農閑期に庭の開発計画を練る

 長いことかかってメイン・ガーデンの土作りもだいたい完了、まだ道作り(エル・カミーノ作戦)は手つかずで菜園と通路を区別する仕切りもないものの、メイン・ガーデンのだいたいの構造は見えてきた。
 では、種をまいたり苗を植えたりするにはまだちょいと寒過ぎる農閑期の今のうちに今後の開発計画を練っておこう。

メイン・ガーデン 
これがメイン・ガーデン予定地。

 真ん中の円に何か中心的なオーナメントを設けて、左右をややシンメトリーになる感じに植物を配置して行くのはどうだろう……なんてぼんやりと思い描いているのだけど、なにしろ野菜をこんな空間で育てたことがないので、何をどんなふうに……という見当がてんでつかない。

 さうだわね〜、自分の食べたい野菜をじゃんじゃん植えるとするなら、トマト、キュウリ、セロリ、ニンジン、カボチャ、トウモロコシ、アスパラガス、キャベツにカリフラワーってとこかしら。あと、メロンやスイカもやってみたいものだわ〜。あ、レンコンも大好きなんだけど、あれってハスだから水がないとダメなのかなあ〜
 ……などと欲望の赴くままに挙げていくときりがないが、なにしろメイン・ガーデンなどと偉そうに称していても実は猫の額である。そんなの一株ずつだって植えきれるわけがない。

野菜
欲望が渦を巻く(画像はイメージです)

 しかもっ! 何より忘れちゃならないのはここが野菜畑ではなくて「素敵なエディブル・ガーデン」だってことなのだ。
 コマツナ略奪事件のときに誓ったではないか! 食欲に負けてはいけない。「収穫よりも美観を重んじるのがエディブル・ガーデナーの基本である」と!!

 そおーなんである。ここで食べたいものを片っ端から植えて行ったとしたら、残念ながらそれは「素敵なエディブル・ガーデン」にはならないのだ。では「見ても食べても美味しいお庭」にするためにはいったいどうやって植えるべき野菜を選んだらヨイのか?

 てことで、おもむろに出してきたのが、ネタ本である『エディブル・フロントヤード』である。むはは、こういうときに頼れるのは先人の知恵、コレに教えを乞いちゃおうではないか。


ランキングに参加しています。
ワン・クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 花ブログ キッチン菜園へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2012/02/27(月) | エディブル・ガーデン・スタイル | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://ediblegarden.blog.fc2.com/tb.php/91-b2b173d3
 |  ホーム  |