FC2ブログ

2017年春夏菜園を振り返って

 2017年もあっという間にジ・エンド。エディブル・ガーデナーは今年も数多くの失敗を重ねてきたが、イヤなことはすぐ忘れる主義なので、後腐れなく、さっさと2018年への切り替えをしてしまいたいところだ。
 が、それでは反省がない。反省のないところに進歩はない。
 つーことで、珍しく後ろ向きに、いや、内省的になっているエディブル・ガーデナーである。2017年の春夏菜園について、これまで触れられなかった野菜を中心に忘備録的に記しておこうと思う。

IMG_5299.jpg 
ある夏の日の収穫。そういえばオクラもけっこううまくいったっけな。

ニガウリ
 まずは例年グリーン・カーテンに使っていて、つねにそこそこの収穫をあげているニガウリだ。が、いったいどうしたことでしょう。今年はぜんっぜんダーメダメであった。いつものように大型透水プランターに2苗植え、家の前一面にネットを張って、さあー、どんどん大きくなるがよい! とばかりにこの世に送り出したのであるが、なぜか早々にひと苗が逝去。もうひと苗も仲間を失った淋しさゆえか精彩欠きまくり。そのうち、隣の畑から出張してきたキュウリがネットにのさばり出し、いつの間にか半分キュウリのグリーン・カーテンになっていたという。おかげさまでキュウリは近隣住人および親戚知人に配るほどの収穫をあげたものの、ニガウリは例年の半分ほどにとどまった。

IMG_5309.jpg 
キュウリのグリーン・カーテンというのも珍しい。楽しいとは思うが、うどん粉病とかなったら悲惨だよね。

 このへんの夏野菜のダメダメぶりは、今年の特徴かもしれない。暑いんだか、暑くないんだか、晴れているんだか、雨なんだか、ものすごーくはっきりしない妙な気候が続いた今年の夏。やけに暑いなあと思っていたら、本来暑くなるべきときになって暑くならず、気がついたときにはいきなり秋になっていた。この異常気象が野菜の生育に良からぬ影響を与えたんじゃないだろうか、と踏んでいる。近所で農業を営んでいる人も、「今年はなにがなんだかさっぱりわからない」とこぼしていた。プロにしてこれである。ましてシロートの私など、打つ手がないに決まってる。

ジャンボトウガラシ福耳
 と、おもむろに天候のせいにしてみたが、おそらく去年大豊作だった福耳がイマイチだったのも、異常気象のせいに違いない。やり方は昨年とまったく同じ。土は連作にならないようそっくり変えたものの、耕し方や元肥のやり方などほぼ同じで栽培したのに、なんとなーく地味目な収穫にとどまった気がする。10月になって一斉に花をつけ、これから第二の波が訪れるのかと期待したのだが、できたのは妙に貧弱な実ばかりで、11月になったら最後の頑張りもないまま、すっかりフェードアウトしてしまった。なんか、去年出会った福耳さんとは、まったくの別人、という感じ。

IMG_5424.jpg 
秋のジャンボトウガラシ福耳、って全然ジャンボじゃないですね

 これも天候のせいね、と言いたいところだけど、苗の時点で友だちにあげたものははるか目黒のバルコニーで爆発的大成功を遂げ、300個以上の収穫があったという。なっ、なんで!? 友だちにはトウガラシ農家への転職を強く勧めたい。

 それはともかく、サカタのタネの2018年春用のカタログをゲットしたところ、なんと福耳の種が売られていないではないか! カタログから抹殺されているのだ。いったい何が福耳に起こったのだろう。もしかして、2年目以降急に収穫が減る傾向が人々の知るところとなって、ラインナップから外されてしまったのだろうか。福耳のない夏なんて今や考えられない、というファンとしては複雑な気持ちである。

パプリカ
 これまた不満の残る結果だったのが、プランター植えしたパプリカ3苗だ。内訳は、348円もする鈴なりパプリカりんりん(赤)がひと苗、298円のビバパプリコット(黄)が2苗。7、8月はそれなりに採れたが、鈴なりパプリカはなにしろ実が小さい。それでも鈴なりにじゃじゃん実がつけば我慢できるが、実つき具合は他のパプリカとまったく変わらず、「あのねえ、鈴なりって日本語、わかって使ってんのかいな?」と株を揺さぶって問いただしたくなるほど。
 それでも夏の間は生サラダやラタトゥイユ、スパゲティなどに使って大変重宝した。のだが、秋に入ると白い花を一斉につけたものの、それがちゃんとした実にならない。例年なら、これまた秋のセカンド・ウェーヴというものがあって、11月半ばくらいまで引っ張れるものなのに、まともな収穫は9月止まり。淡い期待を抱いていつまでもプランターに残しておいたのだけど、あまりに惨めったらしくなってきたので10 月中に撤収となった。もちろん、プリプリしながらの撤収であった。

