生ゴミ処理機の光と影

 今や我が家の生活必需品でもある生ゴミ処理機だが、すべてがバラ色・夢のマシーンというわけでもない。
 3年目にしてコンピューターの基盤がイカレて動かなくなってしまった。毎日使っているとはいえ、ただ熱を加えてグルグル回しているだけなのに……。見かけのわりに意外とヤワなのね〜という印象だ。

 また、うちの処理機は機種が古いので「ソフト乾燥モード」というのがついていない。このモードは「通常に比べて低温で乾燥処理するので生ゴミ中のタンパク質が熱変成を起こしにくく、土中の微生物による分解が早くなる」ゆえに即効性のある肥料になるんだそう。だけど、処理時間はもっと長くかかる。だいたいゴミ処理を電気ですること自体時節柄問題なのに、有機質肥料としての効果を高めるためにさらに長時間電気を使うというのはいかがなものか……と、うちのはそんな機能ついていないのでひがんでみる。

生ゴミ2 
ポンッとゴミを入れて2時間はかかる。

 とはいいつつ、家庭菜園をやっている人にはやっぱり魅力的な生ゴミ処理機。ゴミの減量になるので多くの自治体が助成金を出しているから、利用してみるのもよろしいんじゃないでしょか。
 そう、私も購入のおりには我がI城市から助成金をいただきましたっけ。近所の大型電気店で買い求めようとしたところ、ふと見ると「購入助成金」のポスターが貼ってある。「おお、I城市は1万円ね……。げげっ、お隣のT摩市は2万5千円、F中市は5万円!?!?!?」
 ショックで死にそうになった。

 ゴミ有料化にいち早く踏み切った、時代を先取りするI城市である。だったら市民が出すゴミを少しでも減らすべく、助成金をじゃんじゃん出して生ゴミ処理機の購入を推進すべきだと思うのだが、悲しいかな貧乏市ゆえにそんな財源どこを探してもない。ない袖は振れぬのである。
 そういえば、雨水タンクも家庭菜園には重要アイテムで、多くの自治体で助成金を出しているが、我がI城市ではもちろんそんなもの一銭も出ない。購入意欲失せまくりである。

雨水 
集めた雨水はガーデニングや野菜作りに。

 ま、自由市民とあろうものが行政からのお金をアテにするとは情けない話である。でも、これから引っ越しをして家庭菜園でも始めようかと考えている方は、こういったこともチェック・ポイントにしてみてはいかがでしょ?


ランキングに参加しています。
ワン・クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/02/15(水) | まずは土作り | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/83-bb2d94bb
 |  ホーム  |