新年菜園状況

IMG_4843.jpg 
迎春 2017年


 明けて2017年、みなさまいかがお過ごしでしょう。今年も張り切ってエディブル・ガーデンを盛り上げていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします!
 って、すでにこの更新のノロさで熱意のほどが知れちゃうとゆーもんだが、それもこの1月いっぱいまでのこと。したら思いっきりヒマヒマ〜になるんで、一週間に3回くらい更新しちゃおうと思ってます。ご期待ください!

 冗談はさておき、とりあえず我が家エディブル・ガーデンのお寒い状況を報告しておこう。いや、報告させていただこう。
 まず、昨年の暮れにジャガイモとミニダイコンの収穫をした新レイズドベッド。ジャガイモはすっかり掘り出して、現在順調に我々の胃袋に収まっているところなんだけど、ミニダイコンはいまだに畑に残っている! このころっ娘ちゅう品種は鬆(す)が入りにくいというのがウリだけあって、第一本目を収穫してからかれこれ一ヶ月になるというのに、まだ葉っぱも実も美味しく食べられる。なので、残りはわずかながらいまだに我が家の重要な食糧源になっているのだ。ミニダイコンいいよー。あんまりいいから、春まきもやってみようか、なんて言ってるところ。

IMG_4850.jpg 
新レイズドベッド。ミニダイコンもさすがに残りわずか。お名残惜しい。

 さて、この寒さの中で他に収穫の上がっているものといったら、透水プランターに10月半ばに植えた茎ブロッコリーのスティックセニョール(2苗)。植え時期が遅かったにもかかわらず、不織布をかぶせた効果で順調に大きくなって、順調に小さなブロッコリーの房を提供してくれている。去年のブロッコリーはオンブバッタの大発生で毎朝殺戮に明け暮れていたけど、不織布効果で今年はまったく害虫知らず。ビバ、不織布! かつては、不織布なんかやったらお庭の美観が台無しよ!とか気取っていたエディブル・ガーデナーだが、背に腹はかえられない。もう戻れない道に踏み出してしまったのだ、とつくづく思う。って、不織布くらいで。

IMG_4855.jpg 
真ん中に激しくのさばっているのがカリフローレ、左右で圧倒されてるのがスティックセニョール。

 それはともかく、このプランターで茎ブロッコリー2株とともにスティックカリフラワー、その名もカリフローレ、というのを育てている。しぇー、世の中には茎ブロッコリーだけじゃなく、茎カリフラワーなんてもんも存在するたあ知らなかったよおっかさん。

するらしいよ。と、イマイチ自信ないのは、まだ花蕾の片鱗すら見えないから。噂によると、普通のカリフラワーと違って花柄(茎みたいなところ)がひょろひょろ伸びてスティック状になるらしい。そーすると、茎ブロッコリーみたいにいつまでもじわじわと収穫できるのかにゃ? カリフラワーはひと株に一個しかならないので欲張りな私にはちょっと味気なかったんだけど、こちらはひと株で10個くらいなるんじゃないか?と取らぬ狸になって腹づつみを打っているところです。

 しかし、カリフラワーつーたら花蕾を葉っぱで巻いて隠さないと白くなんないよねえ。それをひとつひとつの茎にやんのか!?  なんかますます自信がなくなってきた今日この頃である。

さて。まさか覚えているひとはいないと思うが、この陶酔プランター、ならぬ透水プランターには10月2日にビーツの種をまいているのだ。ビーツはこれまでに2回くらいトライしてすべて失敗してるんだけど、今回も種はまいたものの、一向に何にも出る気配がない。なので2週間待ったところで、さっさと考えを切り替え(いつになく迅速な対応)、ビーツをあきらめて、そこに買ってきたスティックセニョール2苗とカリフローレ1苗をぶち込んだ。いや、植え付けた。やっぱり今回もビーツはダメ、3度目の正直だからもうやめよう、てなことで。

IMG_4858.jpg 
あらまあ、生きてたのね、ビーツさんたら。。。

 したら、12月頃になってビーツがひょっこり芽を出してきた。現在、生い茂る茎ブロッコリーらの根元で地味に成長を続けている。いったんは死んだと思われて埋葬され、その土地も奪われたというのに、不屈の精神で帰ってきたのである。見上げたヤツだ。

 なんてゆってる場合ではない。エディブル・ガーデナーのせっかちな性格の犠牲となって苦境に陥れられてしまった哀れなビーツ。いったい今後どーなるのだろう。とりあえずこのままにしておくので、勝手に大きくなって実などつけていただけると、大変嬉しいのだが。