IMG_5298.jpg 
パプリカ3兄弟は鈴なりというより、ひたすら地味なり。

ナス
 それぞれ310円で購入した2苗(千両2号と紫美人)をプランターで育てたのだけど、わき芽かきや摘芯とかいったことをほとんどやらなかったのに、予想外によく獲れた。乾燥と肥料切れだけは気をつけていたのがよかったのかも。これなら来年はもっと大々的に展開できるんじゃないか?なんて、根拠のない自信をつけてしまったよ。11月に入っても、やたらたくさん花をつけていたので、もしかして冬ナスが収穫できるかもかも、と期待していたんだけど、さすがに11月半ばには寒さでご臨終を迎えた。

IMG_5297 (1) 
こっちが千両2号だったかな。とにかくじゃんじゃん花が咲いてくれた。

エンサイ(空芯菜)
 今回は生食もできるという「なつサラダ」という品種を選んだのだけど、結局生で食べたのは1、2度で、ほとんどはいつものように炒め物になってしまった。生で食べても別段うまくないからだ。面積の広い旧レイズドベッドに植え、しかもわき芽を伸ばしてまた葉を増やす技術を磨いたため、まあ獲れること獲れること。連日のようにエンサイの入った炒め物を食べることになり、さすがに食傷気味に。もう1、2年は顔も見たくない感じだ。って、一生懸命繁茂してくれる野菜に罪はないんだけど。。。

IMG_5291.jpg 
無人島に持って行くならエンサイ。とにかく旺盛な生育ぶりで、長い間食いつなげる。

ミニ〜ミディトマト
 2012年以来、7年にわたってトマト・タワーをやってきたが、今年ほど収穫が多く、しかも長く続いた年はなかった、と言ってしまおう。ゴールデン・ウイークのイッキ植えでミニトマトのアイコとミディトマトのフルティカを植えたのは例年通り。6月の半ばに収穫が始まったのもほぼ例年通り。なのだけど、今年は非常に花が多く咲いて実のつきがいい。大きな台風がなかったことにも助けられたが、株がとてもしっかりしている感じで、病気や虫害にも見舞われなかった。途中で実が落ちたりしないから、完熟するまで待ってから収穫できて、つねに美味しいトマトを味わうことができた。

IMG_5482.jpg 
丈夫で長持ちなミニトマト。12月になってもこんなに収穫できる。

 何がすごいって、そんな状態が12月上旬まで続いたのだ!! 12月に入ってもまだ葉が青々として、花までついているので、「もしかして、越冬する気かも!?!?」と危ぶんだが、さすがに12月半ば、霜がおりた朝に一気に枯れ果ててしまったけど。

IMG_5502.jpg 
12月16日のトマト・タワー。枯れてはいるけど、ついている実は食べられる。真っ赤なのはサルビアの花。

 いったいこのトマト大成功の理由はなんなのか。思い当たることはひとつしかない。『やさい畑』の「連作なんて怖くない」に伝授されたノウハウを実行してみたからだ。なんて、まるで『やさい畑』の手先のようなことを書いているが、残念ながら『やさい畑』からはニンジンの一本ももらっていない。私も半信半疑でやってみて「失敗したらクレームつけてやる」くらいの気持ちだったのだ。あにはからんや、昨年トマト・タワーをやったその場所で、土を取り替えることもなく、また同じトマトを植え付けたにもかかわらず、連作的な症状はまったく見られなかった。同様にトマトの根元に例年植えているバジルやサルビアも非常に元気がよかった。「みなさん、これで連作は怖くない。間違いないよ!」とまで言うつもりはないけど、エディブル・ガーデナーは来年もこのやり方でやってみようと思っている。

IMG_5286.jpg 
今年いちばん印象に残った野菜はコレ、栗坊ね。

 おぉおおー、来年に向けて、なんか一条の光が見えてきた感じだなあ。数多くの失敗や不作はすべて天候のせいにして、希望と楽観を胸にこれからも菜園生活していきたいものだ。などと、早くも新年の抱負など語ってみたりしている今日この頃。年内の更新はもうないかって気もするので、みなさま、寒さに負けずに良いお年をお迎えくださいませ!!



いつもありがとうございます!
また来てくださいね~

ランキングに参加しています。
ポチッといただけると嬉しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017/12/21(木) | 2017年春夏菜園GO! | トラックバック:(0) | コメント:(2)

«  |  ホーム  |  »

はじめ♪♪

『No title』

連作なんて怖くないをおさらいしてしまった。
けど、うちもやっぱり全部やるの無理~~(;´Д`A ```
半分くらいなら実践してみようかなぁ~
来年も広いところでトマトやりたいしね。

うちも夏野菜振り返りやってみよう~っと。

2017/12/26(火) 10:24:46 | URL | [ 編集]

ginfoo

『Re: No title』

こんにちは、はじめ様!

> 半分くらいなら実践してみようかなぁ~

半分くらいでも結構うまくいったような!?!?
今までの長い歳月、なんにもしてこなかったから、
ちょっとなんかやっただけで効いたのかもね。
とにかくトマトの場所は変えたくないので、
来年も「連作なんか怖くない」でやってみますわー

> うちも夏野菜振り返りやってみよう~っと。

なんか、今年の夏のことなのに大昔みたいな気がするの。
年のせいかしら〜・

2017/12/27(水) 13:47:00 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/511-652a2349
 |  ホーム  |