がしなくもないが、夏の間にサトイモの大きな葉っぱがわさわさ茂っているのを見るのは、熱帯の島にいるみたいで非常に気持ちがいいと知ってしまったので、懲りずにまたやった。食べ物としてのサトイモは、それほど大好きってわけでもないんだけど。

IMG_4613.jpg 
鬱蒼と茂るサトイモの葉、その下にショウガ。コロボックルが5、6人住んでいそうだ。

 にしても、サカタのタネで購入したサトイモの種芋=大野イモが2,200円、種ショウガ=中太ショウガ1,980円、てのはなかなかたいした出費である(って、結局届いた種イモの量があまりに多くて植えきれず、実家に分けたりしたから、実際サトイモにかかったのは2,000円ってとこかな)。
 こうなるとたんなるお遊びの家庭菜園では済まされない。4月、植える予定のメイン・ガーデン家側ウイングを大規模拡張し、それまでの2倍の深さぐらいまで掘り返して、徹底的なドジョウ改良を行った。いや、土壌改良だってば。これで柳の下の土壌を狙うのだ。うーん、実にお粗末な漢字変換機能。。。

IMG_4306.jpg 
4月後半に土木工事。ほとんどひとりでやったわ(涙)。

 5月末に植え付けしたものの、今年は6月に家の大規模外装工事があって、このメイン・ガーデン家側ウイングのサトイモ&ショウガ畑の真上に足場が設置され、連日のように工事のお兄さんが行き来して、菜園は踏まれまくり。いちおうわかる程度に芽も出ていたから、ちょっとは気を使ってくれたみたいだけど、こりゃきっとダメージあるだろなあ、と腹をくくっていた。

IMG_4435.jpg 
5月末に植え付け。相変わらず駆けつけ植え付けであったわ。

 そんな心配をよそに、サトイモ&ショウガのコンビは順調に成長してくれた。いったんある程度まで大きくなったら、乾燥しないように水やりだけしっかりやればどちらもほとんど手間いらず。サトイモは梅雨明けまで2、3度ぼかし肥を与えたくらいで、あとは完全放置(ほんとは脇芽に土をかぶせたりしなきゃならなかったらしい。って今頃。。。)ショウガも同様で、ほぼなーんもしなかった。

IMG_4563.jpg 
7月25日のメイン・ガーデンの模様。まだ可愛らしいサトイモ軍団だが、これから大爆発。


 そんなネグレクト状態にもかかわらず、寝る子は育つ。でかくなった〜。今年のサトイモはほんとにでかくなった。去年のサトイモの、高さにしても茎の太さにしても、倍くらいの大きさに成長したと思う。これはやはり、メイン・ガーデン家側ウイングの徹底的ドジョウ改良のゆえではないだろうか。苦労の甲斐があったとゆーもんだわ。それとは別に、今さら考えてみると、去年ちゃんとぼかし肥をやったかどうか記憶がないんだよねえ。てことは、去年が発育不良すぎたから今年のサトイモ株がでかく見える、ってだけのことかもしれないんだけど!?!?

IMG_4740.jpg 
そろそろ茎や葉が弱ってきた感じ。これくらいが収穫適期と言えるのでは?

 そして、10月も後半になると、葉が黄色くなったり、茎が倒れたりするものも出てきた。昨年は10月17日に早々と掘り上げてしまったんだけど、今年はもうちょい引っぱってイモのサイズ大きくしてみたい(あんまり引っぱると地中で腐っちゃうらしいけど)と欲を出して、10月30日までじっくり待って収穫。いやもう片手では掴めないほど茎が太っていて、引っこ抜いた勢いでぎっくり腰になるんじゃないかと思うほど根も張っていて、まさに体力勝負の収穫でござった。やれやれのやれ。

IMG_4749.jpg 
手前がショウガ、奥がサトイモ。ジャングル状態だっただけに、破棄する葉や茎の量もすごいよ。

 そんなわけで、めでたく収穫。やはり地上の繁茂ぶりを反映するかのように、どっさり実(っていうのか?)がついていて感激である。サトイモは昨年のほぼ倍くらいの収穫があって、2,000円の投資の価値は大いにあったと言える。さっそく友だちやご近所さんに配っても、まだアルプスほどのサトイモの山。さっそくおでんに入れてみたら、ほくほく大変美味しい。説明書によると、生育旺盛な大野イモは歯ごたえがあり、煮くずれしないんだそう。しかし、煮物ばかりじゃなく、洋風のメニューとか開拓していかないと食べきれないんじゃないかと今からちょっと心配。それも嬉しい悩み、って感じだけどね。

IMG_4754.jpg 
無農薬有機農法だから、お値段もお高めよ。まあ自分が客ならこんなにたくさんは買わないね。

 一方ショウガはどうか? 去年と同じか、やや多いくらいかな。1,980円の投資は無駄になっていないとは言えるけど、あんまり豊作だと喜べないのは、去年収穫したショウガを種ショウガにして、投資金額0円で今年もたくさん収穫した人がいるから。このページでお世話になってるはじめさん
 くそう、私も見習わなきゃだわ! と思ったんだけど、よく考えてみたら、我が家はショウガ好きなもんで、去年のショウガは残らず食べちゃったのよねえ。来年植え付けに使うショウガが残せるかどうか、今から大変心配だ。いろいろ悩み深い今日この頃。

IMG_4728.jpg 
酢ショウガ+ハチミツ。お湯を加えると美味しい飲み物に。

 んなわけで、収穫したばかりの新ショウガでさっそく酢ショウガを作った。最近の週刊誌などの健康特集で話題になってるヤツで(つーても私は数年前からやってるけどね。えっへん)、酢は血圧を安定させ、体内の脂肪を減らしやすくし、腸の働きを整える。ショウガは血液の流れを良くして体を温める。そのふたつを合体させるとダイエット効果がハンパないとかなんとか。

IMG_4758.jpg 
おでんだよ。って食べかけになっちゃいましたが。真ん中にサトイモ、見えます?

 いよいよ秋も深まりまくり。本業の方が遅れまくりで本ブログの更新も滞りまくりですが、お許しを。おでんなどつつきながら、暖かくお過ごしくだされ。サトイモうまいなー、来年も3度目の土壌、もといドジョウを狙っちゃいそうで、今から大変心配です。



いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2016/11/03(木) | 2016年春夏菜園やってます | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

里芋!!
すごすぎるーーーーーー!!
これを見ちゃったら、来年うちもやるしかないわ。

種しょうがは、ひねショウガを5個くらい残しただけなんだよ~~
それを植えるとき10個くらいには割って埋めたけどね。
大き目なものを残すほうが遺伝的に良さそうな気がしまする~

2016/11/07(月) 13:07:03 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

サトイモ、簡単だし、ほったらかしでわんさか収穫だから
ぜったいオススメよ!
来年もやっちゃいそうな自分を抑えきれない、という。。。
唯一の問題は、サトイモ料理のレパートリーがあまりにも少なくて
食べきれるか心配になっちゃうことね。
すでにグラタンなんか作っちゃった。次はチーズケーキか!?

> 種しょうがは、ひねショウガを5個くらい残しただけなんだよ~~
> それを植えるとき10個くらいには割って埋めたけどね。
> 大き目なものを残すほうが遺伝的に良さそうな気がしまする~

そっかー、細かく割ってたくさん収穫すればいいのよね。
種しょうが大きなままで植えちゃった気がするなあ。
しかし、我が家の問題は細かく割って種を増やしても
植える場所がないってことなのよねえ。。。

2016/11/07(月) 14:21:57 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/479-0520fe55
 |  ホーム  |