FC2ブログ

2017年秋冬はこれで行くわよ

 いよいよ収穫の秋到来ってことで、我が家のリンゴの木も赤い実をたわわにつけている。今まで花は咲いても実はならず、という寂しい状態が続いていた果樹(しかも鉢植え)だけに、これは赤飯を炊いて祝うべき大事件。……なのだけど、実はこの春、幹から怪しい虫(テッポウムシみたいなヤツと思われ)が侵入したので農薬をこれでもかというほど注入してしまった。無農薬有機農法を標榜してる我が家なのに。よって、こうしてできた果実も相当薬物で汚染されていると思われるので、怖くて食べられない。だから、残念ながらビジュアル・オンリーで楽しむことに。収穫の暁には白雪姫にでも食べていただくことにしよう。

IMG_5383.jpg 
ついに可憐な実をつけたアルプス乙女。一瞬秘密の庭園風。

 はてさて、秋になったとはいえ、夏の野菜がまだまだ片付けられないのは、我がエディブル・ガーデンの伝統である。おほほ、そんな自慢するようなことじゃないですけど。したがって、ミニトマト、ジャンボトウガラシ空耳、パプリカ、ナス、ニガウリなどは相変わらず畑やプランターにのさばりまくり。もちろん連日美味しい野菜を提供してくれるんだから文句言う筋合いじゃないよね。この勢いで冬も、できれば来春も生産活動を続けてくれるとありがたいんじゃがのう。って、そんな虫のいい話はない。

 さて、春夏からずっとメイン・ガーデンで暗躍していたラッカセイとサツマイモは11月収穫の予定。この秋の最大の収穫イベントになりそうだ。なんつって、いかにも大量収穫する気満々な言い草だけど、根拠まったくなし。ま、他にイベントないのでこれで騒ぐしかないのよね。。。

IMG_5373.jpg 
鬱蒼とそびえるトマトタワーの下にはサツマイモとラッカセイが鬱蒼と生育中。

 そんなこんなで季節がガラリと変わったのに代わり映えのしないエディブル・ガーデンなのだが、冬から初春に向けての準備も地味ながら進んでいる。ううう、進んでいることは進んでいる。いやなんていうか、進んでいることにしておきたい。と言葉を濁す今日この頃。
 なにしろ前回のブログで書いたように、天下のサカタのタネのガーデンセンターまで遠征して苗やタネを買い込んだんだからね。これを最大限に駆使して最大限の収穫を目指さなくてはならない。それが菜園家の進むべき道。
 と自身を鼓舞しながら、まずは菜園計画を立てることに。ってさー、普通タネ買いに行く前に計画立てるよねえ。「イギリス人はタネを買いながら考える。フランス人は何を育てるか考えてから買いに行く。スペイン人はタネを買ってしまってから考える」と言われるが、エディブル・ガーデナーはそうしてみるとスペイン人に近いのかもしれぬ。ラテン乗りというかアディオスアミーゴというか。
 ……っちゃって、上述のような言い回しはないので本気にしないよーに。スペイン人の皆さん、ごめんなさい。

phonto.jpgѠ
新レイズドベッドの予定図。今のところプチヴェールしか植えられていません。

 てなことで、2017年秋冬菜園計画を発表いたそう。まずはすでに噂のプチヴェール(その正体は芽キャベツ)が植えられている新レイズドベッドだ。畑の中央に並ぶ3苗のプチヴェールを挟むように、10月半ばまでにホウレンソウとコマツナを一列ずつ直まきしようと考えている。もう寒いし、虫もイヤだから不織布トンネルはマストだろうなあ。

phonto 2 
旧レイズドベッドのハクサイ予定図。って、タイニーシュシュはもっと小さいらしいけど。

 そして、旧レイズドベッドではミニサラダ白菜タイニーシュシュという長い名前のハクサイを育てる予定。なんでも、ハクサイでありながら生食でレタスのようにサラダ感覚で食べられちゃう、らしいよ。これもサカタのタネの宣伝文句なので鵜呑みにはできないがw
 しかし、このブログのパクリネタ元のはじめさんを見習って、ポットにタネをまいて育苗しようとしたらことごとく失敗。詳しくは後日書くつもりだけど、我ながらあまりに下手クソで、 こんなヤツに菜園をやる資格はないと自分で確信したほどである。そんなこんなで、さんざんトライした挙句、今は最後の望みをかけて畑に直まきしようとしているところだ。もう下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの世界になってきている。てか、それでも当たらないかもしれないから、マジ恐怖である。

