夜の庭師〜害虫退治

クロニック 
「夜の庭師」が収録されたR.E.Mの『クロニック・タウン』

R.E.M.の初期の名曲に「夜の庭師(Gardening At Night)」というのがあって、ずっと「夜にガーデニングだなんて、なんだかロマンチック」なんて思っていたのだが、今ならわかる。あれは害虫退治のことを歌っていたのだと。

 だって、そうでしょ。暗い中で庭仕事なんて余程の事情と設備がない限りできるわけがない。できることがあるとしたら、それはただひとつ、夜暗くなってから現れる害虫を見つけて駆除することだけだ。そして、それは明るい日差しの下では絶対できない、夜ならではの庭仕事なのだ。

 用意するものは懐中電灯。見つけた害虫を素手でつまんでひねり潰すというガッツのない人は、軍手や割り箸があると役に立つだろう。

 なんて、えらそうに言うのにはわけがある。昨年の夏、我もグリーン・カーテンをやってみむ、と思ってプランターにニガウリを植えたところ、一時グリーン・カーテンがボロボロの穴だらけになるほどの被害を受けた。そこで夜、懐中電灯を手に出動してみると、まあまあいるわいるわ、一晩で6、7匹のヨトウムシを収穫、いや、捕獲できた。

 捕ったヨトウムシを育てれば夏休みの自由研究として提出できたかもしれないが、もちろんその場で死んでいただきました。かつては庭いじり中にイモムシなんかを見つけるたびにピーキャー大騒ぎして逃げ惑っていた私も、可愛い植物を守るため、敵を殺めることも厭わぬように。思えばずいぶん強くなったものよのう。やはり守るべきものが食べられるものだったりすると人間、力の入り方が違うようだ。

ヨトウムシ 
こいつが憎きヨトウムシ。

 不思議なことに、一、二晩ほど夜間捕殺作戦を展開したところ、ヨトウムシは以後ほとんど姿を現さなくなった。大虐殺の情報が他のヨトウムシに伝わったのだろうか。しかし、どうやって……?

 まあそのへんのところは「子供科学電話相談」にでも聞いてもらうとして、いざ出陣。大量破壊兵器「木酢害虫イヤ〜ンZ」が幻に終わった(いや、まだ終わっちゃないけど)今、「夜間に見つけたら捕殺」作戦に変更だ! さあ、夜の街に繰り出そう!!(ちょっと違うような……) 


ランキングに参加しています。
ワン・クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/01/13(金) | 虫退治 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/49-30f99dde
 |  ホーム  |