 以上が現在の収穫状況である。この秋冬は葉物をまったくやらなかったから、 小松菜をたくさん使った大好物の常夜鍋もできなくて、大変淋しい。自家製の小松菜の美味しさを知ってしまうと、なかなか買った小松菜でお鍋をする気がしないのよねん。

 さて、冬の寒さの中でも春の収穫に向けて成長を続けている野菜も、若干ながらある。あることはある。まずは9月末に植え付けた平戸ニンニク。地植えのみならず、プランタ−3つにも植えたので、5月くらいには大々的なニンニクフェスが開催できるんじゃないかと、これまた取らぬ狸でぽんぽこりん。なんか葉っぱがちょっと茶色くなってたりする気がしなくもないが、きっと大丈夫さと自分に言い聞かせる冬の午後である。

IMG_4860.jpg 
地植えにしたニンニク。でも、氷山の一角にすぎないのよこれは。

 9月末には赤タマネギの種もまいた。そいつを11月の末あたりに植え付けて、現在プランターに箇所で栽培中。ひとつには不織布をかけているから、ちょっと早めの収穫が見込めるんではないかと。つーても6月まではじっと我慢の子だ。

IMG_4861.jpg 
こちらは不織布をやらずに地面にマルチを施しただけでごまかして栽培中の赤タマネギね。

 さて、11月5日には(奥地で日当たりの悪い)カーブ菜園にスナックエンドウの種をまいた。ついでに、ホームセンターで見かけて衝動買いしたヒヨコマメ(好きなのだ)の苗もカーブ菜園中央に植えた。ひとり気炎を吐くヒヨコマメに比べると、スナックエンドウの貧弱な成長ぶりは不安を禁じ得ない。春には元気になってくれると新字体が、いや、信じたいが。。。

IMG_4851.jpg 
マルチだけじゃ寒くて成長できないのかしらスナップエンンドウは。中央でのさばってるのがヒヨコマメちゃん。

 そしてっ。先日サツマイモの収穫を終えた旧レイズドベッドには、大胆不敵にもニンジン、その名もベターリッチの種をまいた。思い返せば、この場所で2015年春に種をまいて育てたベターリッチは、すべて鉛筆大のスリムさに終わって涙を飲んだのであったよなあ。でも懲りないエディブル・ガーデナーである。我が家のビーツ並みの不屈の精神で、再々チャレンジだ(再チャレンジは2015年〜2016年冬にしているので)。

IMG_4853.jpg 
これまた不織布のお世話になってるベターリッチニンジン。しかし、2週間経ったのに何にも出てきません! 忍耐の限界。

 てなことで、2017年もネバゴナギブユーアップ、不屈の精神をモットーに頑張っていきたいと思います。だったらもっとちゃんと更新しろ、と自らに叫んでみました。どうぞよろしく。


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017/01/11(水) | 2016年秋冬菜園進行中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

めっちゃ遅いんですが・・・・・
あけましておめでとうございます。
本年はゆるゆるとお付き合いくださいww

菜園記事がまぶしいーーーー!!
うちはなんだか今一つだよ。
雑草レベルでも食べちゃおうかって思うくらい・・・・。
土が良くなかったのかもなぁ~~~

ベータリッチだけはあきらめつかずにしょっちゅう見に行ってます。
やっぱモグラのせいなのかなかなか太くならんのだわぁ~~
この時期に植えたginnfooさんより大きくならなかったら泣くよ。

2017/01/19(木) 14:17:42 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

こちらこそ今年もよろしくーって、1月も後半ですよ〜・
去年もこんなこと言ってるうちに年末になっちゃったよーな気が。。。

いやあ、はじめさんち、葉物野菜があるじゃん!
白菜とかもこれからできるって。えーなー!
うちは、もうほとんど獲るもの獲っちゃったからなあ。
なんにもならないとブログも書くことないわーの状況ですよん。

> ベータリッチだけはあきらめつかずにしょっちゅう見に行ってます。
> やっぱモグラのせいなのかなかなか太くならんのだわぁ~~
> この時期に植えたginnfooさんより大きくならなかったら泣くよ。

げっ、やっぱりこの時期に植えるのってイカレてんのか!?
さすがに寒いだけのことあって、1ヶ月近く経ってようやく発芽したばかり。
はじめさんちのを抜くように言い聞かせてきたわっ!

2017/01/19(木) 19:25:50 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/484-69a3004b
 |  ホーム  |