2017年春夏野菜の中間報告

 世界ウン億人の家庭菜園家の頭の中で、すでに夏は終わったことになっているはずだ。いや、南半球のことはよくわからないけど、少なくとも日本全国津々浦々の家庭菜園家のみなさまは、もう夏は終わったことと考えて、春夏野菜を畑からすっかり撤収して秋冬の準備に入っているはずだ。
 にもかかわらず、毎年遅くまで春夏野菜を引きずっているエディブル・ガーデナーが全然そんなモードに入っていないことは、もちろん、自慢ではないが、言うまでもないことだ(なにも、そんなにえらそーに言わなくても……)。
 そんなわけで、秋冬の話の前に、まずは春夏ガーデンの結果報告ではなくて中間報告をしておかねばなるまい。つーのは、なんやかんや忙しくて、ブログの更新が滞りまくっていたからなのよねえ。ブログはストップしていても、ライフゴーズオンなわけでいちおう菜園活動は続いている。よって、ここにまとめておきまする。

IMG_5290.jpg 
完熟するまで収穫しないから美味しいの。しかし、中玉トマトのフルティカ、ちっちゃすぎ!

トマト
 今年も例年通りミニトマトのアイコと中玉トマトのフルティカをやったんだけど、今年の注目点といいますか、いつもと違うところは、『やさい畑』の「連作なんか怖くない」を参考にして籾殻くん炭だの、ワラだの、米ぬかだの、木酢液だのをトマト・サークルにぶち込んだこと。おかげさまで収穫がいつもの5倍に!
 ってことはなかったが、とりあえず連作障害的なものは一切なかったと断言できる、ような気がする(断言してねーじゃん)。例年土を全部取り換えていたんだが、これからはこの方法で行ってみようと思う。気のせいかもしれないけど、これまでは上へ上へと大きくなっていたトマト株が、今年は横へ横へと広がる傾向。株としてはどっしり感があって好ましい気が。

IMG_5328.jpg 
元気に茂っていると言いたいところだけど、鬱蒼としすぎで水木しげるの世界。

 ただ、中玉トマトが数ばかりいっぱいできて、それは結構なんだけど、粒が小さい。アイコと全然変わらなかったりして、立派な小玉トマト。これは連作障害ではないと信じたいのだが……。
 毎朝熟れ熟れのミニトマトが収穫できて大満足。まだまだ花が咲き、緑の実もいっぱいついているので、今年も冬までお付き合いしちゃいそうな気配。

キュウリ
 最盛期には食べきれなくて人にあげるほど収穫できたキュウリもそろそろおしまいのようで、うどん粉病にこそなっていないものの、黄色く枯れてきた葉が目立つようになってきた。うむう、撤収した方がいいかなあ。

IMG_5329.jpg 
8月末現在のキュウリ棚。もう秋風吹きまくり。

 と思って、ふとその裏手のニガウリのグリーンカーテンに目をやると。
 なんと、グリーンカーテンの3分の1くらいをキュウリの葉っぱが占めている。株の下の方は枯れかけているのに、上の方はやたら元気でグイグイ茎やツルを伸ばし、他国への侵略に乗り出した、みたいな。いちおう実をつけたりもしてるんで、もうちょっと収穫を引っ張れるかも、ねえ。

IMG_5330.jpg 
グリーンカーテン。もりもり茂っているのはキュウリで、主役のニガウリはしょぼしょぼ。

 今年はニガウリが絶不調で、2株あるうちの1株はほとんど死んじゃってるみたい。だからキュウリにつけ込まれているのかもしれない(あるいはキュウリが侵入してきたのでショック死?)が、キュウリを撤収しちゃうとグリーンカーテンがいきなり穴だらけ、ってことになりそう。てなことで、面倒臭いのも手伝って、当面このまま放置プレーで行ってみます。

エンサイ(空芯菜)
 今年は、サカタのタネで購入した「なつサラダ」という「若穫り細葉」エンサイの種を旧レイズドベッドにまいた。例によって、まいた種が全部出てくるくらいの発芽率。くそ暑くても全然へーきでグイグイ伸びてきて、ちょきちょき切って収穫すると、そのあとからまた脇芽が出てきてグイグイ伸びる。葉っぱ不足の折に、こんなにありがたい野菜はないよ、と二拝二拍手一拝する毎日である。

IMG_5337.jpg 
エンサイ畑。多少バッタに食われたものの、元気で茂りまくり。だけど、退場いただくことに。

 さて、生野菜としても食べられちゃうというのがウリの「なつサラダ」。しかし、生野菜としてのエンサイはねえ、別にどーってことない感じ。若いうちは茎まで柔らかくて葉っぱともども生食できるんだけど、レタスみたいにパリッとしてないし、さりとてルッコラみたいに個性的な味もなくて、ほとんど入ってることすら気にならないくらいの影の薄さ。だからミックスサラダに入れても、入れたことまで忘れてしまう。なんか虚しい。お勧めは、単独で酢の物ですかね。茎にはシャキシャキ感もあって、サラリと食べられる。

IMG_5340.jpg 
エンサイの酢の物。それなりにさっぱりいただけるけど、やっぱ炒め物よね、本領発揮は。

 もちろん、市販の「タイ野菜炒めの素」とかを使ってもいいんだけど、さすがに何度もやりすぎて飽きたわねこれは。
 
 てなことで、さんざん食べまくったエンサイももはやこれまで。撤収してなんとか9月の種まきに間に合わせたい。なんつって、ちゃーんと秋冬のことも考えてるじゃんオレ!(つづく)


いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017/08/29(火) | 2017年春夏菜園GO! | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

トマトにキュウリはうちと同じかも~
で、キュウリなんですが、水を吸う力が弱くなるのかもしれないけど、
弦を下すとまた伸びるという近所のおじさんの教えに従い、
弦をおろしてみたんすよ。

結果は・・・・・まだでてません~~(;・д・)
撤収するかはそこで決めたいけど、
キュウリはもうたくさん食べたのでいいかな?
という気もする~~

空心菜は数年前に私もやったわ~~
うっかりすると太くておいしくないから、せっせと食べなくちゃだったような。

冬野菜はとりあえず、種まきから頑張るので畑の撤収はまだ先の予感。。。。

2017/08/30(水) 09:44:43 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> 弦を下すとまた伸びるという近所のおじさんの教えに従い、

つーことは、うちのようにだらだら天まで届け〜・
と上に向かってほったらかしておくとイカンつうことじゃないですかー。
これはまじい。って、もう遅すぎるか。
たしかに、今年の夏はキュウリたくさん食べたから
もういいかな、って気もしてるし。
もう思い残すことはないわ! 
とかいいつつ、撤収もめんどいので現状維持ってことで。

> 冬野菜はとりあえず、種まきから頑張るので畑の撤収はまだ先の予感。。。。

あ、そうかー、はじめさんって種、別のところにまくのよね。
私はめんどいのですべて直まき主義!
って、自慢してるわけじゃないんですが。。。
この暑いのに撤収するかどうかは、私の根性にかかっているのよねええ。

2017/08/30(水) 13:30:01 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/502-635ba2ed
 |  ホーム  |