FC2ブログ

ミニ栗カボチャに挑戦!(その2)

 5月半ば、カボチャの苗を寒さや風から守っていた自家製あんどんをついにはずした。プロの農家気取りで自己陶酔していたので残念だったが、いつまでもあんどんをしていたら苗が蒸れてしまう。はずしてみると、けっこういい感じに成長していた。

IMG_5047.jpg 
あんどんを外したばかりのカボチャ苗。とりあえずネットの支柱に絡ませておく。

 ここでほんとのプロの農家なら、しっかりツルをネットに誘導していくところなんだが、なにしろ場当たり主義で面倒なことが嫌いなエディブル・ガーデナーである。「ツルの間隔が35㎝になるように配置します」と種袋の説明書きに書いてあるのを見て、「あーん、こんなに狭いのに35㎝も間隔取れないよー、しかもモノサシないし」ってことで、さっさと説明書に従うのをやめてしまった。アナーキーである。ノーフューチャーである。

IMG_5057.jpg 
雄花第1号。彼女に巡り会えぬまま、はかない一生を終えた。

 それでも自然界の底力というのは恐ろしく、あんどんをはずした2、3日後にはさっそく花が咲き始めた。花が咲いたからって、嬉しがって祝杯をあげたりしないよ。雄花なんかいくら咲いてもカボチャの実がなるわけじゃないことはエディブル・ガーデナーだって知っている。その後、待てど暮らせど肝心の雌花は咲かず、男ばかりがチャラチャラ花を咲かせる悲しい男子校状態が2週間も続いたのであった。

 さて、6月1日の朝のこと。キターーーー!!!って感じである。一輪だが、雄花と比べるとやや大きめの雌花が朝陽に輝いているではないか。花弁のつけ根部分にぷっくりとビー玉大の球体がついている。受粉が成功すればこれがカボチャの実となるのだ。咲いている雄花を2、3摘んで人工授粉して差し上げる。べつにひとつでも十分なんだけど、念には念を入れようってことで。男あまってますし。

IMG_5137.jpg 
わかります? 花の後ろについている緑の球体がカボチャの実になるんですね。

 その日を境に、ほとんど連日のように雌花が咲いた。日によっては雌花が2つ咲いて、たったひとつ咲いた雄花の花粉を両方の雌花に分けっこして受粉を試みたりもした。それも5株植えてあったからできたことであって、株数がもっと少なかったら男女のマッチングに苦労していただろう。案の定、6月後半になると男女の花の形勢が逆転して女子校状態となり、せっかく美しい花を咲かせても彼氏がいない、という事態に。せっかくビー玉のような子供をつけているのに、それをこの世に送り出すことができないのは断腸の思いである。って、送り出したところで、すぐに人様の胃袋に入ってしまうのだが。

IMG_5159.jpg 
雌花がつくときはじゃんじゃんつく。この2つは受粉成功。失敗すると大きくならずに終わる。

 受粉はしたものの、子供が大きくならぬまましおれてしまうケースが多かったのも気になるところだ。ひとつ考えられるのは、受粉のチャンスが多かった6月半ばの朝に雨がよく降り、雨の中で人工授粉したこと。教科書によると「天気の良い日に人工授粉する」と書いてあるが、雨が止むのを待っていたのではNGである。花が咲いたとき雨が降っていたらもうジ・エンドなのだ。少なくとも我が菜園ではそうだったんだけど、世の中的にはどうなんだろう。

IMG_5161.jpg 
7月頭のカボチャ棚。球体がぼんぼりくらいに大きくなってきて、なんとも可愛らしい。

 7月上旬、お雛様のぼんぼり大のミニカボチャが茂った葉っぱの間にプラプラぶら下がるように。それでも株はダラダラと成長を止めず、あっちゃこっちゃに蔓を伸ばして、新レイズドベッドはアマゾンのジャングル状態になってしまった。これではいかん、株の勢いが弱くなって実がつきにくくなる、それにすでについた実にも日照・風通しなど悪くなるだろうし。と、やっとのことでツルの整理を試みた。なになに、「親ヅルと子ヅル1、2本を残す」のね、えええ? なんだかわかんなーい。って、もうすでに遅すぎる。後の祭り、アフターザフェスティバルである。この頃になって何をしたところで、もう雌花はつかなくなっており、株は事実上終焉に向かっていたのだ。

IMG_5210.jpg 
一応ツタを整理してみたつもり。まだぐんぐん伸びてくるんだけど、もう実はつかない。

 では、5株にいったいいくつのミニ栗カボチャがなったのか。な、な、なんと、10個である。つまり、ひと株にたった2個。
 えええええええ!?!?!?  「手間いらずでよく育ち、一株から7〜9個収穫」という宣伝文句はなんだったんだ!? せめて宣伝文句の半分くらい、3つ、4つの収穫があってもいいんじゃないのか?!? 