 そして、去年はソラマメのタネをまかなかったために収穫もなく、今年は春が来た気がまったくしなくてえらく後悔したので、10月半ばには絶対ソラマメをまくぞー! と誓って、打越緑一寸の袋を枕元に置いて眠る日々である。場所は、現在ショウガが茂りまくっている(おっと、これもこの秋収穫だわね!)カーブ菜園。ここは我が家でもっとも日当たりの悪い畑なのだけど、エディブル・ガーデナーの熱意で立派に大きく育ててみせるっ! ってこれまたまったく根拠なし。

IMG_5376.jpg 
現在のカーブ菜園はショウガ絶賛生育中。ここにソラマメをまくのだわ。

 あと、サカタのタネのガーデンセンターで購入した茎ブロッコリーのスティックセニョール2苗を地植え、普通のブロッコリーをプランター植えしている。なにしろサカタのタネ育ちのブランド苗なので、きっと大きくなってくれること間違いなし! と、こんなに熱い期待をかけられてサカタのタネも迷惑していることだろう。

IMG_5377.jpg 
小さな空き地で生育中のスティックセニョール。ヒヨドリにやられないことを祈る。

 また、ナスとかのプランターが空になったら赤花つるなしエンドウちゅうののタネをまいて育てようと画策中。これまたはじめさん情報で、うまくいけば連日サヤエンドウ祭りらしい。って、それはまく人の技量によるところが大きいのかもしれないけど、そういうむずかしいことは今は考えないことに。

 この秋冬はニンニク、赤タマネギはやらないので、ちょっと淋しい気も。両者とも時間がかかるのが難なのよねえ。残念ながら今回は見送ることにするけど、そうねえ、ミニダイコンくらいはやってもいいかもなあ。などと、前回悲しいエンピツ状態に終わったミニダイコンの顛末をすっかり忘れて妄想に耽るエディブル・ガーデナーであった。



いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017/09/29(金) | 2017年秋冬菜園展開中 | トラックバック:(0) | コメント:(4)

«  |  ホーム  |  »

はじめ

『No title』

福耳は空耳でファイナルアンサー!!??ww
白菜が発芽しないってのが謎だわ。
うちは一日から二日で芽が出るんだけどなぁ~
一番能天気な野菜種だと思ってるんだよ・・・。

うちも悩みの種は夏野菜。
いつ撤収するのか・・・・なやましいね。
絹さやは、弦なしではなく弦ありのを育ててますが、
弦なしの生育を教えてもらお~~

うちも今年はニンニク玉ねぎはやらないかも。
初玉ねぎやってみたかったんだけどね。

2017/10/02(月) 13:49:43 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

いやあ、うちも一日から二日で芽が出るんだけど、
そっからが波乱万丈で。
一番能天気なんて言われてるのにw
我が家では繊細で傷つきやすくて体の弱い深窓の令嬢みたいよ〜。

> いつ撤収するのか・・・・なやましいね。

トマトなんてまだ花つけてるもんね。
その気概を買おうじゃねいか! とかいって12月まで引っ張っちゃいそう。。。

> 弦なしの生育を教えてもらお~~

生育すればね〜〜w

2017/10/02(月) 14:32:07 | URL | [ 編集]

ハニママ

『No title』

リンゴの木が、すんばらしい!!
食べれなくても、このまま冬まで実をつけて置いておくだけで、可愛いと思います^^
ヒヨに見つからないといいですね・・・なんて。

サカタのタネのモデルガーデンの様なお庭になりそうですね。種苗メーカー主催の「エディブル・ガーデンコンテスト」とか、やればいいのにねぇ!
で、商品は、種と苗と農耕具あたりで(笑)

芽キャベツを毎回失敗してる我が家としては、プチヴェールの成長が気になるところです。

2017/10/04(水) 14:12:27 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、ハニママさま!

> 食べれなくても、このまま冬まで実をつけて置いておくだけで、可愛いと思います^^

そうします! 赤い実が目立ってクリスマスのオーナメントみたいです。
って自分で言ってるからずうずうしいんですけど。
食べるの至上主義の我が家でも、可愛いから許す!って思ってます。

> サカタのタネのモデルガーデンの様なお庭になりそうですね。

妄想の中ではそうなんですけど、いつも現実が伴わなくて
実際はダサいお庭になっちゃってるんですよ。
賞は取れそうもないわ。ってエントリーするつもりでいるから怖い。。。
>
> 芽キャベツを毎回失敗してる我が家としては、プチヴェールの成長が気になるところです。

うちも芽キャベツ成功したことないんです。
日本じゃダメなのか? と思い始めていたりするんですが。。。
頑張ってみまーす!

2017/10/04(水) 23:24:24 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/505-63af0d41
 |  ホーム  |