いざ、鍬を握って荒れ野に立て!

 開けて2012年、バードウォッチングにかまけるあまり、芝生の跡地開発はすっかりお留守になっていた。
 なにしろこの寒さである。凍った不毛の大地を耕すなど、か弱いエディブル・ガーデナーには無理なんだい! などと使い古しのシャレでごまかしてきたが、そろそろ腰を上げないと、春が来ても種も蒔けなければ苗も植えられない!

 そこで、しぶしぶ昨年のようにふるいと移植ごてを手に、石やゴミを選り出しつつ少しずつ土を細かくしていく作業を再開したのだが……
 な、何かが違う。こんなことでは一生かかっても(やや大げさ)この猫の額ほどの土地を耕しきれない!

 そーえば、うちに鍬(くわ)なかったっけ!?!?

 そーなんである。ふるいでチマチマ土を選別したり細かくしたりするのはガーデナーが花壇やプランターを耕すとき。仮にもキッチンファーマーはそんな面倒でご丁寧なことはしないのであった。

鍬
農耕といったら、これですよ。備中鍬!

 土地を耕すとなったら耕耘機(こううんき)! という本格派の人はさておき、ライト級の家庭菜園をやってる人が一般的に使っているのは鍬のようである。鍬にも一枚刃のバチ鍬、フォークのように3本、4本に分かれている備中鍬などいろいろあるらしいが、我が家にあったのはその名も『木柄備中鍬3本爪』と、いかにも仕事ができそうなヤツだ。

 こいつとスコップを併用しながらまずはガシガシと土地全体を大まかにひっくり返し、さらに細かく鍬を入れて行く。深く掘ることができるし、石ころがあればカチンと音がするのですぐにわかる。粘土の塊などが出てきたら、排除するか移植ごてで細かくする。
 腰を丸めてふるいをシャカシャカやってるより、豪快に仕事がはかどるはかどる!

 てなことで、実務は鍬の担当者であるO谷さんに任せ、私は現場監督に徹することにいたそう。

耕す
ちょっと腰の入り方がダメなんじゃない?

ランキングに参加しています。
ワン・クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/02/10(金) | まずは土作り | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/80-3cbd7c84
 |  ホーム  |