IMG_5212.jpg 
ジャングルの中ではひっそりとカボチャが生育中。ちょっとひっそりすぎないか? 個数的に。。。

 こんなの不当表示だ、誇大広告だ、と私がアメリカ人なら裁判を起こしているところだが、説明書通り「ツルの間隔が35㎝になるように配置し」「18節までの脇芽は取り除く」というのを実行しなかったオマエが悪い、と言われたらたしかにぐうの音も出ない。ううう、そうなのか、間隔をしっかり開けて、下の方の脇芽は全部切り捨てておけば、大量収穫も夢ではなかったのか。しかし、そうするには我が家の菜園は狭すぎる。株を減らせば前述のように受粉がままならないし。。。
 かくしてミニ栗カボチャ35〜45個の収穫は真夏の夜の夢と終わったのだった。

IMG_5238.jpg 
葉っぱが茶色くなってくるのも収穫のタイミングらしい。うどん粉病みたいになってるのもあって見苦しいことこの上ない。

 7月18日、受粉から40数日を経て、「実のつけ根が褐色にコルク化」したのでミニ栗カボチャ第一号を収穫した。1個で450グラム。頑張ればイッキ食いできそうなサイズで、見るからに形が良くて美味しそう。さー、さっそく食べてみるか!!!
 と、行きたいところだが、収穫したてのカボチャをすぐに食べちゃダメなのは、猿でも知ってる常識だ。そんなことを知らないのは、2013年のエディブル・ガーデナーくらいなものだろう。これから2週間くらいかけて追熟させるとでんぷん質が分解されて糖質になるんだとかなんとか。家庭菜園というと採れたてが食べられるのがウリみたいなところがあるけど、サツマイモやカボチャにはちょっとばかりの忍耐が必要だ。でも、家のどこかにそんなお楽しみが眠っている、というのもまた一興。この1、2週間の間にカボチャ・メニューを考えることにするか。なにしろ、小さいながら10個はあるんだからね!

IMG_5249.jpg 
ヘタの実に近い部分がカサカサになったら収穫。なんとも美しい出来栄え! 美味しいに決まってる(結果は後日報告します)。

 しかし、35㎝のツル間隔を確保して、初めの方の脇芽をガシガシ取っておけば本当に(5株で)35〜45個のミニ栗カボチャが収穫できるんだろうか。今やエディブル・ガーデナーの闘争心に火がついて、市民農園を借りて栽培を試みることを検討中。それでも30の大台に乗らなかったら、アメリカ人になって訴訟だな!w



いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017/07/18(火) | 2017年春夏菜園GO! | トラックバック:(0) | コメント:(4)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

わははははwww
うちと同じこと言っている人見つけた~~

うちはコロタンだけど、
今になって親ずるは本葉5枚できるとか、
脇芽はどうとか・・・・・もう無理!!??
だってジャングルだから。。。。。。

なわけでうちも一本に6個X3で18個の夢は儚い幻かも。

ってか、弦系ってマジで難しい!!
良く収穫までで行ったね。偉いよ。

2017/07/19(水) 09:12:28 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

やっぱコロタンも同じ穴のムジナでしたかー!
今頃、親づるの本葉がなんたら言われてもさー、
って、最初にちゃんと読まなかったのが悪いんだけど。
たいてい、ジャングルになって初めてやば・・・って思うのよねえ。
それが人間の心理ってもんだわー・

> なわけでうちも一本に6個X3で18個の夢は儚い幻かも。

18個採れたらりっぱなメロン業者よねー・
一本に6個くらいならありうるかも、とか思うけど、
最初から7〜9ってハッタリ感あふれまくり。
それを信じるヤツがバカだとは重々承知しとりますが。。。

> 良く収穫までで行ったね。偉いよ。

えーん(泣)、嬉しい!
はじめさんにそう言ってもらえたらやった甲斐あると言えるわ〜・
てか、一個も収穫できなかったらサカタのタネ爆破だからw

2017/07/19(水) 11:20:04 | URL | [ 編集]

ハニママ

『No title』

一株にたった2個なんて言うなかれ!
うちの小玉メロンは、1個も採れなかったんだからー(泣)
一個も収穫できなかったから、私はタ◯イを爆破したいですw
今年の夏のスタートダッシュ的猛暑の中、親づるだ子づるだなんて庭でやってたら、庭で倒れてしまいますよ^^;
收穫できただけでもスゴーイ☆☆☆

カボチャ料理がUPされるのを楽しみにしてまーす^^

2017/07/31(月) 11:13:25 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、ハニママ様!

タ◯イやサ◯タは今後テロ対策が必要になりそうですねー!
やっぱり有名メーカーの高い種や苗だと期待大きいですもんね。
ちゃんと書いてある通りにしなかったからだー、と言われると弱いけど
「一株で5〜9個とれる場合もある」くらいの表現にとどめてほしかった!?!?

> 收穫できただけでもスゴーイ☆☆☆

そう言っていただけると嬉しい! 素人なんだも〜ん・
っていいながら、これまでに3度もカボチャ栽培してるのに。。。

> カボチャ料理がUPされるのを楽しみにしてまーす^^

おおお!? 暑いからってそうめんばっかり食べてるわけにはいかないわねっ!!!

2017/07/31(月) 16:59:00 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/500-3a58298c
 |  ホーム  |