FC2ブログ

ニンジン、3度目の正直!! その1

 ニンジンは朝のジュースの必須アイテムなので、我が家ではほぼ1年365日ニンジンを食べていると言っても大げさではない。当然のことながら、ニンジンの自家栽培を考えないわけはなく、実際過去に2回試みている。その結果は、もう思い出したくもないダメダメぶり。知りたい人は、2015年8月(春まき)2016年1月(秋まき)をチェックしてくださいませ。1回目は鉛筆のように細くてまずいニンジンしかできず、2回目はフリークショーのような体型の怪しいニンジンばかり。ニンジンってむずかしいんだな、今のオレの実力ではとても挑めるものじゃないんだ、と思ってニンジン作りは今後一切封印した……つもりだったのだが、忘れっぽい性格のゆえか、たんに認知症が進行しているだけなのか、3度目の正直でもう一度栽培にチャレンジしてみることに相成ったのであーる。旧レイズドベッドに種をまいたのは昨年12月25日のこと。世の中がジングルベルで飲めや歌えしていたときにニンジンの種をまいていたとは、なんだか感慨深いものがある。な。

IMG_4834.jpg 
レイズドベッドにベターリッチの種をまいたのは昨年暮れのことでござった。

 前回、前々回の失敗を反省し、今までにやったことのない新しいアプローチでニンジン作りをやる! と心に決め、まずは種を冬にまいてみた。今まで春巻き、もとい、春まき、秋まきで失敗しているからだ。そんなの時期をずらしただけじゃーん、と思う浅はかな輩もいるかと推察するが、はっきり言って冬まきは大変だよ。あまり寒いと発芽しないので、不織布トンネルを作ってしっかりガード。しかも、乾燥にも弱いので、どんなに寒い日でも水やりを怠ることはできない。えーえー、寒風吹きすさぶ中、ニンジンの若芽を守るべく、そりゃ苦労しましたよ。

IMG_4839.jpg 
昔はカッコ悪いからと嫌がっていた不織布トンネルも今や日常茶飯事である。


 そしてっ。もうひとつは徹底的に土をきれいにしたこと。前回「根の先端に石や土などの障害物があると側根が伸びるためふたまたになる」と学習したので、レイズドベッドの中の障害物を丁寧に取り除いた。もうここでニンジンと寝食を共にしてもいいくらいきれいな土にした(かなり誇張)。これでもふたまたになりたきゃ勝手になりやがれ、みたいな勢いである。

IMG_4941.jpg 
そろそろ本葉が5、6枚になったので、いざいざ間引きタイム!である。

 3月30日に間引きをした。本葉が5、6枚の頃である。さすが、サカタのタネのベターエリッチ・ペレット種子だけあって、発芽率が非常に高く、かなりたくさん間引かなくてはならなかった。でも間引き菜は葉も細い実も全部食べたわよ。間引きの際、残す株間は5、6センチでオッケーだというんでちょっとビックリ。そんな狭いんじゃ、また鉛筆になっちゃうんじゃなーい!? と思ったが、密植状態で太らせるのがベターリッチ流なんだって。ふーん。

IMG_4944.jpg 
間引きしたニンジン。初栽培のときは最後までこのくらいの細さでとどまっていたんだよなあ。

 4月に入ると葉っぱの茂り具合に勢いが出てきた。いやあ、葉っぱはそんなハッスルしていただかなくていいよ、大切なのは地中のニンジンなんだから! と思いつつ暖かく見守っていた。もうこの頃は追肥の必要もない。ただ収穫の時が来るのを待つばかりである。

IMG_4980.jpg 
緑の繊細な葉っぱが生い茂るニンジン畑。春になるといっそう元気だ。

 と、5月の末の日曜日ことである。ニンジン畑にひときわ高い株が出現した。空に向かってぐんぐん伸びるその先端についているのは……もしかしてこれ、花!? ニンジンの花の蕾ですか!?!? まったく見慣れぬ、エイリアンぽい植物だ。うわー、すごいね、やっぱりニンジンも花が咲くんだー、どんな花かしら!!

IMG_5086.jpg 
いきなり出現したニンジンの花の蕾。なぜかこれひとつだけなのが不思議。収穫せよという神のお告げか。

 などとのんきに喜んでいる場合ではない。花がついてしまったら地中の養分は全部花に持っていかれてしまうので、野菜としての意味がなくなってしまう。てーか、ニンジンの実が収穫できなくなってしまうのだ。

IMG_5087.jpg 
まー葉っぱもこれだけ茂ってるんだから花が咲いてもおかしくはないものの。。。

 なんで突然こんなことに!? と焦って茂る葉っぱをかき分けて覗いてみると……
おおおっ、オレンジ色のニンジンが肩を並べているじゃないですか!!! 今このタイミングを逃すわけにはいかない。ぼんやりしていたら、このままレイズドベッドはニンジンのお花畑になってしまう。

IMG_5088.jpg 
葉っぱをかき分けると、500円玉くらいのオレンジ色の円形物体が見える。

 収穫のときはいきなりやってきた。5月28日のことである。「根に近い葉の部分をしっかり持って、すっと上に引き抜くように」と教科書通りに引っこ抜いてみると……、うおおおおおお、こっ、これはでかい、でかいぞ!!!!!
(以下次週に続く)


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017/06/04(日) | 2016年秋冬菜園進行中 | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

なんで次週予告編!!??(;′Д`)ノ
気になる気になる。
早くアップかも~~~ん。

うちも初年度の冬人参は苦労知らずだったので、余裕ぶっこいてたら、
昨年の冬人参はモグラで撃沈よ。
育てる環境は大事なのかも~~

2017/06/06(火) 12:44:58 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> なんで次週予告編!!??(;′Д`)ノ

なんか突然風邪ひいちゃいまして。
そこで脳みそがストップしちゃったのです。
って、その前も思考停止的文章しか書いてないけどにゃw

> 昨年の冬人参はモグラで撃沈よ。

ええ、撃沈しちゃったんだっけ!?!? しかもモグラとは!
そちらは自然環境つうか野生動物環境が一段上を行ってますなあ。
てか、うちにもモグラはいるんだけど、レイズドベッドには入れない構造。
ブルーベリーとかはモグラの通り道らしくて全然大きくなんないわー。
しかしニンジンにモグラはヤバすぎるね。障害物ありまくり!!!

2017/06/06(火) 14:22:57 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/495-9904fd90
 |  ホーム  |